• TOP
  • 育児(0~2)歳
  • 習う前に聞いて損ナシ!子供の運動系習い事の月謝と予定外費用

  • 習う前に聞いて損ナシ!子供の運動系習い事の月謝と予定外費用

習う前に聞いて損ナシ!子供の運動系習い事の月謝と予定外費用

習う前に聞いて損ナシ!子供の運動系習い事の月謝と予定外費用

こんにちは。メンタルケア心理士の桜井涼です。

子どもの習い事は、初期費用と月謝、必要な道具類だけで済むと思っている方が多いのではないでしょうか。

今回は、予定外費用に驚いたママの話と、費用の一例、さらにはチラシには書かれていない費用の聞き方を書いていきます。

予定外費用に驚いたママの体験談

今回は、娘(小4)にジャズダンスを習わせているママと、息子(中2)水泳を習わせている著者の話をします。

【習い事:ジャズダンス】

娘がジャズダンスを習い始めたのは、小3の秋からでした。スポーツクラブの中でジャズダンスのキッズクラスがあると知り、説明を聞きに行きました。

練習は週1回、入会金3000円で月謝7000円、年会費3000円がかかると言われました。

道具も動ける服装で、靴も内履きで良いとのことでしたので、揃える物はほとんどない状態で始められました。

しかし、数ヶ月後に発表会があるとのことで、衣装や打ち合わせ練習時のおやつ、当日のお弁当、ダンス用のシューズなど費用がかかり、大きな負担でした。

しかもダンサー(娘)にお花などのプレゼントを当日すると知らなかったので慌てて用意することに。こんなにかかるものなのかと主人とびっくりしました

【習い事:スイミング】

息子が「スイミングをやりたい」と言いだしたのは小2の春です。隣町にあるスイミングクラブに入会しました。

そのときは入会金免除キャンペーンをしていたので、月謝8000円(週2回練習)とバス利用料が月1000円、水着などの指定用品が総額6000円で始めることができました。

ここまでは、月謝とバス利用料だけでやってこられました。

3年後、5年生になった息子は、四泳法をマスターしたときに、選手クラスのコーチから選手クラスに入らないかと誘われ、小5の冬から選手クラスに移動。

そこからさまざまな費用がかかるようになりました。

大会用の水着や練習用の道具、指定のジャージや大会費、合宿費、遠征費、毎日の送り迎えなど、かなりの費用がかかるようになりました。

関連記事:スポーツが脳に与えるメリット3つ

発表会や大会などにかかる費用の一例

習い事をする前は、月謝と練習時の飲料代などといった小さい費用がかかるだけと思いがち。

しかし、発表会やコンテスト、大会など、多くの習い事には出なければいけないことがあります。

ここで、前出の方達の予定外費用を見てみましょう。

【ジャズダンスの場合:1回の発表会でかかる費用】

・合同練習時のおやつや飲料(3回分):5000円(みんなで分けられる用の物)

・衣装代(2曲分なので2着+チームTシャツ1枚):8900円

・ジャズダンス用のシューズ:8000円

・発表会当日のお弁当と飲み物(子どもの分・2食分):1500円

・ヘア用品(セットは自前):1500円

・最後に渡す娘へのお花代:3500円

・DVD代:3500円

合計で31900円です。(1回の発表会)

その他、交通費や付添いの食事代、飲料代など細かいものを入れたら4万円は超えると聞きました。

発表会は、年に2回あるというので、月謝以外に年間8万円を準備しておかなくてはならないということになります。

【スイミング・選手クラスの場合:年間】

・遠征費:約3万円×7回(お弁当など込み)

・地方大会:約2000円×2回(大会費のみ)

・大会時の飲料やゼリーなど持たせる物:約2000円×9回

・チーム水着:約1万円

・選手登録料:1500円(年間)

・練習用道具(ゴーグル・パドルなど):約1万円

・練習用水着:約5000円×3回

合計で、26万8500円がかかっています。

遠征の度に応援に行く場合は、家族の宿泊費や交通費などがかかってくるため、見えない費用がもっとかかっていることは確かです。

月に換算すると、月謝以外に22375円かかる計算になります。

思っていた以上に予定外費用は多いものです。

では、習う前にチラシには載っていない情報を聞き出すためにはどうしたらよいかという部分をみていきましょう。

関連記事:習わせたいスポーツはこれ!ゴルフ・体操・もう一つはあのスポーツ

始める前の質問の投げかけ方

前出のママは、「ダンスの経験がなかったので、月謝しかかからないと思っていた」と話していました。

チラシにはない予定外費用の情報は、始める前に聞き出すことができます

最初に、「閉じた質問」と呼ばれる、ハイかイイエで答えられる質問をします。ここで、予定外費用がかかりそうかどうかを判断することができます。

例:

「練習のした成果を発表する機会はありますか?」

「大会などはありますか?」

次に知りたいのは、大まかな数字ですよね。その場合は、「開いた質問」と呼ばれるハイかイイエで答えられない質問をしましょう。

例:

「1回の出場でどのくらいかかりますか?」

このあたりを質問すると、おおよその目安が出てきます。その分をどのようにして工面するかを家族で話し合うことができるはずです。

関連記事:親子で楽しめるスポーツ3選! そのうちの一つはなんと○○○だった!

まとめ

子どもに習い事をさせたいというママ達はたくさんいます。

どのような教室に通わせるかの判断基準の1つとして、予定外費用は大きく関わってきますね。

すべての習い事に予定外費用がかかるわけではありませんが、入会前にしっかりと聞いておくと、安心して習わせることができるのではないでしょうか。

【参考書籍】

面白いほどよくわかる!心理学の本

著:渋谷昌三

 

  • ライター/桜井 涼

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

PICKUP こちらもおすすめ

CATEGORY

カテゴリーから探す