• TOP
  • 育児(0~2)歳
  • 漂白剤を使い分け! 洋服の黄ばみを落とす&予防する方法

  • 漂白剤を使い分け! 洋服の黄ばみを落とす&予防する方法

漂白剤を使い分け! 洋服の黄ばみを落とす&予防する方法

漂白剤を使い分け! 洋服の黄ばみを落とす&予防する方法

服の黄ばみを予防する方法

170406tuiki4

お湯を使って洗濯する

黄ばみの原因は、繊維に残った皮脂や汗などの汚れでしたね。そのため、黄ばみを予防するためには、日頃の洗濯でできるだけ汚れを残さないようにすることが重要です。

皮脂は油汚れに分類されますから、冷たい水で洗ってしまうとすべてを落としきることができません。

お風呂の残り湯などを使って、できるだけお湯で洗うようにしてください。

皮脂汚れが残りやすい袖口や襟周りは事前に部分洗いをするなど、日頃から意識的にお手入れするようにすると黄ばみも残りづらくなります。

クリーニングのビニールをつけたままにしない

洋服をクリーニングに出すとビニールがかけられてもどってきますよね。

ホコリをかぶらないようにと、これをそのままの状態でフローゼットなどに閉まっている人はいませんか?

このビニールカバーは、あくまでクリーニグ店からの持ち帰りの際に汚れがつくことのないようにするためのもので、保管のためにつけられているわけではありません

持ち帰った後は、不織布など通気性の良いカバーにつけかえてからしまうようにしましょう。

また、クリーニングでは洋服を石油系の溶剤を使って洗濯しているため、持ち帰ったあとにすぐクローゼットにしまうのも避けたいところ。

しばらく吊るしておいて、溶剤が乾燥してしまうのを待ってからしまうようにしてください。

ただし、部屋に吊るしたままにしておくと日焼けをおこしてしまうこともあるので、通気性がよく光を通さないような場所で保管するのが最適です。

服の黄ばみ具合とクリーニングでの対処

170406tuiki5

黄ばんでしまった洋服をクリーニング店に持っていって、染み抜きを依頼することもあるでしょう。

しかし、お店によってどこまでの染み抜きに対応しているかはさまざま。黄ばみがヒドいものを持っていって断られた経験のある人もいるはずです。

この黄ばみ具合とクリーニング店での返答によって、そのお店のタイプを見分けることもできます。

通常の黄ばみ

軽度の黄ばみであれば、上記で紹介したように自宅での洗濯で落とすこともできましたね。

このシミを断るようなクリーニング店は、染み抜きにそれほど力を入れていないことがうかがえます。

単に技術力がないということもありますが、軽度の黄ばみであればそれほど難しいことではないはずです。

考えられるのは、低価格での提供をモットーにしており、通常の作業と別に染み抜きの作業をすることを嫌がっているという場合。

また、洗濯機に可能な限り洋服を詰め込むため、隙間がなく基本的な洗浄力に劣るということもあるかもしれません。

日常のクリーニングと汚れを落としたい場合で、使い分けるようにした方がいいでしょう。


→次ページでも、引き続きクリーニング店との関係を見ていきましょう。

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

PICKUP こちらもおすすめ

CATEGORY

カテゴリーから探す