【海外子育て体験記 第3話】渡米前は準備が大変? いやそんな事は…

2019.01.24

こんにちは。去年の冬にパパの赴任帯同でアリゾナにやってきましたすずかと申します。

もうすぐ3歳になる息子と一緒にてんてこ舞いな日々を送っています。

渡米することになった時、周りのみんなから「準備が大変だよね。頑張ってね」と声をかけてもらいました。

確かに色々と準備があります。

私と息子の出国予定日はまだまだ先だったので、実感が湧かず悠長に構えていました。

予防注射を打っておこう

とりあえず、何回も打たなければならない予防接種は先にやってしまおうと近所のトラベルクリニックに電話をしました。

小児の注射を打ってくれる病院を探すのに一苦労。小児診療の日が決まっているとのことで、実際に打ってもらえるのは2週間後となりました。

期間を空けて3回程打たなければならないので、完了まで時間がかかります。早めに行動してよかったと胸をなで下ろしました。

それから引越しの準備をしたり、大使館へビザ面談をしに行ったり。

予定は結構ありましたが、手続きはパパと会社の方が誘導して下さったので大変ということはなく、ゆるゆると時間が過ぎていきました。

引越しは、到着まで時間がかかるが大量の荷物を運べる船便と、早いけれど少ししか運べない航空便の2回あります。

船便は渡米予定日のかなり前にお願いし、航空便は出国ぎりぎりにお願いすることにしました。

赴任前説明会に行こう

船便の引越が終わり、改めて引越の書類を見ていると、赴任前説明会のチラシが入っていました。

会社によっては赴任前に説明会があったりするらしいのですが、パパの会社は無いとのこと。

先に赴任したパパはなんとなく生活できていそうだし、行かなくてもいいかなと思ったのですが、せっかくなので参加してみることにしました。

参加して大正解です。

子供の教育について再確認することができたり、実際にアリゾナに住んでいた方とも話すことができました。

しかし、この説明会が行われたのが航空便の引越の前々日。

持っていくと便利なものを沢山教えてもらったのに、買いに行く時間や、荷物の余裕がありません。泣く泣く数点に絞り、引越荷物にホームベーカリーとラップケースなどを追加しました。

準備が大変ということはなく…

ひとつひとつの準備がものすごく大変というわけではありません。

役所での手続きはあっと言う間に終わりましたし、新しい生活を想像しながらの買物も楽しかったです。

ただ、私の場合は段取りが上手くできませんでした。

注射はなんとかなりましたが、赴任前説明会は赴任が決まったらすぐに参加すればよかったです。

そうすれば渡米に関するモチベーションも上がり、現地の下調べや、掃除など、他の準備ももっと前倒しでできたのでは、と今更ながらに思います。

準備不足による不便さはありますが、実際に生活してみるとそんな事を忘れてしまうような新しい発見が沢山あります。

段取りの悪さは反省して今後に活かすとし、前を見て、今できる経験を全力で楽しみたいと思います。

●ライター/すずか

すずかさんのその他の記事はこちら




あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ