離婚に悩む夫婦必見!離婚の原因と対策を徹底解析

・離婚したい

・離婚させたくない

いまのあなたはどちらの心境でしょうか。

離婚に悩む夫婦や離婚を未然に防ぎたい夫婦に向けて、パピマミ編集部が、離婚の「原因」とその「解決策」、そして「予防」について、お話しします。

離婚の原因パターンを知ろう!

風邪を引く原因が様々なように、離婚をする原因も様々です。

風邪を引いた原因が「昨日お風呂に浸かりすぎたからだ!」とは思いませんよね。もちろん1つの要因かもしれませんが、いくつかの問題が合わさったときに、風邪の症状が出るもの。

風邪と同じように離婚の原因も1つではなく、複数の問題があると思って問題ありません。だからこそ、いろんなパターンの離婚原因を知る必要があるのです。

離婚しそうな考え方の特徴

破局するのはどのタイプ? 周囲で“離婚”した夫婦の特徴と対処法」や「辛党でお酒好きはキケン? 離婚しがちな人に見られる特徴3選 」を読むとわかるように、離婚する夫婦の話を聞いていると、一定の法則のようなものが見えてきます。

価値観が違っていたり、金銭感覚が違っていたり。結婚する前は優しかったのに、結婚したらDVに変貌したり。

あなたはどうでしょうか。極端な考え方をしていませんか?

もし自分の考え方に疑問を持ったのであれば、「あなたにも訪れる?産後の離婚危機の考え方 」を読んでみてください。夫婦に亀裂が入る1つのパターンを理解できます。

妻や夫にイライラしていても、イライラするだけなら問題ありません。ありませんが、その思いを口に出してしまうと離婚の危機につながります。

言っちゃってるカモ? 夫が離婚を考える“妻の無神経な一言”3つ」に書かれている3つの言葉は、男女問わず言われたら傷つく言葉です。離婚したくなるのも頷けます。

自分が相手に対して、ヒドイ言葉を言っていないか、確認してみてください。

繋がっていたと思っていたのは自分だけ?

離婚を切り出した経験のある方のお話を聞くと、相手がものすごく驚く、とおっしゃいます。

ネット上では、

女は男の浮気をわかる

・男は何も知らない

というような意見であふれていますよね。

しかし現実は、「20年待った!? トツゼン離婚を切り出す夫の気持ちと対処法」に書かれているような状況になり得ます。20年も前から離婚したいと思っていたことに、妻は一切気付いていなかったわけですから。

仲良しだったのにナゼ!? おしどり夫婦が突然離婚してしまう理由」を読んでもわかるように、周りからおしどり夫婦だと思われていて、片方が本当におしどり夫婦だと思っていも、もう片方はウンザリしているかもしれません。

自分たちは本当につながっているのか?を考えるのは、離婚を防ぐ上で大切なのではないでしょうか。

実体験からわかる離婚問題を解決する方法

離婚の原因がわかったら、次は離婚を解決する方法を考えてみましょう。解決といっても、「夫婦円満に戻りたい」「もう終わらせたい」など、十人十色ですよね。

ここでは、離婚を防ぐための解決策をご紹介します。

夫婦間での価値観のすり合わせ

離婚危機に陥る夫婦の問題は、「夫婦の「すれ違い離婚」を防ぐ3つの方法」にも書いたように、価値観のすり合わせを行なっていない夫婦は、離婚率が高いうえ、夫婦の満足度も低い傾向にあります。

価値観や金銭感覚がズレているのは、ガソリンで動く車を水で動かそうとするようなもの。結婚の前提としてムリが生じてきます。

離婚の危機にまで発展!私は産後の夫婦関係の危機をこう乗り越えた」には、すり合っていなかった価値観を元に戻すことによって、離婚を乗り越えたエピソードが紹介されています。

不倫から修復した例も!? 主婦たちが離婚危機を乗り越えたエピソード3つ」の3つのエピソードも、解決策は「価値観」が重要になっています。ぜひ、自分の家庭と照らし合わせてみてください。

離婚を突きつけられたときの対処法

離婚するor許す? 夫が不倫したときに妻たちがとる対応ランキング」は、パピマミ編集部が453人にアンケートを取った結果から導き出されています。

1位が「話し合いの上で判断する」。2位が「問答無用で離婚する」でした。

このランキングは妻にアンケートを取っていますが、夫に取っても1位は同じになるでしょう。結婚した相手ですから、問答無用で離婚を考えたりはしないはず。その点を踏まえると、離婚しようか迷っているときに、参考になるのではないでしょうか。

パピマミ編集部が593人にアンケートを取った「問答無用で離婚? 夫が専業主夫を希望したときの妻の対応ランキング」のランキングも興味深く、夫が主夫になりたいと提案したときの妻たちの対処法を紹介しています。

5位に、「離婚する」があり、すぐさま離婚しようとはならない様子。もし離婚を突きつけられたのであれば、まずは「話し合う」ことが何よりも大事ですね。

まとめ

離婚の問題は人それぞれで、やり方も考え方も違ってきますよね。「自分たちはどうすればいいんだろう?」としっかりと夫婦で考えて、納得のいく答えを出していきましょう。

あなたが幸せになることを願っています。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡