• TOP
  • ライフ
  • 人付き合い
  • 免除はトラブルの元? “幼稚園の役員”に関する基礎知識とリアル事情

  • 免除はトラブルの元? “幼稚園の役員”に関する基礎知識とリアル事情

免除はトラブルの元? “幼稚園の役員”に関する基礎知識とリアル事情

免除はトラブルの元? “幼稚園の役員”に関する基礎知識とリアル事情

プロカメラマンによる無料親子撮影会

(4)役員じゃないのに口出し

役員で問題になるのは役員同士の人間関係だけではありません。関係ないはずのママたちから口出しされることもあるでしょう。

『仕事も大変でしたが、みんなで協力してやる楽しさもありました。一番きつかったのは、役員でもないのに口出ししてくる保護者が多かったこと。役員会で決めたことに文句を言ってきたり、どんな話し合いをしたのか報告を求めてきたり……。しかもその保護者が、役員決めの際に「私は絶対やりたくない!」とかたくなに拒んでいた人だったので余計に腹が立ちました。そんなに文句があるんだった自分でやればいいのに』

役員が終わった後も付き合いが続く保護者同士だけに、邪見にすることもできずストレスがたまるでしょう。

時には役員同士で結託して、断固とした態度を見せることも必要かもしれませんね。

役員をそつなくこなすコツ5つ

170301yakuin11

(1)とことん楽しむ

せっかく役員をやるのであれば、イヤイヤながらやるよりも楽しんで取り組みましょう。

同じ仕事でも、気持ちを変えるだけで楽しいものになるはず。

周りの役員に与える印象も変わるでしょうし、楽しんでやっている人の周りには協力してくれる人が集まり、負担を減らすことにもつながるかもしれません。

(2)監査をやる

役員にはそれぞれ役割が与えられることがあります。

会計であればお金の動きを把握して領収証を管理したり、書記であればパソコンで文書作成のスキルを身に付けたりする必要があります。

そんな中、監査は比較的楽なポジションと言われています。

監査特有の仕事といえば、年度末に1年間の報告書のチェックをするなどわずかなものだけ。

もちろん、行事の際の手伝いなど全員でやらなければいけないものもありますが、必要以上の負担を抱えたくないという場合には監査に立候補してみてはいかがでしょうか。

(3)出しゃばらない

中には自ら立候補して役員になったという人もいるでしょう。

幼稚園を良くするために率先して行動したいと思っているかもしれません。

しかし、基本的には何事もなく行事を終わらせたいと思っている保護者が多数ということを頭に置いておいた方がいいでしょう。

自分勝手に会を進めても反感を買うだけで、一度煙たがられてしまうとその後に信用を回復することは難しくなります。

周りの反応を見つつ、決して独りよがりな運営をしないようにしましょう。

(4)保護者とのやりとりをメールで行う

話し合うことがあるからといって、必ずしも保護者を園に集めて会議を開く必要はありません。

自分の時間を削られるとお互いにストレスがたまってしまいます。

報告するだけで済むような議題であれば、メールのやりとりで済ませてしまってもかまわないはず。

会議を行う場合にも、事前に話し合う内容をメールしておくことで当日の会議をスムーズに進めることができるでしょう。

(5)仕事が休みのタイミングで集まる

平日の昼間に会議を行うことが多いようですが、役員によっては仕事の都合で出席できない人もいるはずです。

もし欠席者がいれば、その人へ後日連絡したり、その人の意見を再度聞いたりする手間が発生してしまいます。

こういったことが続くようであれば、思い切って土日や夕方以降の遅い時間に集まりを開くのも手でしょう。

仕事は休めないけど、家事を一日お休みするぐらいであれば出席できるという人は意外と多いものです。


→次ページでは、幼稚園の役員からうまく逃げ切るコツについて見て行きましょう。

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

同じカテゴリーの記事

PICKUPこちらもおすすめ

パピマミ公式インスタグラム

CATEGORY

カテゴリーから探す

RECOMMEND

おすすめ

プロカメラマンによる無料親子撮影会 パピマミ公式インスタグラム