子育てで困った!子どものわがままとその原因

子育てで困る場面があります。

手がふさがって忙しいときほど、「子どもが言うことを聞いてくれない」「わがままを通そうとする」

こんな場面が、たくさんあります。そんな場面に遭遇したとき、私たちはどうすればいいのでしょうか。

その解決策をパピマミ編集部がご紹介します。

なんで言うことを聞いてくれないの?

私たちは、まず子どものわがままの原因を探ろうとします

「両手がふさがっているのに抱っこしてと言うのか?」「寝るべき時間にまだ起きていたがるの?」などなど。

子どもが返す言葉は「抱っこしてほしいの!」「今じゃないといやなの!」「まだ遊んでいたいの!」など答えらしきものではあるけれど、分かったところで何の解決にもならない「今の状態」の報告であり、私たちになす術はありません。

抱っこするか、いま取りに戻るか、遊ばせるかしない限り、解決しない問題なのです。要するに親側の要望に沿わせることは無理なのです。

関連記事:ママならみんな共感できる?2歳児の「イヤイヤ期」「赤ちゃん返り」奮闘記

どうしたら言うことを聞いてあげられるのか

大人である私たちは、視点を変えてみましょう。つまり「どうやったら子どもの要求をきいてあげられるか」という視点から解決をさぐるしかないのです。

例えば、抱っこするには両手に抱えている荷物をいったんここに置くか、家まで運んでからしかできない。一度、子どもと離れ離れにならないと叶えてあげられない。

おもちゃを取りに戻るには、車で1時間離れた祖父母の家まで戻らないといけないので、そうすると晩ごはんの時間がずれて遅くなり、子どもの好きなハンバーグを作る時間が取れなくなるかもしれない。

いま寝ないと明日の朝に起きるのが遅くなり、楽しみにしているテレビが見られないとか午前中の散歩ができなくなる、などです。

それでも聞いてほしいの

理屈が分かる年齢で聞き分けの良い子ならば、それで引き下がってくれることもまれにあります。

でもそんなパターンは滅多にないでしょう。ほとんどのお子さんは、たとえ理屈が分かっていたとしても自分の要求を通してほしいものです。

要求の内容を通したいというより、「大好きなお母さんが困難な状況でも自分を一番尊重してくれる」という満足感を得たい、というのが本当のところ。

お母さんの愛情を確認するための、試し行動の一種なのだと言えます。でも、そんなせっぱつまった状況の中で愛情を確認するのにいちいちつき合っていられないのが、日々の生活というものでしょう。

それでは、わたしたちはどうしたらいいのでしょうか?

切り抜ける方法を考えておく

長い子育て、手を抜くことも大切です。

旦那さんがいれば、抱っこしてもらってあやしたり、迷惑にならない場所に移動したり。

まずは切り抜けるためのルールのようなものを考えましょう。愛情確認のための可愛らしいイヤイヤですから、上手にコントロールしましょう。

こちらにも都合があると知ることは、子どものためになることなのですから。

関連記事:まだ”お友達”とは一緒には遊べない?男女別、2歳児のリアルな生態とは?

まとめ

家族でも人間関係で一番大切なのは、信頼関係です。

教育的に良いか悪いかよりも、子どもとの関係に良い対応は何かを考え、それに従って幸せに過ごすことが家族のプラスになります。

世間でいう理想の対応がベストとは限りません。あとで振り返ったときに、あの頃は楽しかったなと思える幼少期を一緒に過ごしてください。

●文/パピマミ編集部

イヤイヤ期に関する記事はこちら

関連記事

こんにちは、こじめです!突然ですが皆さんは、もうお子さんのイヤイヤ期を体験されたでしょうか?これからの方、既に終えられた方、まさに真っ只中な方もいらっしゃる事でしょう。かくいう我が娘は、真っ只中でございます。[…]

関連記事

こんにちは、もつです!普段はInstagramでイヤイヤ期真っ最中の2歳の娘の絵日記を書いています。そんなイヤイヤ期、子どもが大好きな旦那の本音を聞けた時がありました。旦那は本当に子どもが大好きで、10代の頃からよく[…]