大家族ならでは!?の子育てあるある5選

こんにちは、2〜11歳の3男1女のママをしています、スガカズと申します。
今回は、大家族に起こりがちな、あるある話をしたいと思います!
お子さんが2人以上いるご家庭も、もしかするとあてはまるかも……!?
それではいってみましょ~!!

その1 子どもの名前を呼び間違える


これは、2人以上お子さんがいる家庭にとってもあるあるではないでしょうか?
年齢の近い兄弟の名前を呼び間違えることは日常茶飯事です(笑)

その2 園や学校からプリントの山

 

小学校組が毎日の様に持ち帰ってくるプリントと、保育園組のプリントや小冊子。
内容は兄弟で同じものを渡されることが多いので、うっかりそのままにしておくと、おそろしいことに……!!
とはいえ小学校のプリントは大事な内容が含まれていることが多いので、スマホのアプリでまとめて管理して、通勤時間で確認できるようにしています。

ちなみに余談ですが、プリントを見て子どもたち4人分の行事が続くことに気がつき、絶望することもよくあります(笑)
つい先日の話だと、保護者会で平日5日のうち4日つぶれる現象が起きました(笑)

その3 全員が同時に話しかけてくる

 

全員に話しかけられると、処理しきれず、固まってしまうこともよくあります。
そうすると誰か1人に、「ねぇお母さん、ちゃんと聞いてよ! 」と、叱られることも……!
お母さんは心から聖徳太子を尊敬します……(泣)

その4 お風呂がせまくなりがち

 


子どもたちとお風呂に入るとたちまち大衆浴場と化します。
浴槽にお湯が少なくてもみんなで入ればかさ増しされます。
ザ・節水!!
その後、誰か一人がシャワーで遊び始めると4人全員遊び始めますね。
あれ?全然節水じゃないですね……TT

その5 とにかく親の体力が限界

うちは三男一女と男子率が高いため、わりと遊ぶときは全力です。
長男(11)次男(8)が「オレたちをソファーに投げ飛ばして! 」「肩車して!おんぶして! 」と、頻繁に言ってきます。言われたとおりに遊ぶと長女(3)と三男(2)も目を輝かせて近づいてきます……!!
一度はじまるとエンドレスで続きます。
お陰さまで親はヘロヘロ……! しょっ中寝落ちしてしまいますTT
そして翌朝……干されていない洗濯物を見て愕然とするのもお決まりの光景です(笑)

大家族って大変だけど、おもしろい!

以上。大家族ならではの子育てあるある5選でした。
皆さんは、いくつあてはまりましたか?

教育資金など、大家族ならではの大変な面もありますが、おもしろいこともたくさんあります。
子育ての大変なことも、明るく乗り切りたいですね♪
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

●ライター/スガカズ

スガカズさんのその他の記事はこちら

関連記事

この時期になると思い出すネット通販での失敗こんにちは、2〜11歳の3男1女のママをしています、スガカズと申します。もうすぐ新学期ですね……! 4月に新一年生になるお子さんのお母さま、おそらくすでにランドセルの準備は終わってい[…]

関連記事

こんにちは、2~11歳の3男1女のママをしています、スガカズと申します!突然ですが……子育てする中で、旦那さんと自分の価値観の違いで悲しい思いをしたことはありますか?価値感の違いは、話し合いで歩みよることができる場合と、でき[…]