文字が読めるよろこびに目覚めた息子くん。でも、ここではヤメテ…

こんにちは。2歳8ヶ月の息子を育てているすずかと申します。

今回は息子と文字の話をしたいと思います。

2ヶ月程前に…

今までは「あり」という単語を見せても「あ」と「り」としか認識できず、「蟻」には結び付かなかった息子。

ある日突然、文字と文字がくっついて単語になり意味を成すということを理解しました。

息子はトイレで踏ん張っている時間が長いので、

暇潰しに、フラッシュカードや言葉絵カード(表はイラストで裏に名前が書いてあるカード)を見せています。

いつもの様に言葉絵カードの裏の文字を見せると、息子が一音一音発声していきます。

「う!」
「ま!」

すると急に何かが結び付いたようで、

「う…ま!うま!」

「ひひーんのうまだねぇ!」

と言い出したのです。

「あ!わかった!」という嬉しそうな表情をしたのがとても印象的でした。

それからは文字と意味が結び付き、簡単な絵本も少しずつ読めるようになってきました。

たった一つの文字が連なって文章になり、そこから色々な世界が広がっていくのが楽しくて仕方ないといった様子。

私も本が大好きなので、その気持ちがとてもよくわかります。

所構わず声に出して読みまくるので、びくっとしてしまうこともしばしばですが、

電車の中やレストランで字を読むという遊びをしながら大人しく待つ事ができるようになり、とても助かっています。

最近は図書館や本屋さんへ行こうとしょっちゅう誘われるようになりました。

いつか親子で本の感想を言い合える日を楽しみにしています。

●ライター/すずか(@suzuqua

すずかさんの他の記事はこちら

関連記事

こんにちは。2歳7ヶ月の息子を育てているすずかと申します。今回は、うちのパパの困った寝坊グセと、効果があった解決法についてお話したいと思います。"寝坊が当たり前"だったパパ我が家のパパは寝るのが大好き。大好きすぎて寝坊してし[…]

関連記事

こんにちは。2歳の息子を育てているすずかと申します。私は今、専業主婦ですが去年の12月まで働いていました。仕事と家事育児で、息子の寝かしつけと同時に寝落ちする日々。パパは日付が変わって帰ってくる日が多く、平日に家族が顔を合わ[…]