男の子ならでは?子育ての悩みと解決法

女の子を育てた夫婦の話でも、男の子を育てるときは苦労します。

もちろん逆も然りです。そこで今回は、男の子を子育てに悩んでいる夫婦に、パピマミ編集部が解決法を紹介します。

とにかく動き回って落ち着きがない

まずは、男の子の傾向を把握しましょう。

女の子と違って、じっとしていられなかったり、考えよりも先に体が動いてしまったりしがち。大人しいと言われている男の子でも、気になるものがあるとパッと体が動いてしまうことも。

子育てサークルでみんなが落ち着いて絵本を読んでいるときに、走り出してしまって決まりの悪い思いをしたり、散歩中に突然走り出して車に惹かれそうになったり、気持ちが休まらないかもしれません

とくに、公共の交通機関を利用して移動するときは、気をつけましょう。じっと座ってられないタイプの男の子が、電車やバスの中で走り回ったり、大きな声で騒ぎ出したりすると周囲の目もあり、つい怒りすぎてしまい後で後悔するということもよくあります。

関連記事:男の子は特に注意! 子どもに多い交通事故の特徴と安全対策のコツ

面倒くさがりで散らかし放題

男の子に多い悩みの種に、使ったものを片付けない、が挙げられます。次から次に、おもちゃを出すけれど片付けの時間になると逃げてしまったり、片づけ方が分からなくて途方にくれたり。

大人の男性にも、片付けが苦手な方は多いですよね。

散らかし放題で片付けをしない理由は、一つに面倒くさいということ。女の子に比べて男の子は、細かい作業が苦手がちな傾向にあります。

また、遊ぶことに全力のエネルギーを向けるので、片付けのときにはすでにパワーを使い果たしてクタクタになっていることも。片付けが嫌で逃げ出してしまう所も、甘えん坊な男の子によくみられることです。

関連記事:いきなり飛び蹴り!? 現役ママが語る「男の子の理解できない行動」6例

詳しい説明が苦手で保育園や学校での様子がわからない

男の子は、自分の行いを大っぴらにするのがあまり好きではありません。その証拠に、女の子のように自分が感じたことや経験したことを話してくれる機会は少ないはず。

夫婦からすれば、保育園や学校での子どもの様子を知りたいと思うのは当然です。ですが、男の子は「今日は何して遊んだの?」と聞いても、「別に。」「忘れた。」などのそっけない返事が返ってきますよね。

そのため、しつこく質問をしてしまいますが、しつこくすればするほど、男の子は返答が面倒になりますます口を閉ざしてしまうようです。

関連記事:女の子とは別の生き物? ママが余裕を持って“男の子”を育てるコツ3つ

男の子の子育ての悩みへの対処法

男の子の子育てで抱える悩みを解決するには、男の子には男の子の考え方や世界があることを理解することが大切です。当たり前の話ですが、自分の価値観で考えすぎると、男の子の言動は理解不明になりがち。

大人でも同じですよね。

男の子にはそういう部分があるということを理解したうえで、対応策を練ってみましょう。

例えば、落ち着きのない男の子は、混雑する時間帯の公共交通機関の利用を避けたり、昼寝の時間を移動の時間と合わせてみましょう。また、子育てサークルに飽きてしまっても大丈夫なように、お気に入りのおもちゃを何個か持っていくと効果があります。

面倒くさがりで片付けができないタイプの男の子は、一緒に片付けをしてやり方を教えるのがおすすめです。甘えん坊でお母さんが大好きな子が多い男の子は、隣で誰かが一緒にやってくれるとしぶしぶながらも片付けができることが多いです。

質問にきちんと答えてくれないタイプの男の子は、本人から無理矢理話を聞きだそうとせず、子供の友達や保育園の先生などに話を聞くようにすると良いでしょう。おしゃべり好きな女の子の友達に話を聞くと、外での様子がよくわかります。

関連記事:男の子の育児、ある時期からパパの存在がありがた〜くなる理由って?

まとめ

男の子を「理解できない」「手に負えない」と感じる夫婦もいらっしゃいますよね。しかしその分、予想のつかない言動を楽しむことで男の子の子育ては充実したものになります。

甘えん坊でお母さんが大好きな男の子は、母親にとっても小さな彼氏のようで愛しい存在です。単純で真っすぐな考え方なので、理解すると対応策を考えるのは意外と簡単です。先回りして対策を考えておくことで、ストレスを軽減することができます。