プレママ・妊婦の体に起こること

ベビ待ち女性は要チェック! 生理前から感じる“妊娠超初期症状”6つ

ベビ待ち女性は要チェック! 生理前から感じる“妊娠超初期症状”6つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り
170321ninsintyousyokisyoujyou01

フリーライターの小柚子です。

妊娠を望む女性にとって、生理前の体の変化というのはとっても気になるものですよね。

ちょっとした症状に一喜一憂して、家事や仕事が手に付かない、などということもあるかもしれません。

一般的に、妊娠の初期症状は、生理予定日から1週間前後であらわれることが多いもの。

しかし、人によっては生理前から「何かいつもと違う」と感じることがあり、それらは妊娠超初期症状と呼ばれています。

では、実際の体験談を参考に、妊娠超初期症状についてみてみましょう。

目次
 妊娠超初期症状とは(P1)
 妊娠初期症状と妊娠超初期症状の境目は?(P1)
 妊娠超初期症状として現れる症状6つ(P2)
 着床出血って本当にあるの?(P3)
 妊娠超初期症状が起こる原因(P3)
 妊娠週数で見る体の変化(P3〜6)
 妊娠超初期の日常生活の注意点7つ(P7)
 まとめ(P7)

妊娠超初期症状とは

妊娠超初期症状』とは妊娠してからみられる“妊娠初期症状”より、もっと前に感じる体の変化のことを言うようです。

妊娠の前兆は、実は妊娠の初期症状が現れる前に存在しているのです。

妊娠初期症状でみられる“眠気”や“倦怠感”で、「あれ? 妊娠したかも?」と喜びながらいざ妊娠検査薬でチェックしても陰性反応……。

しかし数日後に妊娠が発覚! そんな経験をしたことはありませんか?

妊娠検査薬で正しい陽性反応がでるのは生理予定日1週間後と言われています。



これよりも1〜2週間前から母体の体には変化が出始めているということです。

この『妊娠超初期症状』という言葉は、厳密には医学的に使われているものではないようですが、上記のような妊娠検査薬で陽性が出る前に起こる体の変化を指すことが多いようです。

妊娠初期症状と妊娠超初期症状の境目は?

rewrite7

まずは、「あれ? 妊娠したかな?」と感じ始める妊娠初期症状からご紹介していきます。

妊娠初期症状の期間

一般的な妊娠初期症状は、生理予定日の1週間後くらいに現れると言われています。

期間としては、妊娠が判明する妊娠2か月(妊娠4週)ころから、妊娠4か月(妊娠15週)までを指します。

ほとんどの女性が妊娠していてもすぐに気付くことは少なく、赤ちゃんがお腹に宿ってから約2か月目でやっと体の変化を感じはじめます。

妊娠超初期症状の期間

では、妊娠超初期とはいつの期間のことをいうのでしょうか。

明確には、上記の妊娠初期より前の“妊娠0週から妊娠3週までの1か月間”のことを指します。

妊娠週数の数え方は最終月経が始まった日からなので……
妊娠2週0日が排卵日に当たり、妊娠0週目から2週目にはまだ子宮には何の変化も起こっていません。

そして受精卵は分割をしながら3日間かけて子宮を移動。子宮内を漂ったあと、ようやく子宮大部に着床し初めて“妊娠”に至るのです。

このころには既に“妊娠3週”になっているため、「おや? 妊娠したかな?」と実感するころには妊娠4週の妊娠2か月目に入っているというパターンが多いようです。


→次ページでは、妊娠超初期症状として現れる症状をご紹介します。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7

ライター紹介

小柚子

小柚子

福祉系大学を卒業後、福祉施設や社会福祉協議会などに勤務。その後、結婚、鬱による退職、3年間の不妊治療を経て、顕微授精にて待望の長女を出産。そろそろ治療再開を考え始めた1年半後に、まさかの自然妊娠にて長男を出産。思いがけず一姫二太郎に恵まれ、現在は家事と育児の合間に趣味の読書やピアノ、ハンドメイドを楽しみつつ、在宅ライターとして活動中。不妊治療、育児、美容・健康といったテーマを中心に執筆しながら、家事育児、趣味、仕事のバランスを上手に取る方法を日々模索しています。

ライター紹介

前田彩(桃花ちゃん)

前田彩(桃花ちゃん)

将来の目標は明るく楽しい人生を送ることです。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る