免除はトラブルの元? “幼稚園の役員”に関する基礎知識とリアル事情

幼稚園の役員からうまく逃げ切るコツ

160314youtituiki9

「未就園児がいる」「すでに役員を経験した」などの理由がない限りは、基本的に逃れることはできません

早めにやるか、役員になった上で楽な係に立候補するなどの対策を考えた方が有意義と言えるでしょう。

手段を選ばないという気持ちがあれば、「泣く」「強い態度で断固として首を縦に振らない」などの方法もありますが、周りの視線を考えるとその後に被るデメリットの方が大きいと言わざるを得ません。

まとめ

「役員の年間予定」や「トラブル例」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

やってみたら意外と楽しかったという声も多いようで、「役員はやらない方がいい」というイメージが一人歩きしている現状もあるようです。

とはいえ、時間的な拘束もあり大変なことは事実。子どものためなど何かしらやりがいを見つけて、楽しく取り組みたいものですね。

●追記/パピマミ編集部
●モデル/ゆみKUMI(陸人くん、花音ちゃん)