子供が父親を嫌いになる原因と解消方法

母親と比べると一日の中で我が子と顔を合わせる時間が少ないせいか、コミュニケーションが取りにくくなるお父さんは少なくないようです。

一生懸命家族のために働いているのに、家の中に居場所がなくなるお父さん。

特に女の子の場合は男親と共通点が少ないせいか、お父さん嫌いが顕著になってしまうかもしれません。

どちらかと言えば男の子のほうが気持ちがわかりますから、付き合いやすいのではないでしょうか。

子供が父親嫌いになる原因と解消方法について考えてみました。

「パパ嫌い」「ママ大好き」期は2歳ごろから始まる

パパとママの大きな違いですが、父親はいつも怒ってばかり、母親は優しい対応みたいなことになると、父嫌いが強くなってしまいます。

思えばお母さん大好き現象は2歳ごろから始まるようで、娘は徐々に父親を避けるようになります。

男の子のほうもお父さんとライバル関係となってしまい、お母さんを取られまいとして父親と張り合うようになることがあります。

「大きくなったらママと結婚したい」などと言い出す男の子もいます。

子どもが言っているので、たわいない言葉ですが、パパ嫌いが加わると笑ってもいられなくなります。

お母さんのほうも育児に手がかかるので、自分にばかりくっついてくるのが邪魔になってしまうようなこともあるでしょう。

自分だけが相手をすると疲れてしまうから、夫にも面倒をみてほしいと考える母親は少なくありません。

 

パパ嫌いが発生する原因

パパが嫌いという理由ではなく、小さな子はママが大好きなので、男親を拒否するような行動に出てしまいます。

パパ嫌いは成長の通過点であって、年齢によってタイプが異なります。

もう少し大きくなれば2歳のときに父親のことが嫌いだったことなどすっかり忘れています。

あくまで一時的なもので、この時期は子供が母親との関係を築こうとしている時期なのです。

自分の食事を作ってくれたり、家事をしたり、面倒をみてくれる母親がいなくなれば生きられなくなる危険もありますから、ママを必死につなぎとめようとするのはごく自然なことでしょう。

また、出産からこれまでお風呂や食事まで、毎日時間をともにしているのは、お母さんです。

そのためお母さんが安心する存在であり、生活の一部になっているのは言うまでもありません。

普段、父親が働くことで母親と自分が楽しく暮らすことができるなどと理解できるようになるのは、それからずいぶん時間がかかります。

会社で仕事をしていて家にほとんどいないパパを、子供は「よその大人」状態、他人のように感じてしまっているのかもしれません。

ここで大事なのは、いつまでも抱えてしまう問題ではなく、一時的なものであると言うことです。

自分の両親を思い出しても、昔は仲が悪かったが今では、大丈夫という人もいるのではないでしょうか。

パパ嫌いの解消方法5選

子供がパパ嫌いに陥るのは仕方がないとはいえ、不安になったり、悩みを抱えてしまうと思います。

そんなパパ嫌いの時に少しでも子供たちと良好な関係を築くための方法を紹介します。

育児に積極的に参加し体を動かす

パパ嫌いの解消法ですが、顔を覚えていないだけかもしれませんから、積極的に息子、娘と顔を合わせてコミュニケーションを取ることが大切です。

もし父親と母親の立場が反対で、母親が働いており、父親が面倒をみている場合は、パパ大好きとなる可能性があります。

特に男の子の場合は、母親と遊ぶより好きなものに共通点の多い父親と遊ぶほうが楽しいことがあります。

「ママと遊んでもつまらない」と言う男の子はパパべったりとなり、父親とばかり遊びたがるようです。

休日にしっかり時間をとって、子どもと一緒に遊び、信頼関係を気づくことが大事です。

普段の仕事で疲れているかもしれませんが、自ら外出を提案したり、

一般的に異性の親より同性の親のほうが共通点が多いため、お互いの気持ちを理解し合えるものです。

仕事をしている平日に相手をするのは無理だとしても、休みの日に遊園地に連れていくなどパパが育児や家庭に積極的に参加する努力が大切です。

赤ちゃんの時は特に距離を縮めやすいので、保育園への送り迎えを代わってあげる、離乳食を食べさせてあげる、

絵本を読んであげるなど子供とスキンシップを取りながら、家事を負担してあげましょう。

関連記事

こんにちは。1歳の娘を育てていますワーママのみさこです。我が家のパパは仕事が忙しく、帰宅した頃には娘はもう寝ていることが多いです。そんな我が家のパパ。休日には平日の分まで娘と遊んでいます。そんな休日の朝は天気チェ[…]

関連記事

こんにちは、福岡でお菓子屋をやりつつInstagramで育児絵日記を描いている、ちいです。せっかくの家族旅行なのに…ママが余計に疲れている!?今回は、ぜひぜひ、世のパパさん達によんでほしい内容です!温泉旅行を企画して、出かけ[…]

子供に悲しいという気持ちと愛情を伝える

子供は本気でパパを嫌っているわけではありません。嫌いである態度をとっているだけのことが多いです。

正直に「パパよりママのほうが好き」と言ってるだけなので、それほど気にする必要はないでしょう。

しかし、嫌われて悲しいという気持ちは声に出して、伝えてください。

下手に隠そうとせず、ショックを感じているそぶりや、あからさまに「悲しいなあ」と気分を口に出してみるのもいいでしょう。

はっきり話さなければ、感情表現が未熟なために伝わりませんから、少しオーバーぎみに伝えたほうがよさそうです。

また、愛情を伝えないと、自分は愛されていないなどと誤解されてしまうことがあります。

子育てをする際に、男親がしてはいけないことを怒り、女親はなぐさめるというパターンが多いようです。

しかし、担当を極端に分けてしまうと、子供の中に「パパは怖い」という恐怖心が植えつけられてしまいます。

母親以上に愛情を注がなければいけないということになります。

ありがとう!と感謝を伝えたり、笑顔で話しかけるなど、当たり前のことから日々やってみましょう。

何気ないそぶりが、親子の距離を縮める傾向にあるようです。

ママより良い助っ人になる

ママが口グセのように、「パパが帰ってきたら叱ってもらうから」などと言って、我が子に言うことをきかせようとすることがあります。

子育てはたいへんですから、子供の世話に手を焼いたママがパパの名前を出して言うことをきかせようとすることもあるでしょう。

しかし、子供の味方をする役割が、いつもママとは限りません。

女の子の場合は、ママと共通点が多いから育てやすいかもしれません。

しかし、男の子の場合などは、我が子の気持ちがまったく理解できないことがありえます。

パパのほうが、男の子の気持ちが理解できる場合があるでしょう。

その時には、子供の性格に合わせてフォローに入ってあげましょう。

ママより良い助っ人になることで、子供の気持ちを引きつけることができる可能性があります。

関連記事

最近の夫と娘のブーム。それは…『ママには内緒ね』スタイルです(笑)2人でお出かけした時に起きた事や食べたお菓子ど、ヒミツを共有したい夫と、よくわからないけど面白いと感じている娘でキャッキャしてます。([…]

感情的になりそうな時はぐっとこらえる

「パパはすぐ怒る。」なんて印象を持たれがちです。

ママが怒るのが苦手となると、怒る役目はお父さんに回ってきがちです。

特に中学生の反抗期や思春期の子供は暴力や悪口、文句が絶えず、苛立ってしまうことも少なくないでしょう。

これも環境や自分の変化により、子供の成長においては必ず出会う状況です。

しかし、その感情に任せてを喧嘩したり、相手の言動に真っ向から注意や否定するはダメです。

こちらが落ち着いて、納得してもらえるような会話や反応を心がけましょう。

子供のことを思って、逆に一切話しかけずにストレスをかけないようにしておくと、気づいたら忘れているケースもあります。

関連記事

こんにちは、小1の息子と暮らす、ワーママの黒田カナコです!誰しも子育ては初めての事ばかりで、予期せぬ事が起こるとパニックになりますよね。家にママしかいない時は、何がおきても自分で判断して行動しなければなりませ[…]

昔の自分の父を思い出す。

親父は頑固だった。すぐに理不尽に怒ってきていた。

些細な経験から、今でもこんな風に小さい頃の父親に印象を持っている人も多いのではないでしょうか。

「こんなお父さんが良かった」と思った瞬間が誰しもあったはず。

「もっとお出かけを一緒にしたかった」、「公園でキャッチボールしたかった」

しかし、いい顔ばかりするのが重要なわけではないです。あの頃は嫌だったけど、歳をとった今では尊敬している部分もあると思います。

まとめ

我が子が父親嫌いになる原因ですが、幼い子供に特有な現象なのでそれほど気にする必要はないでしょう。

悪気なく、口先だけで「パパが嫌い」と言っている可能性があります。

解消法としては、できるだけ顔を合わせるようにしてコミュニケーションを積極的に取ることです。

パパと一緒にいるのに慣れれば、ママより居心地の良いことがわかりパパ好きになることもあるかもしれません。

一人で不満を抱え混むのではまく、誰かに気持ちを打ち明けてみると、楽になることもあるでしょう。

まずは妻に相談して、夫婦で協力して親子の関係を素敵にするよう動き出してみましょう。

たくさん愛情を示すことで、気持ちを引きつけることができるはずです。

関連記事

こんにちは!毎日子育てに奮闘中のねここあんなです!わが家の愛息子きっくんは、とにかく日中ばっちり遊ばないと夜寝てくれないタフマン!!なのですが、いつも近所の公園ばかりでは飽きてしまう…。ということで、今までに行って1[…]

関連記事

初めまして!夫と息子の3人暮らしをしておりますゆゆです。うちの息子は現在かなりのままっこ。料理をするにも洗濯するにもままーーー!とついてきます。そんななかそれに嫉妬する者が一人…私の夫です。[…]