上手にリフレッシュ! 保育園の“一時保育”を利用する方法と体験者の声

一時保育の利用料金

YUUKI150321200I9A4368_TP_V

一時保育の料金は年齢や保育園によっても異なりますが、公立であればリーズナブルで、1時間300円〜という自治体もあります。

平均的な一時保育の料金は、1時間で500~600円程度、1日で2,000~5,000円程度となっているようです。

また、おやつ代や昼食代については別途かかることもあるそうですが、自治体によっては一人親世帯、生活保護世帯などは無料になったり半額になったりするとのこと。

なお、認可外の保育園では、1時間1,500〜3,000円程度、1日で6,000〜15,000円程度かかってしまうようで、自治体が運営する保育園よるも高くなっています。

さらに、施設によっては初回に登録料が別途必要になるところもあるそうなので、安く抑えたい場合にはよく調べてから利用するといいでしょう。

一時保育を利用するときの流れ

140505abokado

一時保育の前に

(1)自宅に近い、「一時保育サービスのある保育園」を探す

まず、お住まいの自治体のホームページや行政から配布された育児の手引き資料で、行政が行う一時保育サービスを探しましょう。次に、インターネットで民間保育園の一時保育サービスを検索してください。

(2)保育園に直接電話をかけて、「一時保育」の詳細について聞く

ホームページに記載されている内容もありますが、以下の項目について質問した方がよいでしょう。

・一時保育をしている時間帯
・受け入れ年齢
・利用料金(「1時間あたりの費用」の場合と「1日○時間までいくら」というパッケージ料金の場合があります。予約した時間より延びる場合は延長料金がかかりますので、延長料金についても聞いておきましょう)
・利用日の何日前までに申し込みが必要か。

(3)保育園の事前見学に行き、「利用登録」をする

基本的に、問い合わせた当日や翌日にすぐ一時保育を利用できる場合は稀でしょう。

事前に申し込み用紙に子どもや親に関する基本情報を書き、登録を行っておく必要があります。登録日に、一時保育当日の持ち物を聞きます。

(4)一時保育をする日時を予約する

保育を利用する日時を予約します。

一時保育の当日

(1)保育園で必要なものを用意し、保育園に連れていく

持ち物の例(下記をバッグに入れて持参)

・着替えの下着、洋服
・紙おむつ
・ミルク、哺乳瓶1~2本
・預ける時間帯のご飯(家で作ったお弁当、レトルト食品等)
・お昼寝用バスタオル 等

(2)ドキドキのお預けタイム

預けている最中、子どもが発熱等で体調不良になった場合は、携帯電話に連絡がきます。

(3)一時保育終了

お迎え時間に保育園に到着、保育士さんに子どもの様子を聞き、荷物を受け取って帰宅。


→次ページでは、一時保育での子どもの過ごし方を見ていきましょう。