【案ずるより産むが易し?出産エピソード】私の帝王切開体験記

2019.01.21

こんにちは!1歳の息子を育ててます、おもちです。

初めての出産は本当〜に不安だらけですよね。今回は私の帝王切開での出産体験談をお話します。

予定日過ぎても産まれる気配無し!?

まずは錠剤の陣痛促進剤を飲み始め、強めの生理痛くらいの痛みが出始めました。3日目には10〜5分間隔になることも。

…しかし本陣痛に繋がることはなく、モヤモヤとした時間が過ぎて行きました。

促進剤による陣痛。そして決断!

錠剤ではそれほど効果が出なかったので、点滴の陣痛促進剤にもチャレンジ。すると…

信じられないレベルの痛みが!!!

「早く陣痛来ーい!もっと痛くなれ〜!」とか思ってた時がもはや懐かしい…。

拷問のような痛み(腰を砕かれ、お腹をねじり取られるような感じ!)にただただ耐えました。というか耐えられず絶叫しまくりでした。

え?こんなに産まれないもん?これだけ耐えて耐えて、子宮口まだ4cmってどゆことーー!?(涙)

痛みで食事もまともに取れず、眠れず、気力も体力も尽きていた私は帝王切開を選んだのでした。

145cmの出産

実は帝王切開を選んだのには他にも理由があります。

以前から、下から産み始めたとしてももし骨盤を通らなければ緊急手術になると言われていました。

予定日から時間も経っているし、赤ちゃんはさらに大きくなっているかも…ということもあり、先生からも「帝王切開にする」という選択肢も出されていました。

帝王切開ってどんな感じ?

でもでもでも!人生初めての手術…どんなことをするの?痛いの??

さらに子供の命がかかっているとなれば不安は膨らむばかりですよね。

実際、こんな流れでした!

感想は一言で言うなら「あっと言う間」!術前のたくさんの不安は、我が子の顔をみた瞬間に吹き飛びました。

不安も喜びも、全てが思い出。

手術のリスク、術後の傷の痛みなどはもちろんありますが、不安になりすぎる必要はないと思います。

できるだけリラックスして、お腹の赤ちゃんやご家族の皆さんと共に幸せな出産になりますように!

ちなみに先生からは「思ったより赤ちゃん大きかったから、子宮口開いてても帝王切開になってたかもね!」と言われました(笑)

終わり良ければすべて良し!☆

●ライター/おもち

おもちさんのその他の記事はこちら



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ