魔の3歳児!男の子の子育ての悩み

イヤイヤ期の2歳児を無事終え、やってくるのは「魔の3歳児」。

体もしっかりしてきて、体力もつき、口も達者になるこの時期。

自己主張が強くなり、自分の主張が通るまで暴れる姿はまるで反抗期のよう。そんな魔の3歳児を乗り切るコツをパピマミ編集部がご紹介します。

3歳の男の子の特徴は?

3歳の男の子の特徴は、これまでのような赤ちゃんぽさがなくなり、子どもらしくなること。

体も大きく、体力もつき、力も強くなります。口もたっしゃになり、まるで小さな大人のように、上手に話ができるようになります。

ママやパパとの会話のキャッチボールができるようになる時期で、ママとパパも子どもとのコミュニケーションが楽しくなる時期です。ですが、自己主張が強くなり、「魔の3歳児」といわれる時期に突入するとも言われています。

2歳のイヤイヤ期と違って、3歳になると「この服はイヤ」「この靴じゃなきゃおでかけしない」「これが食べたい、これはイヤ」と自己主張が激しくなり、喜怒哀楽もすごく、ママやパパはくたくたに。

抱っこしてなだめようとしても逃走!ベビーカーに乗せようものならモーダッシュと、まさに反抗期のような時期です。

関連記事:どうしてできないの!? 2〜3歳児の子育てがうまくいかないワケ

反抗期がやってきた?!3歳児を育てる悩み

反抗期がやってきた3歳の男の子の子育ては悩みがつきないもの。

「息子のいうとおりにさせて機嫌を取り、過保護ではないか」「すぐに暴れるから疲れちゃう」と、悩みがつきないママやパパも多いのではないでしょうか。3歳児は、なんでも自分で決めたいのです。

親の思い通りにいかなくなる年齢なのです。ママとしては、男の子の行動は摩訶不思議。

絵本を読んでいたと思いきや、急にその絵本を積み木がわりに家を作りだしたり、傘をもたせれば剣になり、戦いごっこをはじめたり、ポケットからは虫がでてくるわ、理解に苦しんでしまいます。

幼稚園に通い始めれば溢れるパワー全開でお友達と楽しく遊びます。やりたいことに夢中で先生の話も聞かず遊びに一直線です。さらに好奇心が旺盛になる時期でもあり、「なんで?」「どうして?」「あれはなに?」といった質問攻めになることも。

知りたいことがたくさん溢れ、知ることの喜びをかみしめているのが3歳の男の子なのです。

関連記事:3歳児神話ってホント!? 子どもを保育園に入れたい年齢ランキング

魔の3歳児を乗り切るポイント

3歳の男の子の子育てを乗り切るポイントは、時間に余裕を持つこと

自分の時間に子どもを合わせようとすると、どうしてもイライラしてしまいます。「今夜は早く寝たいのに、ふざけてばかりで、ちっとも寝てくれない」と、自分の都合で子どもを自分の時間に合わせようとすると、合わせてくれないことにイライラ。

なんで?どうして?ちゃんとしてくれないの?とイライラするママの姿に、子どももだんだん機嫌が悪くなってきてしまいます。

時間には常に余裕を持たせ、子どものペースで行動するようにすると、不思議とイライラが軽減。時間と心に余裕をもって魔の3歳児を乗り切りましょう。また、好奇心旺盛な「なぜ?」「どうして?」にも、イライラしがちですが、子どもは知ることの喜びを日々感じています。

「うるさいな」と思うとイライラしてしまうので、「この子はまた一つ知るよろこびを感じている」と思うことで、質問に答えることも楽しくなります。一緒に知る喜びを体験してあげましょう。

関連記事:自己主張の激しい3歳児を落ち着かせる「魔法の言葉」

魔の3歳児もいい思い出になる?

悩みのつきない3歳の男の子の子育て。くたくたな毎日ですが、二度と訪れることのない、かけがえのない時間です。

子どもが大きくなって振り返ったときには、「あんなこともあったな~」と、ほほえましく思い出されます。

大人ぶった、一人前の言葉を話す小さな3歳児が、思い切り喜怒哀楽を爆発させ、楽しいことに全力投球し、好奇心で目を輝かせ、ときには自分のこだわりをアピール。一歩引いて、大人を気取った小さな3歳の男の子の成長ストーリーを楽しんでみてはいかがですか。

どうしても疲れたときは、きちんと休息をすることが大事です。疲れがたまるとイライラしやすくなってしまいます。子どもはママの合わせ鏡。ママの機嫌やイライラがすぐに子どもに伝わって、子どもも不機嫌になってしまいます。

自身の休息や息抜きも上手にして、魔の3歳児の成長を楽しみましょう

まとめ

魔の3歳児ともいわれる3歳男の子の育児は大変そのもの。

そのパワフルさと、自己主張と、好奇心に疲れがたまります。しかし自分ひとりで抱え込まず、お友達と公園で遊ばせたり、家事育児を休ませてもらったりと、魔の3歳児に立ち向かうための工夫をしましょう。

大変な3歳児男の子の育児ですが、成長を楽しみながらイライラせず一緒に楽しんで乗り越えましょう。

●文/パピマミ編集部

子育てのわがままにお悩みの関連記事はこちら

関連記事

子育てをしているママには、子どものわがままに頭を悩ませる人も少なくありません。そこで今回パピマミ編集部が、子供のわがままについての解説と共に、上手に改善していく方法について詳しくご紹介していきます。わがままの性質を見極める[…]

関連記事

うちの子は「わがまま」で困る…そんな悩みを抱えていませんか?子どものわがままは、大人に屁理屈のように思えても、子どもにとっては理屈が通っているケースがほとんど。視点をズラすだけで、子どものわがままを読み取れるのです。[…]