「わたし、母なんだ」。手をつなぐ、何気ないしぐさで実感したこと

こんにちは、ちんまいです。

手のつなぎ方って意識したことはありますか?

差し出す手は、前から?後ろから?

大切な人と手をつなぐ時のことを思い浮かべてみてください。

両親だったり、恋人だったり、友達だったり。

そして、わが子だったり。

幼いころから、母とはもちろん、友だちと手をつなぐときいつも「受け身側」だった私。

当然のように、前から出された手にリードされながら歩いていました。

でも、子どもが生まれて、それが変わりました。

娘と手をつなぐとき、今度は私が自然と前から手を差し出していたのです。

無意識だったその行動に

今度は「守る側」、母になったんだと実感しました。

それに気づいたのは、娘が3歳のころ、幼馴染の男の子と手をつないでいるのを見たとき。

彼は娘より小柄なのに、立派に男子としてリードする形で手をつないでいました。

手のつなぎ方なんて意識したことなかったのですが、「相手を守る」という形が自然に手のつなぎ方に表れるのだなぁと思ったお話でした。

●ライター/ちんまい

ほっこり子育ての関連記事はこちら

関連記事

こんにちわ! 松本うちと申します。2歳のおてんば娘の育児に日々奮闘しているママです。普段はInstagramで育児絵日記を描いています。いつものわが家の夫婦ゲンカが、意外な展開に私とパパは、時々しょうもない喧[…]

関連記事

関西人主婦で二児の母のモチコです。うちでは、なにかと慌ただしい朝、ささっと仕事にいってしまうパパの背に子どもが大泣き!ということが多々ありました。それからわが家では毎朝、"ある儀式"をしています![…]