産後激変!潔癖症エピソード

こんにちは。 イラストライターのかままです。

今回は、出産後、私の人格が激変してしまったエピソードについてお話しさせていただきます!

出産前、もともと私はズボラな性格で、特に家事に関しては最低限のことができていればOK!くらいの感覚で生活していました。

そして、そんな私に輪をかけて夫も細かいことを気にしない人だったため、 似た者夫婦、お互い仕事優先。 家事は出来る範囲でラク〜にこなしていました。

しかし…そんなズボラな私の身に、人格が一変するような出来事が!!

出産を機に性格激変!超ズボラ主婦から一転超潔癖ママへ!

娘を出産した直後、今までのズボラな性格は一体どこへ行ってしまったのか… 超強烈な潔癖人間に変貌を遂げていました!!

入院中は四六時中手を石鹸で洗い続けてあかぎれでボロボロ…

退院して自宅へ戻ってからは、毎日掃除機、拭き掃除をしなければ娘が喘息になるんじゃないかと必死で掃除。

夫の手土産は外からの風邪菌ばい菌!スーツのままリビングに進入禁止令発令!!

完全なガルガル期に突入した私に、夫はただただ躊躇うばかりでした。

そんな潔癖新米ママのこどもセンターデビュー

冬生まれの娘も生後4ヶ月が過ぎ、ようやく春の兆しが見えてきた頃、 そろそろ娘をこども支援センターへ連れて行こうと思い立ちました。

産後、保健師さんの訪問の時に教えてもらった資料を見て、意を決してセンターデビューさせてみたのです!!

 

が、その場に足を踏み入れた直後、私は完全にフリーズしてしまいました。

今なら「赤ちゃんの遊び場なんだから過剰に気にしても仕方ない!」と思えますが、

当時の私には、恐ろしい情報としか入ってこない!!!

 

それでも、気を取り直して自分を奮い立たせ、何度か娘を遊ばせようとするも…

完全に浮いてました…。

畳に直接触れさせることすらできませんでした。

見兼ねた職員の方が何度か話しかけてくださったものの、完全に周囲のママたちとは馴染めず、疲労困憊で帰宅。

結局娘は他の赤ちゃんと触れ合うこともなく、持参したおもちゃを握り締めながら、持参したマットの上でコロコロしていただけでした…

神経質な母親…それは果たして子どもにとって良いことなのか…葛藤の日々

子どもセンターで心がポッキリ折れてしまったものの、自分自身こんなことではいけないという焦りも強くありました。

こんなことをしていては娘は何もできず、感受性の乏しい子になってしまうのではないか…。

大らかに逞しく育って欲しいと願う反面、私は娘の物事に触れ合う機会を奪っている…。

他のママはあんなにも自由に我が子に色んなことをさせてあげられているのに、 自分はすぐに「汚い」とか「危ない」という理由をつけて子どもの自主性を摘んでしまっている…

等々、葛藤の毎日でした。 そんな自問自答を繰り返しながら、少しずつ外へ出ていくようになり、 親しいお友達、ママ友ができてからは、子どもセンターや公園へ積極的に出ていくことができるようになってきました!

しかし…

そうは言ってもやはり神経質な部分は捨て切ることが出来ず、 常に除菌シートを持ち歩き、レストランのテーブルや椅子、果てはチャイムやメニュー表、スーパーのこども用カートなど、拭かずにはいられませんでした…。

そんな私の様子に対して、もともと大らかな夫は、 「あまり気にし過ぎは良くない」ということをさりげなくほのめかしつつ、私の気持ちを尊重し、見守ってくれていました。

転機は娘の幼稚園入園

そして、ようやく私の過度な潔癖度合いが落ち着いてきたのは、娘が幼稚園に入ってからでした。

常に娘と一緒に生活していた時は、妥協することが苦痛でしかなかったものの、 娘が幼稚園に入園して離れて過ごす時間ができてからは、「気にしても仕方がないな」と思えるようになりました。

風邪をひいても、「その分免疫がついて身体強くなるわ!」と思えるようになったことは、 自分でも「私、変わったなぁ…」としみじみ思えます…笑。

そして、完全に余談ではありますが、 私がようやくもとのズボラな自分を取り戻し始めた頃、 夫は私に影響されまくった末、時間差で神経質なパパ期を迎えました!笑。

以上です。

●ライター/かまま

かままさんのその他の記事はこちら!

 

関連記事

こんにちは!イラストライターのかままです!今回は我が子に聞いた、胎内記憶のエピソードをご紹介します!【神秘的な胎内記憶に憧れていた私】みなさん、「胎内記憶」ってご存知ですか?赤ちゃんがママのお腹にいた時の[…]

関連記事

こんにちは!イラストライターのかままです。季節柄、インフルエンザや胃腸炎などの流行病が猛威を振るっていますね。今回は一昨年に起きた、〈我が家の胃腸炎と一緒に年越しエピソード〉と、〈かまま家の胃腸炎対策〉について書かせていただ[…]