そびえ立つ「小1の壁」に立ち向かえ!!

みなさんは「小1の壁」という言葉を聞いたことがありますか?

この言葉は、フルタイムの共働き家庭や、ワーキングマザーの界隈ではよく耳にする言葉です。

『子どもが1年生になって、仕事に思う存分集中できる』と思われがちですが、実はそうではないんです!
実際には、仕事と育児の両立は小学校に入学してからの方が大変になっていくと感じる方は少なくありません。

この「小1の壁」は職場で女性活躍が進まない大きな原因にもなっています。

今回は、多くのママの前に立ちはだかる「小1の壁」について、またその対策についてご説明していきます!

「小1の壁」ってなに?

「小1の壁」とは、主に共働き家庭や一人親家庭において、4月の子どもの小学校入学を機に

仕事と育児の両立に「壁」が立ちはだかることを表しています。

中には子どもの入学を機に退職してしまう保護者や、働き方を変えなければならない保護者も多く、「小1の壁」は社会問題化しています。

「小1の壁」にはどんな問題があるの?

「小1の壁」にはどのような問題があるのでしょうか。

「小1の壁」となっている3つの要素をご紹介していきます!

保育園より学童保育の預かり時間の方が短い。

保育園では、認可や認証など自治体が運営している園であれば、8時半から18時まで、

延長保育を利用すれば19時半ごろまで開いています。

民間の保育園なら、もっと遅い時間まで預かってもらえるところもあるようです。

しかし、学童保育では、自治体が運営しているところであっても18時で閉まってしまいます。

民間の学童保育もあるようですが、その数は少なく、保育園と比べてまだ普及率は低いです。

親が子どものお迎えに行けるように、企業では時短勤務を認めていますが、ほとんどの企業で『時短勤務は小学校入学まで』と定められているようです。

そのため、『子どもが保育園の頃より早く帰宅してくるのに親の帰宅時間は変わらない。むしろ遅くなってしまう』という問題が起こってしまいます。

また、夏休みも大変です。毎日お弁当、自由研究、夏休みの宿題、絵日記など親の仕事時間は変わらないのにやらなきゃいけないことが増えます。

子どもが夏休みなど長期休みに入るタイミングで子育てに不安を感じる方も多いようです。

親の参加が必要な行事・フォローが必要な事が増える

小学校に入学すると、教科書、文房具、体操着など持ち物が多くなります。

小学校に入学してからしばらくは、子どもが忘れ物をせずに学校に行けるようになるまでサポートしてあげなくてはなりません。

子どもが学校から持ち帰ってくる大量のプリントの中から大事なものだけを把握し、管理するのも大変な作業です。
気づけば大切なプリントの提出期限を忘れていた!ということが無いように上手に管理したいものです。

また、勉強面でのサポートも必須です。

子どもが学校に通うようになると、宿題が出るようになります。

学校や先生によっては、『親御さんが丸つけをお願いします。』『ご家庭での学習が大事です』などと言われることもあるようです。

さらに、PTA役員の会合や保護者会、担任の先生との面談、学校行事の写真の申し込みなど、平日に学校に足を運ぶ機会が増えます。

その度に、『会社を休まなければならない、早退しなければならない』と親の負担は少しずつ増えていきます。

子ども同士のトラブルが増加

小学生になると子ども同士で遊ぶことが増え、暴力、仲間はずれ、物の奪い合いなど、様々なトラブルが避けられなくなります。

子ども同士のトラブルなので本人同士で解決し、成長していって欲しいものですが、子どもの様子がおかしいのにいつまでも放っておくというわけにはいきませんよね。

子どもによっては『親に心配をかけたくない』と嫌なことがあっても全く話してくれないという子もいらっしゃいます。

普段から子どもを注意深く見てあげることが大切です。

子ども同士のトラブルで学校に呼ばれる、子どもが心配で他のことに集中できないとなるとそれが大きなストレスとなり、仕事や育児の

「壁」になってしまうようです。

「小1の壁」への立ち向かい方

では、これらの「壁」に立ち向かうためにはどのような対策をとれば良いのでしょうか。
いくつかの「壁対策」をご紹介します!

先手必勝!早めの入学準備を!

「壁」を乗り越えるためには保育園時代からの情報収集や心の準備が大切です。
預かり時間が長い学童保育を探しておく、小学校入学時に用意しなければならないランドセル、文房具などのグッズを調べておくなど、早めの準備で入学直前の負担を軽減させましょう。
保護者が入学式に着ていく服も早めに準備することもオススメします。
初めての入学式だと、どんな服装で参加すれば良いかわからないというママも多いようなので早めに調達しておきましょう。

毎晩、宿題や持ち物確認をする時間を確保する

子どもが学校からもらってきたプリントを毎日整理し、用意するもの、提出するものをTo Doリストにまとめておくなどして子どもが忘れ物をしないようにフォローするのも良いかもしれません。

子どもとよくコミュニケーションをとる

入学前に学校までの通学路を一緒に歩いてシュミレーションし入学後の登下校の不安を出来るだけ軽減したり、『宿題は〇時までに終わらせること』『明日の用意は〇時までにしておくこと』などと子どもとの約束を作り、自分で出来ることが増えるように促してあげましょう。

PTAは出来るところで協力する

PTA役員の決め方は学校それぞれですが、6年間やらずにすむというのは難しいようです。
早めにやったほうが幹部にならずにすむので結果的に楽かもしれません。

また、役員になることは難しくても、出来ることで積極的に活動していれば、もしかしたらメイン役員を免除してもらえるかもしれません。

ファミリーサポート(ファミサポ)を活用する

ファミリーサポートとは、乳幼児や小学生などの学童がいる子育て中の労働者や母親などを会員として、学童の預かりの援助を受けることを希望する者と援助を行うことを希望する者との相互援助活動に関する連絡、調整を行う制度です。

ファミリーサポートの例としては、

  • 保育施設までの送迎を行う
  • 病児、病後時の預かりを行う
  • 学童施設の開所時間前や終了後に子どもたちを預かる

などがあります。

どうしても会社の予定を調整できない、急な学級閉鎖で困った!などというときに活用してみても良いかもしれません。

ママ同士のネットワークを作る

学校のママ友、保育園時代のママ友など、ママ同士で情報を共有できるようにしておけば、『あのプリントいつまで?』『あれ準備した?』など子どもから得られなかった情報を聞くことができます。
そうすることで、忘れ物、提出し忘れを防ぐことができる可能性があります。

「小1の壁」を乗り越えるための周囲の協力

「小1の壁」を乗り越えるためには職場の方々やママ友などの協力が必要です。

そもそも、会社の同僚や小学校、専業主婦の方々の中には「小1の壁」というものの存在を知らない人もいるかもしれません。

周りの人の理解を得るためにも、その「壁」の存在を説明、相談し周囲・自分の両側から「壁」を壊していけると良いですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「小1の壁」についてご紹介いたしました。

子どもたちにとって、これから訪れる学校生活はドキドキワクワクなとても楽しみなものです。
職場、家族、小学生ママなどと協力して、子どもたちと楽しい学校生活を迎えられるように、準備しておけるといいですね。