インドアな趣味に夢中なパパ。ママの声かけで子どもとのふれあいがアップ!

2018.10.05

こんにちは、黒田カナコです。

小1の息子と旦那の三人家族です。

インドアな旦那の趣味は、スマホゲーム。

同じゲームをもう何年も飽きもせずやっています。

ゲーム大好きなインドア夫にイライラ…

私が家事をやっていようが、子どもと遊んでいようが

一人で部屋にこもってスマホゲーム!

息子もおとなしく一人で遊んでいるのですが、

旦那に自分の世界に入られると腹がたつのは、私だけでしょうか。

もっと子どもとふれあってほしい!

パパと子どもが一緒に家にいる時間は限られているので

ふれあいの時間を作ってほしい!

そこで、あきらめずに声をかけます。

「遊んでやって!」と言うだけでは「何をして遊べばいいんだよ!」と

キレられます。

旦那は子どもと「遊びたくない」のではなく「遊び方がわからない」のです。

ママが得意な折り紙やお絵描きなどの遊びは、パパにはできません。

 

パパにできる遊びをママから提案

そこで、「パパにできる遊び方」を提案します。

最近は、将棋を子どもに教えてもらっています。

パパの得意な事や、ママができない事だと

「俺がやるしかない!」とのってきてくれます。

または、スゴロクやトランプなど

複数でしかできない遊びをしてパパも巻き込みます。

こうなると、終わるまでは誰も離脱できません!(ママも…)

「日曜の夜はパパと将棋をする」など

「遊ぶ内容」と「時間」を決める事で、パパとの時間を確保します。

ママの苦手な事だと、息子も素直にパパに「遊んで!」と言えます。

ちなみに、私がどれだけ将棋ができないかというと…

ハサミ将棋で息子にリアルに負けました!

とほほ…。

●ライター/黒田カナコ



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ