妊活と仕事を両立する4つのコツ

 

妊活=仕事を辞める必要があると思っていませんか?妊活に取り組む方の中には、退職するという方も多く見られます。
しかし退職するのではなく、仕事との両立という道を選んでいる方も存在しています。片方に集中したほうが、より良い成果が出ると考えている方もいるでしょう。
両方のバランスを考えながら工夫して取り組むことで、同時並行でも両方でより良い成果が期待できるかもしれません。バランスを考えながら、より良い形で並行していくことが大切です。

仕事と妊活の両立は難しいのが現実

仕事と妊活の両立が難しいといわれるのには、どのような背景が存在しているでしょうか。
その理由の1つが、病院などへ通うために仕事を休む必要も出てくるという点です。
仕事を休むと同じ部署の方に迷惑がかかるなどの理由で、退職してから妊活に取り組む方も多くいます。
しかし今まで働いていた方が退職して子供を作るための環境を整えようと思っても、急な環境の変化でストレスがたまり思うようにいかないこともあります。
2つのことを同時に行うのは難しい一方で、片方に集中しようと思っても成果を焦ってストレスがたまるかもしれません。大切なのはストレスをためずに、より良い形で過ごせる工夫をすることです。
実際にどのような工夫ができるのかという点は、個人の状況に応じて異なります。

両立するコツ(1):職場で信頼できる人に相談して理解と助けを得る

実際に両立するために欠かせないポイントの1つが、職場で信頼できる人に相談して理解と助けを得るという点です。
理解がない職場の場合、病院に行くために休んだり半休にしたりすると白い目で見られる可能性もあります。何度も白い目で見られると気まずくなって退職を決める方も見られます。
両方に積極的に取り組みたいと思っているのであれば、そのために理解してもらえる方に相談することが必要不可欠です。 実際に相談する相手というのは、職場の上司でも同僚でも先輩でも構いません。
大切なのは、自分にとって頼りになる存在が身近にいるのかという点です。
1人の方だけに相談するのではなく、複数の理解者を得ることで仕事を続けながら妊活にも積極的に取り組みやすくなります。
ただし自分の考えを押し付けないように注意することを忘れてはいけません。

両立するコツ(2):職場に迷惑をかけない努力をする

職場に迷惑をかけずに妊活をしようと思っても、出張や残業などが多い部署だと難しいこともあります。
そこで両立を考えているのであれば、職場を変えるなどの工夫をするのも1つの手です。例えば出張や残業が少なく、定時に帰りやすい部署に異動させてもらうのも選択肢の1つです。
部署が変わって働き方が変わるだけでも、無理なく両立しやすくなります。 人によっては、無理なく働くために転職という選択肢を選ぶケースも見られます。
転職して勤務時間や働き方の見直しを行うことで、無理なく両立しやすい環境を作っていくことにつながります。2つのことを同時に取り組むためには、両方にとってより良い環境つくりが欠かせません。
だからこそ今と同じペースで働こうと思うのではなく、転職や部署替えで働き方から変えていくことも大切です。

両立するコツ(3):職場から近くて配慮のある病院を選ぶ

無理なく両立するためには、どのような病院を選ぶかもポイントの1つです。例えばより良い環境で妊活を行うために、評判を重視して病院を選ぶ方も多くいます。
しかし評判が高いところだとしても、自宅や職場から遠い場所だと、病院へ通うだけで時間がかかってしまいます。
通院で時間がかかる場合だと、その分の時間も働けなくなって職場の方に迷惑がかかる可能性もあります。
もしも通院時間を減らすことができたら、その分は働くもしくは家事をするなどほかのことができます。
近い場所を選ぶことで、時間の有効活用をすることにもつながります。また距離の問題だけではなく、ストレスなく利用できるようにするためにも配慮のある病院かもポイントの1つです。
評判を参考にしながら、配慮のある環境を選ぶようにしましょう。

両立するコツ(4):治療ではない方法で妊娠率を上げる

妊娠率をあげるための方法というのは、病院に行って治療を受けることだけではありません。
普段の生活習慣を変えるだけでも、妊娠しやすい環境を作っていくことが可能です。
例えば手軽に行える方法の1つに、食事の改善があげられます。栄養バランスの取れた食事は、体を健康に保つだけではなくストレスの軽減にもつながります。
美味しいものを食べることで身も心もより良い環境を保てるので、普段の食事から見直すようにしましょう。
ほかにも運動や睡眠時間の確保なども、治療以外にできる選択肢の1つです。運動といってもジムなどに通わずに、エスカレーターではなく階段を使うなどちょっとした工夫で問題ありません。
病院に頼りきりになるのではなく、自分ができることから1つずつ行動することが大切です。

まとめ

妊活で病院に行く機会が増えると、職場の人に迷惑をかける可能性も出てきます。
ですがお互い様な部分もあるので、周りに相談できる方を作って両立しやすい環境を整えていきましょう。
無理なく両立するために、部署替えや転職を検討するのも1つの手です。ほかにも職場から近い病院を選んで、通院時間が短い環境を作ることも可能です。
また治療だけに任せるのではなく、食事などの生活習慣から妊娠しやすい環境を作っていくことも大切です。