漂白剤を使い分け! 洋服の黄ばみを落とす&予防する方法

2014.05.13

ママライターのマフィーです。

もう、だんだんと夏物衣服にシフトしていく季節になりました。毎年のことながら、主婦にとっては負担の多い衣替え。

ただでさえ面倒なのに、気に入っていた洋服に黄ばみを発見してしまっては、テンションは下がるばかりです。

目次
 服が黄ばむワケ(P1)
 服がすぐに黄ばんでしまう人の特徴(P1)
 服の黄ばみを落とす方法(P2)
 服の黄ばみを予防する方法(P3)
 服の黄ばみ具合とクリーニングでの対処(P3〜4)
 まとめ(P4)

服が黄ばむワケ

170406tuiki1

洗ったはずの服が黄ばんでしまうのは、衣類に残った皮脂汚れが空気中の酸素と結びついて酸化されるため。

半分に切ってしばらく置いておいたリンゴが、茶色く変色してしまうのと原理は一緒です。

この皮脂汚れのほかに、食べこぼしが残っていることや汗が蓄積していることなども原因と言えるでしょう。

太陽の光(紫外線)の影響によって黄ばみが発生するのです。

これはクリーニングに出したからといって解決する問題ではありません。一般的なドライクリーニグは水を使用しないため、汗などの水溶性の汚れには効果が薄いのです。

見た目には汚れていないように見えても、繊維に残った汚れが保管しているあいだに酸化して黄ばんできてしまいます。

黄ばみと似た汚れに“黒ずみ”がありますが、これは皮脂などの汚れの上にホコリなどがたまってしまっている状態です。黄ばみと黒ずみは同時に発生することも少なくありません。

なお、この黄ばみの一番の問題は普通に洗っただけではなかなか落ちてくれないという点で、一度発生してしまうと通常の洗濯では簡単には落とせないでしょう。

服がすぐに黄ばんでしまう人の特徴

170406tuiki2

しっかりと洗濯をしているはずなのに、ワイシャツなどの脇の部分がすぐに黄ばんでしまって困っている人はいませんか?

脇には汗腺が多く、アポクリン線からの分泌物が原因となっているのかもしれません。

アポクリン腺からはさまざまな成分を含んだ汗が分泌されており、これが雑菌などと反応することで異様なニオイを発することがあります。これがワキガです。

この汗の中にはリポフスチンという色素が含まれており、これが洋服の黄ばみの原因となります。

ワキガの程度が強くなるほどこの色素成分は大量に分泌されるため、黄ばみが強いほどニオイも強いものであると推察されるでしょう。

手術などでアポクリン腺を摘出すれば、この黄ばみはぴたりとやむはずです。

脇汗が多い、脂性、耳垢が湿っているなどの特徴がある人は、ワキガを疑ってみましょう。


→次ページでは、服の黄ばみを落とす方法をご紹介します。

服の黄ばみを落とす方法

170406tuiki3

洋服に残った皮脂やタンパク質は、アルカリ性で溶かすことで除去できます。

ここでは、黄ばみや黒ずみを落とすのに適したアイテムを、汚れの度合いなどに合わせて使い分けていきましょう。

台所用洗剤

普段、台所で使っている食器用の洗剤を使います。

黄ばみが気になる部分に直接かけ、使い古しの歯ブラシなどで表面をこすります。

黄ばみの上に黒ずみが発生していることも多く、ブラッシングすることで汚れを浮き上がらせる効果があるのです。

洗剤は油汚れを落とすためのものなので、油分を含んだ汚れには効果的です。

黄ばみ以外にも、食べこぼしなど普段の洗濯にも効果的と言えるでしょう。

台所用洗剤でうまく黒ずみが落ちなかった場合には、クレンジングオイルを使うといいかもしれません。

酸素系漂白剤(粉末タイプ)

酸素系漂白剤には大きく2つのタイプがあり、漂白効果が高いのはこの粉末タイプ。

使うときにはまず、バケツに40〜50℃のお湯をためます。これは酸素系漂白剤の効果が一番高くなる温度です。

これ以上高い温度にしても効果は変わらず、むしろ衣類を傷めてしまうこともあるので、温度には注意しましょう。

お湯に酸素系漂白剤を投入すると泡が出始めるので、すぐにそのまま洋服をつけ込みます。

30分〜1時間ほどたったらバケツから取り出し、よくすすいだ後に通常通り洗濯機で洗濯すれば完了です。

ただし、2時間以上のつけおきは生地の損傷や色落ちにつながるので要注意です。

酸素系漂白剤(液体タイプ)

漂白力では粉末タイプにおとりますが、シルクなどのデリケートな衣類の場合には、効果がゆるやかな液体タイプがおすすめです。

水に溶かしてつけ置きするだけなので、使い方も簡単です。

頑丈な生地であっても洗濯を繰り返せばダメージを与えてしまいますから、それほど頑固な黄ばみでない場合には、液体の酸素系漂白剤を使うようにするといいでしょう。

塩素系漂白剤

漂白剤のなかでは最も漂白効果が高く、塩素系漂白剤の使用が禁止されている衣類には絶対に使わないようにしてください。

洋服の洗濯表示を見て、“エンソサラシ”の部分にバツ印がついていたら使うことができません。

また、色シャツや柄が入ったものなどにも、色落ちしてしまうため使うことができません。効果が高いぶん慎重に扱う必要があります。

何を試しても落ちなかった白シャツなど、限定的に使うといいでしょう。

重曹&酸素系漂白剤

粉末タイプの酸素系漂白剤と重曹を1:1の割合でまぜ、少しずつ水を加えてペースト状にします。

これを汚れの落ちなかった部分に塗り、熱を加えます。ドライヤーを温風にして当てるといいでしょう。

酸素系漂白剤は加熱することで酸化力がアップし、これによって漂白効果がアップするのです。

重曹をプラスするのはアルカリの度合いを上げて汚れ落ちの効果を高めるため。

頑固な黄ばみに悩んだ際にはこの2つをうまく組み合わせて落としてみましょう。


→次ページでは、服の黄ばみを予防する方法を見ていきましょう。

服の黄ばみを予防する方法

170406tuiki4

お湯を使って洗濯する

黄ばみの原因は、繊維に残った皮脂や汗などの汚れでしたね。そのため、黄ばみを予防するためには、日頃の洗濯でできるだけ汚れを残さないようにすることが重要です。

皮脂は油汚れに分類されますから、冷たい水で洗ってしまうとすべてを落としきることができません。

お風呂の残り湯などを使って、できるだけお湯で洗うようにしてください。

皮脂汚れが残りやすい袖口や襟周りは事前に部分洗いをするなど、日頃から意識的にお手入れするようにすると黄ばみも残りづらくなります。

クリーニングのビニールをつけたままにしない

洋服をクリーニングに出すとビニールがかけられてもどってきますよね。

ホコリをかぶらないようにと、これをそのままの状態でフローゼットなどに閉まっている人はいませんか?

このビニールカバーは、あくまでクリーニグ店からの持ち帰りの際に汚れがつくことのないようにするためのもので、保管のためにつけられているわけではありません

持ち帰った後は、不織布など通気性の良いカバーにつけかえてからしまうようにしましょう。

また、クリーニングでは洋服を石油系の溶剤を使って洗濯しているため、持ち帰ったあとにすぐクローゼットにしまうのも避けたいところ。

しばらく吊るしておいて、溶剤が乾燥してしまうのを待ってからしまうようにしてください。

ただし、部屋に吊るしたままにしておくと日焼けをおこしてしまうこともあるので、通気性がよく光を通さないような場所で保管するのが最適です。

服の黄ばみ具合とクリーニングでの対処

170406tuiki5

黄ばんでしまった洋服をクリーニング店に持っていって、染み抜きを依頼することもあるでしょう。

しかし、お店によってどこまでの染み抜きに対応しているかはさまざま。黄ばみがヒドいものを持っていって断られた経験のある人もいるはずです。

この黄ばみ具合とクリーニング店での返答によって、そのお店のタイプを見分けることもできます。

通常の黄ばみ

軽度の黄ばみであれば、上記で紹介したように自宅での洗濯で落とすこともできましたね。

このシミを断るようなクリーニング店は、染み抜きにそれほど力を入れていないことがうかがえます。

単に技術力がないということもありますが、軽度の黄ばみであればそれほど難しいことではないはずです。

考えられるのは、低価格での提供をモットーにしており、通常の作業と別に染み抜きの作業をすることを嫌がっているという場合。

また、洗濯機に可能な限り洋服を詰め込むため、隙間がなく基本的な洗浄力に劣るということもあるかもしれません。

日常のクリーニングと汚れを落としたい場合で、使い分けるようにした方がいいでしょう。


→次ページでも、引き続きクリーニング店との関係を見ていきましょう。

強い黄ばみ

自宅で落とすことが困難な強い黄ばみがある場合、一般のクリーニング店では断られることが多いでしょう。

染み抜きの技術力に長けた専門店を探して依頼する必要があります。

脱色してしまっている

洋服が脱色してしまっているレベルになると、染み抜きだけでなく色修正を行う必要が出てきます。

これは高度な技術力を持ったクリーニング店でしか対応できず、さらに困難となるでしょう。

脆化している

脆化(ぜいか)とは、黄ばみが進み、強い変色を起こし、さらには生地自体が痩せてきて破れなどを起こしてしまった状態のことを言います。

こうなってしまった衣類は手のほどこしようがなく、諦めるしかないでしょう。

衣類をムダにしないためにも、こうなる前にこまめなお手入れやクリーニングをしておく必要があります。

まとめ

「洋服の黄ばみを落とす方法」や「黄ばみやすい人の特徴」などについて紹介してきましたが、いかがでしたか?

大切にしていた衣類が黄ばみ、着られなくなってしまうのは悲しいものですよね。

日頃から注意して見ておくことで、黄ばみが強くなってしまう前に対処することもできます。

真っ白なワイシャツが黄ばんでいると、非常に目立ってしまい悪い印象を与えてしまうこともあるかもしれません。

黄ばみのないキレイな服を保つようにしたいものですね。

●モデル/貴子(優くん、綾ちゃん)神山みき(れんくん)香南



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ