妊娠中の「カラダ」と「ココロ」の悩みを徹底解析!

妊娠中の妻の悩みは尽きません。

大変ですよね…

そんな悩める妊婦さんに、妊娠中に起こる悩みのいくつかの解決策をご紹介します。

パピマミで紹介された記事ですので、参考にしていただけると幸いです。

妊娠中に起こる「カラダ」の異変の解決策

妊娠中の女性は、つわりの症状がキツかったり、極度の眠気の襲われたりしますよね。妊娠しているだけで体には大きな負担がかかっていますから、体にも異変が起こりやすくなっています

自分の問題に合わせて、対策を練ってみてください。

眠気やつわりを和らげる方法

妊娠をしていても家事や仕事をこなす妊婦さんたちに良く起こる現象が、眠気です。徹夜していないのに徹夜したような眠気に襲われては、生活に支障が出てしまいますよね。

そんな眠気にお困りであれば、「【妊娠あるある】妊娠中の”眠気”ってどうすればいいの‥そんな悩みを抱えるあなたにオススメ!」を参考にしてみてください。イラストをもとに、眠気を上手にコントロールする方法を紹介しています。

眠気と同じくキツイのが、「つわり」。

つわりを簡単に説明すると、妊娠初期に訪れる体の不調の総称です。過度な眠気もつわりの一種だと言われていますが、ここでは分けて説明します。

「つわり」について詳しく知りたいときは、「想像以上にツラすぎる! 妊娠初期の“つわり”基礎知識&対策まとめ」が参考になりますので、読んでみてください。

つわりの症状は、その人そのひとで違います。ですので、ここで全てを説明するのは割愛させていただきます。

パピマミでは、たくさんのつわりの対策記事を書いていますので、ぜひそちらを参考にしてみてください

→「つわり記事一覧

妊娠中でも綺麗でいる方法

たとえ妊娠していても、キレイな体はキープしていたいですよね。でも妊娠中は激しい運動ができません。できないけど、痩せていたい!そんな悩みを抱えているのであれば、「妊婦さん必見! 妊娠中の筋トレの方法とは? 」に書かれているトレーニングを行ってみてください。

妊婦さんにも負荷のかからないトレーニング方法を紹介しています。

体型をキープする方法はわかりました。では、肌をキレイにする方法を紹介します。

妊娠後に気になる体の部位と言えば、お腹です。俗に言う「妊娠線」。スラッとした体をキープするためにも、妊娠線は残したくないところ。そんな悩みは「妊娠線は一生消えない?きれいな肌を保つために私がやった予防対策!」を参考にしてみてください。

妊娠線を目立たなくさせてキレイな肌を保つには、予防が大切。ただ、1つ注意があります。妊娠された方の中には、妊娠中に肌質が変化した感覚を覚えるようです。

肌がピリピリ…妊娠中の肌質変化に私がしたこと」を読んで、自分と照らし合わせて、美を追求していってください。

妊娠中に敏感になる「ココロ」の解決策

妊娠している妻の夫の話を聞くと、妊娠中の妻は気が立っている、とよく聞きます。お腹に子どもがいるので当たり前ではありますが、男性からしたら困惑してしまいますよね。

そんな妊娠中の女性の心の問題は、どのように解決すればいいいのでしょうか。

妊娠中の不安への対処法

妊娠中の女性の多くに発症するのが、不安症です。不安症と言っても、「体調が悪くなって子どもに影響が出ないかな」「よくわからないけど不安」のような、うまく言葉にできない不安のことです。

社会人で例えるなら、プレゼン前に緊張しすぎて頭が真っ白になったり、上司に怒られて自暴自棄になったときの心の状態に似ています。

社会人は、頭が真っ白になったり自暴自棄になったりする原因がわかりますよね。

しかし妊婦さんには、その症状が突然訪れるのです。大変ですよね。だからこそ、そんな不安を抱えたときの対処法は知っておかなければいけません。

でもどうやって不安を解消するの?とさらに不安になってしまうあなたには、「胎児にも悪影響が!? 妊娠中に不安になるワケと解消法11選」がオススメです。

不安を抱いてしまう原因から対策まで、網羅的に説明されています。もう少し簡単な説明だけでよければ、「「妊娠って辛い」にならない、出産前の気持ちの整理方法 」を参考にしてみてください。

妊娠中のスキンシップで心のケア

妊娠中に夫が浮気した…なんて話も、チラホラ聞きますよね。妊娠している女性は心が不安定なのに、さらに問題を投下されてはたまりません。

そこで、妊娠中だからこそできるスキンシップをしましょう。でも何をすればいいの?という疑問には、「心と会話が大切! 妊娠中の夫の浮気を防ぐスキンシップ4つ」が参考になります。実際の妊婦さんが使っていたスキンシップですし、どれも簡単にできますよ。

そして最後に、他の人には聞けないけど気になる夜の夫婦生活についてお話しします。

妊娠中って大丈夫なのかな?と疑問に思いますよね。「実際どうなの?妊娠中の夜の夫婦生活を聞いてみた」によると、11人の妊娠経験者のうち、7名が妊娠中も夜の夫婦生活を営んでいたそうです。

残りの4名は、夫が不安がってNGだったそうで。

もし心に余裕があるのであれば、ぜひ試してみてください。

まとめ

妊娠の悩みの解決策を紹介しましたが、「これってどうすればいいの?」と思ったら、病院へ行きましょう。ウェブ記事の情報は、しっかりと精査してください。

おかしな処置をして最悪の結果になったら、誰も報われませんよね。

健康的なお子さんを出産してくださいね。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡