• TOP
  • 子育て(3歳~)
  • パパ必読!産後クライシスの妻のためにできること

  • パパ必読!産後クライシスの妻のためにできること

パパ必読!産後クライシスの妻のためにできること

パパ必読!産後クライシスの妻のためにできること

プロカメラマンによる無料親子撮影会

出産後、妻がイライラしている、何をしてあげれば良いのかわからないなど悩んでいるパパは多いのではないでしょうか。

そんなパパ必読!

今回は、産後クライシスに陥った妻への理解についてご説明していきます!

産後クライシスとは?

産後クライシスとは、産後から2〜3年後に夫婦仲が急激に悪くなってしまう現象のことで、

2012年にNHKが提唱しました。

出産後の妻は子供を育てる中で、やらなくてはならないことが一気に増えます。

女性は、『子供を守らなければならない』という思いが強いです。

子供のことが優先になってしまうため、夫の事は二の次。

むしろ、子供の面倒を見てくれない夫にイライラしてしまうのです。

子供が生まれる前は仲良しだった夫婦でも、子供が生まれた途端急激に夫婦仲が悪化、その後の夫婦関係にも悪影響を及ぼし、最悪の場合、離婚に至るケースもあるようです。

女性の性質

産後クライシスになる原因は何でしょうか。

男性は女性の身体のこと、精神的なことをしっかり理解し、向き合ってあげて欲しいものです。

ホルモンの変化

妊娠中、女性の身体では、お腹の中で赤ちゃんを育てるためのホルモンが大量に分泌しています。

出産後にこのホルモンは不要になり、急激に減少していくため、一気にバランスが崩れ、女性の身体はその変化に追いつけなくなってしまいます。

ホルモンバランスの変化によって、身体のあちこちに不調が出てくるだけでなく、感情の浮き沈みも激しくなります。

その結果、出産を機に妻はイライラしたり、攻撃的になることが増えていくのです。

女性が思っていること

育児についての不安

子供が生まれると、女性は子供が最優先になるため、一生懸命子育てをします。

オムツ交換、子供の食事の準備、夜泣きへの対応など、今まで以上にやることが増えるのです。

また、子育てが始まると、「この方法でいいのか」「なかなかうまくいかない」など不安に感じることが増えます。

特に初めての子育ての場合、どう育てていけば良いのか不安になるのは仕方ないことです。

不安を感じる日々が続くほど精神的にも不安定になり、その不安やイライラを仕事から帰宅した夫にぶつけてしまうのです。

人間関係についての不安

出産後のママには、育児の不安だけでなく、社会に対しての不安も襲ってきます。

出産を機に仕事をやめた方なら、社会に取り残されている気分になったり、未婚、子供がいない友達との会話や感覚が合わなくなったりと様々な精神的不安がママを襲うのです。

妻をイラっとさせてしまう行動5選

男性にとっては悪気のない行動でも妻をイライラさせてしまっているかもしれません。

あなたはこんな行動していませんか?

テレビや趣味に没頭

産後の女性はタダでさえやらなきゃいけないことが増えて自由時間がなくなるのに、夫は帰宅してきてからずっとテレビを観てたり、ゲームをしてたり…

子供が生まれてきたら少しは子供優先で生活してくれるものだと思っていたのに、そんな変化は全くなく、土日も自分の趣味に没頭する夫に奥さんはイライラしてしまうのです。

自分のことを自分でやらない

家事・育児で忙しい妻に、「アイロンかけて」「お風呂入りたい」など、自分でできることをやらずに押し付けてくる夫に妻はイライラしています。

せめて自分のことは自分でやって奥さんの負担を減らしてあげてください!

言わないとやらない

手が離せない時に子供が泣き出した、掃除する余裕がなくて部屋が汚いなど、明らかに妻が大変そうだなとわかる時でも、それに気付かない夫が多いようです。

「今まで家事を手伝ったことがないから何を手伝えば良いかわからない」という意見は理解できますが、それでも、「何かできることある?」などと妻のことを気にしてあげると良いかもしれません。

やっても中途半端

例えば、夫が料理を作ってくれた場合など、家事をしてくれるのは大変助かるし、嬉しいことですが、使った調味料や食器がグチャグチャの状態で放置してあると、逆に妻の負担になってしまうことがあります。

手伝うことは素晴らしいことですが、最後まで責任を持ってやり遂げてください。

不完全な行動は、妻の予定を狂わせたり、イライラさせてしまうことに繋がります。

「もっと頑張れ」と言ってくる

育児や家事でいっぱいいっぱいになっている妻に、「最近洗濯してなくない?」「おかずこれだけ?」などと言ってしまう方がいらっしゃるようです。

「子供が生まれる前はもっと頑張ってくれていたのに…」と思うかもしれませんが、子供が生まれる前と後ではやらなくてはならないことの量が大違いです。

これを理解し、不満に思うことがあっても、少し我慢することはできないのか考えてみてください。

夫が妻にできる産後クライシス対処法

では、夫が妻にしてあげられることはあるのでしょうか。

ここからは、夫ができる対処法をご紹介していきます。

産後クライシスについて理解し、受け入れる

産後クライシスによる妻の変化に戸惑ってしまう男性は多いです。

しかし、産後クライシスは誰にでも起こりうる、避けられないものです。

産後クライシスについて理解し、妻がイライラして夫に当たってしまうことがあっても反論や言い訳をせずに受け入れてあげましょう。

積極的に家事・育児に参加する

育児や家事を妻に全て任せていると、妻のイライラは募る一方なので、自分にできることはないか探しましょう。

お皿洗い、洗濯、ゴミ捨てなど些細なことでも妻にとってはとてもありがたく、嬉しいものです。

また、1日だけでも良いので、子供を預かって、奥さんがゆっくりできるように、育児も家事もしなくて良い日を作ってあげられると素晴らしいですね。

家族と過ごす時間をなるべく多く作る

産後クライシスで奥さんがイライラしていると、家に帰るのが億劫になってしまいますよね。

しかし、家に帰るのが嫌だからと、夜遅くまで飲み歩いていたり、帰宅時間を遅くするのは逆効果です。

仕事が終わったら早めに家に帰って家事や育児を手伝いましょう。

産後クライシスは一時的なものなので、少しの間は妻に協力してあげてください。

関連記事

産後クライシスで悩んでいるのは女性だけかと思いきや、実は多くの男性も悩んでいるのです。 今回は男性側の視点に立って、産後クライシスについてみていきましょう! この記事を読んで、少しはイライラが解消されれば嬉しいです。 産後クラ[…]

まとめ

いかがでしたでしょうか。

産後クライシスを乗り越えるためには、夫の協力が重要です。

この記事を読んで頂いたからには、産後クライシスについてしっかりと理解し、家事、育児に少しずつ、できることから積極的に関わっていって欲しいものです。

妻のイライラ、攻撃的な発言を受け止めるのはとてもシンドイかもしれません。

しかし、それは妻のせいではないので、産後クライシスは一時的なものだと理解した上で、しっかりとサポートしてあげてください!

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

同じカテゴリーの記事

PICKUPこちらもおすすめ

パピマミ公式インスタグラム

CATEGORY

カテゴリーから探す

RECOMMEND

おすすめ

プロカメラマンによる無料親子撮影会 パピマミ公式インスタグラム