葉酸とルイボスティーの併用は妊活中や妊娠中の女性に効果あり?

2018.12.13

妊活中や妊娠中は、葉酸サプリを摂取しますよね。

そのときに、葉酸と一緒にルイボスティーも摂取していますか?

葉酸とルイボスティーの併用は妊活中や妊娠中の女性にとてもメリットがあります。その理由をこれから説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ルイボスティーとは?

葉酸 ルイボスティー

ルイボスティーとは、強力な抗酸化成分の「SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)」が含まれたお茶です。SODとは、体内で過剰に残っている「活性酸素」を除去して、無毒化してくれる酵素です。

南アフリカの先住人には、「奇跡のお茶」と言われ、昔から飲まれ続けています。

ルイボスティーの効果

活性酸素は、体内の酵素を活性化させて細胞をイキイキと活動させる働きがあります。しかし活性酸素が増えすぎると、ある問題が起こってしまうのです。

それは、皮膚トラブルや生活習慣病です。その活性酸素をちょうど良い量に保ってくれるのが、ルイボスティーなのです。

他にも、アンチエイジングや冷え性の改善など、生活を良くする効果がたくさん含まれています。

ルイボスティーは葉酸を壊す?

妊活中や妊娠中の女性にとって、葉酸を摂取するのは常識になりつつあります。元気な子どもを産むために必須の栄養素がたくさん詰まっているからです。

ただしここ最近、変な噂を耳にしませんか?それは、ルイボスティーと葉酸を一緒に摂ると葉酸の栄養を壊す、という噂です。

結論から言いますと、これはデタラメです。なぜなら、葉酸の栄養を壊してしまうのは大量のカフェインであって、ルイボスティーにカフェインは入っていないからです。

副作用はありませんので、安心してください。むしろ葉酸とルイボスティーを一緒に飲むことは、妊活中や妊娠中の女性にとって良いことなのです。

葉酸とルイボスティーは併用しよう!

葉酸とルイボスティーの併用は、妊活中や妊娠中の女性にメリットがあります。

というのも、葉酸はサプリメントで摂取するのが基本です。なぜなら食品からの摂取だけでは、上手に栄養が摂取できないからです。

そしてもう1つ、葉酸サプリには血流を増加させやすくする効果があります。なぜ血流を増加させることが良いことなのか、それは体を温めてくれるからです。

妊活中や妊娠中は体を冷やしてはいけないのは当たり前の話。葉酸サプリとルイボスティーを併用することで、その効果を倍増させることができるのです。

ぜひ、葉酸とルイボスティーを併用して摂取してみてください。

葉酸をもっと知りたいときはこちら。

葉酸の効果を徹底解説!妊活中にサプリや鉄を上手に摂取するには?

ルイボスティーを妊活中や妊娠中に飲む理由

葉酸 ルイボスティー

葉酸とルイボスティーは、併用することで効果が増すことを説明しました。

では次に、ルイボスティーの具体的な効果について詳しく確認していきましょう。

妊活中にルイボスティーがおすすめな理由

妊活中の女性がルイボスティーを飲むと得られる効果としては、冷え性改善や血管の若さを保つことが期待できます。体が冷えることも血流が悪くなることも、妊活中の女性にとってはデメリットになりえますよね。

妊活中に関係なく、冷えが改善して体が温まることで、安眠の効果も期待できるようになります。血流の良し悪しもとても重要で、血管の若さは生殖器の機能を向上させます。

つまり、妊娠に効果があるということです。

妊娠中にルイボスティーがおすすめな理由

妊娠中の女性は、満遍なく栄養を摂取する必要があります。お腹の中に命が宿っているわけですから、必要なエネルギーは単純に考えても2倍になりますよね。

そんなときに、手軽に栄養が摂取できるのがルイボスティーの良いところ。免疫力を高めてくれる効果や便秘を解消してくれる効果もありますので、妊娠中の女性に嬉しい効果なのではないでしょうか。

専門的な話をすると、ルイボスティーを飲むことで食欲を抑えることもできます。というのも、ルイボスティーには「SOD」が含まれていますよね。そのSODが血糖値を正常にする働きを持っています。

血糖値が正常、つまり甘いものを発作的に食べたくなるような症状が起こりづらくなるのです。

産後にルイボスティーがおすすめな理由

産後はホルモンバランスが崩れやすいですよね。葉酸と一緒にルイボスティーも摂取することで、ホルモンバランスを安定に保ってくれます。産後うつや体重増加などの問題を解消してくれて助かりますよね。

もう1つの利点に、母乳の質が良くなることが挙げられます。ルイボスティーは冷え性の改善や血行不良の改善など、血流を良くする作用があります。

血流を良くなれば、母乳に必要な栄養をしっかりと補給できるのです。

葉酸入りのおすすめのルイボスティー

葉酸 ルイボスティー

ルイボスティーの効果や葉酸と併用する意味がわかったところで、最後におすすめのルイボスティーを紹介します。

ぜひ、試してみてくださいね。

おすすめなのはベルタのルイボスティー

葉酸サプリで爆発的な人気を誇る「ベルタ葉酸」を作っている会社が開発したルイボスティーを紹介します。

このルイボスティーは、妊娠、出産を経験したベルタの社員が商品企画を行なっているようです。

「葉酸と一緒に飲めるルイボスティーがあればいいのに…ちょっと待って?なら作ればいいじゃないか」という流れですね。自分たちが欲しかった商品を自分たちで作れるのはすばらしい。

ここでは、ベルタのルイボスティーの3つの特徴を紹介します。

1.ノンカロリー・ノンカフェイン

ルイボスティーが葉酸の栄養を壊す、というデマが広がっていて、その話は間違っていると先ほど説明しました。ルイボスティーには、本来カフェインが入っていないからです。

そしてベルタのルイボスティーにも、カフェインは入っていませんし、カロリーもゼロなのです。飲みすぎるのは問題ですが、飲み過ぎたところで、太らないのはいいですよね。

体型を気にせず、好きに飲めるわけです。

2.ハーブの種類が多く、オーガニック認証

ベルタのルイボスティーには、8種類のハーブが入っています。他のルイボスティーと比べても、8種類はほとんど見当たりません。

その8種類も、バラの花やローズヒップなどが含まれていて、妊活中や妊娠中の女性に摂取してほしい成分になっています。しかも、オーガニック認証を受けているので、自然由来にこだわりたいママにも安心安全です。

飲むときにハーブの香りがすると、リラックスできていいですよね。赤ちゃんも飲めるのは大きな利点です。

3.専任のカスタマーサービス

3つ目は、ベルタのカスタマーサポートです。ルイボスティーの味とは関係ありません。ただ、ベルタでルイボスティーを購入していただくと、専任のカスタマーサクセスがつくようになっています。

ベルタはお客さんへの寄り添いを大事にしているので、カスタマーサポートが至れり尽くせりで評判が良いんです。

例えば、ルイボスティーの飲み方や葉酸サプリとの併用の仕方など、どんな質問でもいいので訪ねてみてください。親身に答えてくれますよ。

ルイボスティーの飲み方

最後に、基本的なルイボスティーの飲み方をご紹介します。

  • 1包をカップに入れて、150ml〜200mlのお湯を注ぐ
  • 役2分〜5分、浸し出しをする
  • 好みの濃さになったら、ティーパックを取り出して飲む

この3ステップを行えば、美味しいルイボスティーが飲めるはずです。

この方法は、ホットでもアイスでもどちらもでも問題ありません。ぜひ、試してみてくださいね。

まとめ

葉酸とルイボスティーを一緒に飲むことのメリットについて説明しました。ルイボスティーを妊活中や妊娠中に飲む理由も、認識していただけていたら幸いです。

葉酸もルイボスティーも、どちらも妊活中や妊娠中の女性に大きな効果があります。

ぜひ、生活に取り入れてみてくださいね。



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ