【子連れ再婚、わたしの場合。】第2話 : この人なら、大丈夫。そう思えた理由

2018.12.21

こんにちは、2~11歳の3男1女のママをしています、スガカズと申します。

今から6年前の話です。

私は当時5歳と3歳の男の子を育てるシングルマザーでしたが、同じ会社で働く男性(仮にTさんとします)から交際を申し込まれました。

実の父親と子どもたちの関係

次男を妊娠したあたりから離婚するまで、別れた旦那は、子どもたちを避けていました。思い通りにいかない子どもをかわいいと思えなくなったのだそうです。

私は男の人を冷めた目で見るようになりました。

ところが、Tさんは私の考えをくつがえす人でした。

仕事仲間だった時に一度子どもたちを連れて遊んだことがあるのですが、子どもたちと率先して遊んでくれ、子どもたちに興味をもってくれました。

交際を申し込まれたけど、答えを出せない私

Tさんが良い人だということは分かってはいましたが、一度結婚に失敗した時点でリスクが高いことだらけなのは痛感していました。

Tさんはもともと嘘がつけない人間で、プライベートな情報もたくさん聞いていました。

その情報は、どれも信用できるもので、深掘りすればするほど問題となる要素が見当たらないのです。

「超」がつくほどマジメな人間なのです。

【私自身について】この人と一緒にいることは私たちにとってよいこと?わるいこと?

私の中の不安要素は、主に3つありました。

最終的に決定打になったのは子どもが楽しそうに遊ぶ姿だった

「Tさんを受け入れるのか」については子どもが答えを持っていました。

他の不安要素については、今すぐ結果を出せるものではなく、今後の私と彼の行動で解決できると判断しました。(現に他の不安要素は解決しています。)

Tさんに返事をする日、私は絶対に守ってほしい条件を提示し、これを守れないのなら絶対に無理と言いました。

Tさんは、条件を快諾してくれました。

こうして私たちは、結婚を前提としたお付き合いを始めることとなったのです。

シングルマザーが意思決定することは「なんとなく」では到底済まされない

異性と付き合う時は、感情や勢いも大事かも知れません。

ですが、子どもがいるとまったく話が違ってきます。よくもわるくも影響するのは、子どもたち。

恋愛ではなく、「家族として一緒にいることができるのか」で考えるべきです。

もしこの時に、問題が1つでもあったり解決できなさそうなら、断っていたと思います。

Tさんは、再婚して現在も、私が言った条件を守り続けてくれています。

当たり前の条件だと思うけど、守り続けるのは、かなり大変。お互いの配慮がないと成り立ちません。

次回は、再婚するまでにおこなった「パートナーと子どもの関係作り」についてお話しようと思います。

●ライター/スガカズ

第1話の記事はこちら



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ