絵本や音楽がいいの?0歳の赤ちゃん教育の是非!

早めの幼児教育を!

街に出かければ、幼児教育を専門にしている塾があるほどです。

でも塾に行かせるほどでもないし、私たちは何をしたらいいのやら…と悩みますよね。誰かに相談するにも、ママ友もいないし、思い悩んでしまいがち。

今回は、そんな0歳児から出来る教育方法をパピマミ編集部が紹介していきます。

絵本の読み聞かせは0歳からの赤ちゃん教育

絵本の読み聞かせって教育なの?と思われるかもしれません。しかし0歳の赤ちゃんでも、きちんとした教育のひとつになります。というのも、読み聞かせにはさまざまな効果があります。

まず赤ちゃんにとってママの声や温もりを感じる精神的な発達を促します。赤ちゃんにとってママの声は安心しますから、たくさん読んであげてください。

絵本を持っていなくても、保健所の乳児健診のときに絵本を貰ったり、図書館でお子さんの月齢にあった絵本をレンタルできます。月数の浅い赤ちゃんは、内容を理解しづらいかもしれません。

しかし、読み聞かせてあげることが何より大事なのです。

関連記事:保育園は0歳から考えなきゃいけない?結構知らない幼稚園・保育園を考えるタイミング

子育て支援センターは大事な教育の場

子育て支援センターは、赤ちゃんと何をしたらいいか分からないママたちの学校でもあります。

施設によって保健師さんや看護師さん、栄養士さんに相談できます。もちろん、ママの学びの場だけでなく、赤ちゃんの発達に繋がることがあります。

他の赤ちゃんに触れると、観察力や感情の発達にも繋がります。月数の早い赤ちゃんの行動を真似してみたり、たくさんの人たちに囲まれてみたり。

我が子の成長を一緒に楽しみましょう。

支援センターにあるおもちゃは、消毒されていたり安全な物ばかりなので子供たちもたくさんの物に触れられます。開催されているイベントの多くは、ママだけじゃなくパパも参加できるので近くの施設をチェックしてみてください。

関連記事:世間では賛否両論? 子どもを0歳から保育園に入れるメリット5つ

0歳の赤ちゃんだから出来るリトミックの教育法

リトミック教室」を知っていますか?リトミックとは、スイスで生まれた音楽の教育法です。

音楽に合わせて手遊びをしたり踊ったり、音を鳴らしてみたりと、家ではやりづらいことを行います。もちろん、お友達を作って一緒に楽しめますし、パパも参加できます。

楽しみながら音楽に集中すれば、豊かな表現力が養われます。踊りにもメリットがあり、基礎体力やリズム感を身につけられます。また自分とは違う他人の表現力を感じられると、他人を受け入れる精神も身につき、友達も作りやすくなります。

リトミック教室に通うと、大人になるにつれて必要な精神力と体力を養えるのです。教室によって雰囲気ややり方も違うので、まずは近くの色々な教室を覗いてみましょう!

関連記事:え、あれもしなきゃいけないの?子どもが0〜2歳の間にママがするべきこと

0歳の赤ちゃんは家の中での生活が教育の場になっている

赤ちゃんは、家の中の生活でも成長に繋がる経験をたくさんしています。

まだ新生児の赤ちゃんは、目が見えなくてもママやパパの声、ママのおっぱいの味、洋服の肌触りや沐浴の水の触り心地を理解しています。そのうち目がはっきり見えてくるようになると、いつも置いてある家具やおもちゃに興味を持ったり、思考力や感情にも変化をもたらします。

離乳食が始まると食べ物の存在や味覚を認識し、もっと赤ちゃんの世界が広がっていきます。ハイハイを始めて色んな場所に狙いを定めて移動することや狙ったものを手で掴むこともまた成長の過程では必要なこと。

優しい目で見守るだけで、赤ちゃんは勝手に成長していきます。

関連記事:赤ちゃんは見てる! 「0歳児の子育て」で大切にすべきコト4つ

まとめ

赤ちゃんの教育は他にもたくさんあります。0歳から海外生活をすれば2カ国語を難なく話せます。0歳から出来ることは無限にあり、子どもの可能性が大きく広がります。

0歳からの教育を重視するママもどんどん増えてきて、今では0歳から当たり前のように習い事をしています。

ぜひ、考えてみてください。

●文/パピマミ編集部

その他の関連記事はこちら

関連記事

こんにちは、ユキミです。2歳になるイヤイヤ期真っ盛りの息子ユキタに日々振り回されている、新米母さんの日常をお送りしています。早いもので、息子も3歳のお誕生日を数か月後に控えました。知れば知るほど恐ろしい……今後の教育費も[…]