「ママ!」の声が愛おしくてたまらなかったあの頃。それが今や…

こんにちは。ちんまいです。

はじめて「ママ」と呼ばれた日を覚えていますか?

あんなに愛おしかったはずの「ママ」の声


はじめて「ママ」と呼ばれた日、うれしくて何度も何度も「ママって言って!」とせがんだのに…

今ときたら。

「ママー‼︎」と呼ばれるたびに、ちょっと疲れてしまう自分がいる。

考えてみれば「ママー!」と呼ばれるときは、

「ママ、見て」「ママ、聞いて」「ママ、遊ぼ」。

そう、何かを伝えたいとき。私と何かを共有したいとき。

ママとしか呼べなかったあの頃は、「ママ、、、」の先に何があるのか、必死で考えてよりそっていたっけ。

しかしペラペラペラとおしゃべりが上達するにつれ、要求が何かわかりやすくはなったものの、伝えたいことも増えていく(笑)

寝るまでおしゃべりが止まらない娘。

メールを一文打つ。今日の夕飯何にしよう。あ、回覧板まわさなきゃ。

ひとつひとつは些細な行動なのに、休む間も無く続くマシンガントークにさえぎられる毎日。

いつしか、「ママ!」と呼ばれるだけで「何⁈(怒)」となることも。

大人の都合だったと気付かされた言葉

そして幼稚園に入り、はじめての懇談会。

そこでの話題が、「ママ」って呼ばれただけでイライラしちゃうよね、という展開に……。

みんな同じような悩みがあるんだなと少し安心しました。

しかし、そこで3人のお子さんを持つベテランママさんの話にハッとします。

「呼んでるだけなのにね。ママに何かを見せたくて伝えたくて呼んでるだけで、子供は何も悪くないし変わってないのにね。

前は何かを伝えてくれたらすごく喜んでたのに。

こちらの都合でイライラしちゃって申し訳ないなって反省したことあったよ」

ハッとしました。

私が 笑顔で「なぁに?」と聞くだけでいい。

子供は喜んで伝えてくれる。

そうすると、こちらの気持ちも不思議と安らいでいくのがわかります。

たとえ演技でもいい!その演技は思いやりですから。

もちろん忙しくていつもとはいかないけれど、「どうせ対応しなきゃいけない」のなら、笑顔で!

はじめて「ママ」と呼ばれた日を忘れずに。

●ライター/ちんまい(@mai.y0322

ちんまいさんの他の記事はこちら

関連記事

こんにちは、ダメ親代表ちんまいです。私ってダメな母親だなぁと感じるのは日常茶飯事ですが、今回は娘のスーが3歳頃の話です!1.やられたらやり返す?スーは、お友達に理不尽に叩かれてもやり返したりしないタイプ。おも[…]

関連記事

こんにちは、ちんまいです。我が家の旦那さま(通称:しんこ)は、とても自由を愛する人。周りに流されない、マイペースで縛られるのが嫌いなタイプです。よく言えば自分を持っている。悪く言えば、周りはあまり見えない人(笑)。[…]