多くのママが経験!産後クライシスの実態とは?

皆さんは「産後クライシス」という言葉を聞いたことがありますか?
タレントのスザンヌさんの離婚の原因となったことで以前話題になりました。
「産後クライシス」とは一体どのような症状なのでしょうか。今回は産後クライシスについてご説明していきます!

産後クライシスとは

産後クライシスとは、産後から2〜3年後に夫婦仲が急激に悪くなってしまう現象のことで、2012年にNHKが提唱しました。
出産後の妻は子供を育てる中で、やらなくてはならないことが一気に増えます。
女性は、『子供を守らなければならない』という思いが強いです。子供のことが優先になってしまうため、夫の事は二の次。
むしろ、子供の面倒を見てくれない夫にイライラしてしまうのです。
子供が生まれる前は仲良しだった夫婦でも、子供が生まれた途端急激に夫婦仲が悪化、その後の夫婦関係にも悪影響を及ぼし、最悪の場合、離婚に至るケースもあるようです。

産後クライシスの離婚について詳しくはこちら

関連記事

『子供が生まれたし、さらに夫婦間の愛情は深まり、これから幸せな家庭を築いていける!』と思っていても、そう簡単には行かないようです、、、産後クライシスによって夫婦の仲が壊れ、離婚を考えている夫婦もいらっしゃるのではないでしょうか。[…]

産後クライシスの原因

なぜ産後クライシスは起きてしまうのでしょうか。
産後クライシスの原因はいくつかあり、人によって個人差があります。

出産によるホルモンの変化

妊娠中、女性の身体では、お腹の中で赤ちゃんを育てるためのホルモンが大量に分泌しています。
出産後にこのホルモンは不要になり、急激に減少していくため、一気にバランスが崩れ、女性の身体はその変化に追いつけなくなってしまいます。
ホルモンバランスの変化によって、身体のあちこちに不調が出てくるだけでなく、感情の浮き沈みも激しくなります。
その結果、出産を機に妻はイライラしたり、攻撃的になることが増えていくのです。

子供が第一になる

子供が生まれると、女性は子供が最優先になるため、一生懸命子育てをします。
オムツ交換、子供の食事の準備、夜泣きへの対応など、今まで以上にやることが増えるのです。
また、子育てが始まると、「この方法でいいのか」「なかなかうまくいかない」など不安に感じることが増えます。
特に初めての子育ての場合、どう育てていけば良いのか不安になるのは仕方ないことです。
不安を感じる日々が続くほど精神的にも不安定になり、その不安やイライラを仕事から帰宅した夫にぶつけてしまうのです。

夫婦間の相違

『私は毎日家事と育児を一生懸命やっているのに旦那は仕事から帰ってきて家事も手伝わず、家でダラダラ。少しは手伝って!!』と子供ができてもパパの自覚がない夫にイライラする妻と、『なんでいつもイライラしているんだ』と変わってしまった妻の様子に不満を抱く夫。
このような夫婦間の相違から離婚に至ってしまう方々も少なくありません。

関連記事

産後クライシスで悩んでいるのは女性だけかと思いきや、実は多くの男性も悩んでいるのです。今回は男性側の視点に立って、産後クライシスについてみていきましょう!この記事を読んで、少しはイライラが解消されれば嬉しいです。産後クラ[…]

人間関係についての不安

出産後のママには、育児の不安だけでなく、社会に対しての不安も襲ってきます。
出産を機に仕事をやめた方なら、社会に取り残されている気分になったり、未婚、子供がいない友達との会話や感覚が合わなくなったりと様々な精神的不安がママを襲うのです。

育児への不安

子供が生まれると、女性は子供が最優先になるため、一生懸命子育てをします。
オムツ交換、子供の食事の準備、夜泣きへの対応など、今まで以上にやることが増えるのです。
また、子育てが始まると、「この方法でいいのか」「なかなかうまくいかない」など不安に感じることが増えます。
特に初めての子育ての場合、どう育てていけば良いのか不安になるのは仕方ないことです。
不安を感じる日々が続くほど精神的にも不安定になり、その不安やイライラを仕事から帰宅した夫にぶつけてしまうのです。

夫が育児や家事に非協力的

夫が育児や家事に協力しないことから、妻にかかる負担が大きくなり産後クライシスを引き起こすことが考えられます。
育児、家事は夫婦が協力して行うことです。夫はやらなくて良いというルールはないし、「仕事が忙しい」は言い訳になりません。
このような非協力的な夫のせいで妻のイライラが募る可能性が高いでしょう。

いつになったら治る?

産後クライシスで苦しんでいるママにとって、「いつ終わるかわからない」ということがさらに不安を生じさせているのではないでしょうか。
産後クライシスが続く期間は人それぞれです。ホルモンのバランスが整うのは出産から半年後と言われています。
しかし、産後クライシスの原因はホルモンの影響だけではないため、一般的には2年ほど続くママが多いようです。
一人目の時は産後クライシスにならなかったのに、二人目で産後クライシスが2年以上続いたなど、その時の周りの環境によっても期間には差があります。

産後クライシスチェック

セルフチェック

産後クライシスかも?と感じたらまずは症状をチェック!

  1. ちょっとしたことでイライラしてしまう
  2. 家事や育児を手伝ってくれるのになぜか腹が立つ
  3. 夫に触られるのが嫌
  4. 夫婦生活そのものが嫌になった
  5. 出産前のように夫のことを好きになれない
  6. 夫との会話が減った
  7. 周りの人から「最近変わったね」と言われる
  8. イライラして子供に当たってしまう
  9. 寂しい、つらい、苦しいなどうつに似た症状がある
  10. ついついきつい言い方をしてしまう

いかがですか?

多くの項目に当てはまる場合は注意が必要です。しかし、産後クライシスの症状はずっと続く訳ではないので安心してください。

うつ病との違い

産後クライシスは産後うつとは別物ですが、産後クライシスが原因でうつになってしまうケースもあります。
産後クライシスはホルモンバランスの影響を受けますが、産後うつはホルモンの影響ではなく、産後の人間関係、周りの環境、メンタル面での影響によって引き起こされます。
うつ病のチェック項目をご紹介しますので、こちらもセルフチェックしてみてください。

  • 気分がいつも落ち込んでいる
  • 気分の浮き沈みが激しくなった
  • なぜか涙がでる
  • 赤ちゃんが可愛いと思えなくなった
  • 食欲がなくなったり、食べ過ぎてしまうことがある
  • ひどく疲れて元気が出ない
  • なにもしたくない
  • 以前は楽しんでたものを楽しいと感じなくなった
  • 自分に自身がない
  • 睡眠障害に陥っている
  • 死や自殺について考えてしまう
  • 集中できない

これらの症状が2週間以上続いている場合、早めに病院に行くことをお勧めします。
精神科に行くことに抵抗がある方は、まずは心療内科にかかり、専門家の意見を聞いてみても良いでしょう。

産後クライシスの対処法

妻自身ができる対処法

女性がイライラしてしまった時に自分でできる対処法をご紹介します。

関連記事

産後クライシスは時間が経てば治ると分かってはいるけど今がつらい。イライラや不安を少しでも和らげる方法があれば少しは気持ちが楽になるかも知れません。今回は産後クライシスの薬についてご説明していきます!産後クライシスとは?[…]

こういうものだと受け入れる

産後クライシスの時期、自分でもなぜこんなにイライラしてしまうのかわからないという方が多いようです。
イライラしてしまうのはあなたのせいではありません。
「ホルモンのせいだからしょうがない」と受け入れてみるとスッキリするかもしれません。

子供を預ける

たまには両親や夫に子供をみてもらう日を作って、自分の好きなことをしてみるのも良いかもしれません。
毎日子供のことを考えるのはママにとってかなりの負担になります。
頼れる時に周りに頼って日々のストレスを発散させてください。

相談する

一人で悩むことが続く、ストレスが溜まっていくようなら誰かに相談しましょう。カウンセリングや専門家に相談するのが難しかったら、親でも友達でも大丈夫です。
子育てを経験してきた方ならあなたの悩み、イライラをきっと理解してくれるでしょう。
また、一人で抱え込まずに誰かに共有することで、解消法がわかってくるかもしれません。

カウンセリングについて詳しくはこちら

関連記事

産後のイライラが溜まって日に日に夫婦の関係は悪くなって行くばかり…解決策が見つからない場合には専門家を訪ねてみるのも良いかもしれません。しかし、「カウンセリングって効果あるの?」「お金がかかりそう」「そもそもカウンセリングなんて行っ[…]

夫ができる対処法

産後クライシスについて理解し、受け入れる

産後クライシスによる妻の変化に戸惑ってしまう男性は多いです。
しかし、産後クライシスは誰にでも起こりうる、避けられないものです。
産後クライシスについて理解し、妻がイライラして夫に当たってしまうことがあっても反論や言い訳をせずに受け入れてあげましょう。

積極的に家事・育児に参加する

育児や家事を妻に全て任せていると、妻のイライラは募る一方なので、自分にできることはないか探しましょう。お皿洗い、洗濯、ゴミ捨てなど些細なことでも妻にとってはとてもありがたく、嬉しいものです。

また、1日だけでも良いので、子供を預かって、奥さんがゆっくりできるように、育児も家事もしなくて良い日を作ってあげられると素晴らしいですね。

家族と過ごす時間をなるべく多くとる

産後クライシスで奥さんがイライラしていると、家に帰るのが億劫になってしまいますよね。
しかし、家に帰るのが嫌だからと、夜遅くまで飲み歩いていたり、帰宅時間を遅くするのは逆効果です。
仕事が終わったら早めに家に帰って家事や育児を手伝いましょう。産後クライシスは一時的なものなので、少しの間は妻に協力してあげてください。

男性が女性の性質を理解し、支えてあげてください。
男性向けの記事はこちら

関連記事

出産後、妻がイライラしている、何をしてあげれば良いのかわからないなど悩んでいるパパは多いのではないでしょうか。そんなパパ必読!今回は、産後クライシスに陥った妻への理解についてご説明していきます!産後クライシスとは?[…]

出産前から夫婦でできる対処法

これから出産を控えていて産後クライシスを不安に感じている方にもできる対処法をご紹介します。
今産後クライシスの方にも有効なので参考にしてみてください。

知識を共有しておく

産後クライシスについての情報を事前に知っておくと気の持ちようが全然違うようです。
女性は出産、育児についてよく調べていても、男性はそれらの知識が全くないことが多いです。
「出産したらこんなことが起きるんだって」と伝えておくだけでも、いざ産後クライシスになった際に気を使ってもらったり、支えてくれることがあるでしょう。

子供に必要なものを一緒に買いにいく

子供が生まれると様々なものが必要になってきます。
子供服、哺乳瓶、ベビーベッドなど一度買ってしまえば良いものもあれば、オムツ、ミルク、離乳食のように何度も買わなければならないものもあります。
一回だけでも一緒に買い物に行っておけば、いざという時に夫に買ってきてもらうなどということもできます。買い物に行ってくれるだけでもママの負担は減ります。

役割分担をする

育児や家事などやらなければいけないことが増え、女性一人で全てのことをこなすのはかなり大変です。
「食器洗いは夫がやる」など事前に役割分担をすることで夫も自分の仕事がわかりやすくなり、家事や育児に参加しやすくなるでしょう。

夫婦で協力し合いながら産後クライシスを乗り越えてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は産後クライシスについてご説明しました。
産後クライシスは多くのママがなる症状です。
産後クライシスについて理解を深め、焦らずゆっくりと対処していってください。