子育てに旦那が協力しない状況への対処法

子育てに旦那が協力してくれない、と悩んでい妻はたくさんいます。

問題が根深くなれば夫婦仲は悪くなり、大きな亀裂が生じます。そこで今回、うまく旦那に動いてもらえるような対処法をパピマミ編集部が紹介していきます。

まずは考え方を見つめ直す

旦那へのイライラを漠然と募らせるだけでは、何も変化していきません。まずは考え方を見つめ直すことが重要です。

旦那に多くを求めているとフラストレーションが溜まりますよね。そもそも旦那は、毎日外で働いて家庭を支えているので、心身共に疲れて帰ってきます。

にも関わらず、毎日のように子育てを要求するのは酷だと言えるでしょう。

本当に旦那が担当するべき分野なのか、主婦としてベストの働きができているか客観的に見なければいけません。

闇雲に文句を言ってしまうと喧嘩になってしまいがち。自分にかかっている負担を順序立てて説明しましょう。すると、旦那も理解を示しやすくなります。

関連記事:2人目妊娠、絶賛ツワリ中に上の子が赤ちゃん返り!その時、救世主となった旦那の行動

二人の子どもであるということ

子どもは紛れもなく二人の愛の結晶です。旦那が働きに出ているなら、女性が率先して育てるしかありません。しかしパートに出ていれば、負担も大きくなります。

もし旦那が「子育て=女性の仕事」と定義しているのであれば、その定義を変えなければいけません。二人の子どもなので、二人で育て上げるのが普通だという主張をすると有効です。

歴史を振り返れば分かるように、子育ては完全に女性の仕事でした。しかし女性の社会進出が当たり前になった今では、崩壊しつつある考えです。つまり、疲れているから子育てをしないという主張は通用せず、ただの怠慢とも取れてしまいます。

もし子育ての知識が少ないのであればいきなり全てを任せるのは酷なので、少しずつお願いしてみましょう

関連記事:共働きでも大丈夫! 旦那さんと仲良く家事分担する方法

子どもの為に二人で子育て

子どもに好かれたいのは、全ての親の願いと言っても過言ではありません。子どもが親をしっかりと認識して、頼ってくれるのは嬉しいものです。しかし子育てにあまり参加しない旦那を子どもが好むでしょうか。

現状は旦那にとっても好ましくないので、危機感を煽るという形で子育てをお願いするのも良い手段です。

さらに、子どもにとっても夫婦二人の愛を受けた方が良い育ち方をします。親の愛情を十分に受けなかったり、どちらか一方に育てられた子どもは問題行動を起こす確率が上昇するというデータもあるほどです。

当然、問題を起こさずに健全に育ってほしいと願うのが親としての考えなので、このような意味でも旦那は無関心ではいけません。

関連記事:子育て中も旦那くんとの時間を。おうちで味わえる小さなデートプラン

夫婦関係の破綻をにおわせる

どれだけ説明しても理解せず、一向に協力しないのであれば、夫婦関係の破綻をにおわせるのも悪くありません。

本当に破綻するのは避けたいので、あくまでにおわせるだけです。それだけ苦しんでいる、ストレスが溜まっているということを伝えるだけでも旦那の考えや行動が変わるでしょう。

感情的に伝えてしまうと喧嘩になって論点がズレかねないので、冷静に伝えるようにします。
少しでも旦那が反省の色を見せたら、子育てに関する情報を伝えてオムツ交換などを直ちに実践してもらいます。

明日から実践するなど子育てを先回しすると、結局何も変わらない日常を迎えることになりかねません。子育て関連で離婚するとなると、悲しむのは子どもです。

関連記事:結婚にも子供にも興味がなかった…自由を愛する旦那の本音

まとめ

子育ては、何もかもが初めての経験でストレスも溜まります。二人で四苦八苦するのであればまだ明るい気持ちにもなれますが、協力すらしないというのは問題のレベルが異なってきます。

険悪なムードになって会話が少なくならないように、毎日の会話は心掛けましょう。しっかりとコミュニケーションをして、双方の考えや言い分を突き詰めていけば、納得のいく答えが導き出されるのです。