習い事

何歳からOK? “ベビースイミング”のメリットと注意点

何歳からOK? “ベビースイミング”のメリットと注意点

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。ママライターのumeです。

1歳前後で人気のある習い事と言えば、「ベビースイミング」「英語」「リトミック」。

私も、全部息子と一緒に通っています♪ 今回は、その中からベビースイミングについてご紹介します。

目次
 ベビースイミングとは(P1)
 ベビースイミングはいつから始められる?(P1)
 ベビースイミングは何歳までできる?(P1)
 【動画あり】ベビースイミングの主なレッスン内容(P1)
 ベビースイミングに行くときの持ち物(P2)
 ベビースイミングのメリット9つ(P2〜3)
 ベビースイミングの注意点6つ(P3〜4)
 ベビースイミングに通っていたオリンピック選手(P4)
 まとめ(P4)

ベビースイミングとは

160621papyrus

ベビースイミングとは、子どもと保護者が一緒にプールへ入って、コーチの指示に従い、水中で簡単な運動を行うことです。

赤ちゃんが水にふれあって慣れることを目的としているため、おもちゃを使用するなど、楽しめる工夫がされています。

ベビースイミングはいつから始められる?

swiming

ベビースイミングが始められるのは、一般的に生後6か月ごろからと言われています。この時期になれば赤ちゃんの首もすわって、体もしっかりしてくるためです。

また、もし先天性の病気があっても、生後6か月であればそれがはっきりあらわれるため、ベビースイミングが可能かどうかの判断もしやすいとのこと。

ただ、現在では生後3〜4か月くらいから参加可能なスクールもあります。

スイミングスクールによっても開始可能な年齢が異なりますので、事前に問い合わせてみるといいでしょう。

ベビースイミングは何歳までできる?

swiming2

ベビースイミングが何歳まで利用できるかについては、各施設ごとに異なりますが、基本的に3歳までに設定されていることが多いようです。

3歳以降も続けたい場合は、“キッズスクール”へ切り替わり、練習内容なども変わります。

ベビースイミングは“水に慣れる”ことを重視した練習内容になりますが、キッズスクールからは“泳ぎ”を重視した練習内容になります。

【動画あり】ベビースイミングの主なレッスン内容

swiming3

ベビースイミングのレッスン内容はスクールによっても異なりますが、主なレッスン内容は下記のようなものが多いようです。

・パパやママが水中で赤ちゃんを抱っこする
・パパやママが赤ちゃんを抱っこしたまま水中を歩く
・パパやママが赤ちゃんを支えて水に浮かせる
・ジャンプする
・ボールやジョーロを使って遊ぶ

泳ぐわけではなく、水遊びが中心となっているようです。そのため、泳ぐことが苦手な保護者の方でも安心して参加できます。

また、水に入る前にしっかり準備体操をする、水に入っている時間は30分程度、プールの後に体を温めるためにお風呂などに入る、といった赤ちゃんの負担にならない配慮もされているので安心してください。

見学や体験会を開催しているスクールもあるので、どんなことをするのか、雰囲気はどんな感じかなどを実際に目で見て確認してから始めるのもいいでしょう。

動画などでも雰囲気をつかむことができます。


→次ページでは、ベビースイミングに行くときの持ち物について見て行きましょう。

ページ: 1 2 3 4

ライター紹介

ume

ume

1歳の男の子を育てながら、フリーライターとして活動中。ヘアビューティ業界誌の編集を経て、フリーランスに。その後美容業界誌だけでなく、ヘアカタログなどの一般誌、美容情報ポータルサイトへと活躍の場を広げる。ヘアやメイク、ネイルなどビューティを得意とする美容ライター。出産後は、パピマミを始め育児雑誌でも執筆をスタート。育児に奮闘するママたちがいつまでも美しくいられるように、時短美容やホームケアなどの情報を発信している。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る