• TOP
  • 育児(0~2)歳
  • 忙しい子育て中の働き方?パート勤務のお金や時間事情

  • 忙しい子育て中の働き方?パート勤務のお金や時間事情

忙しい子育て中の働き方?パート勤務のお金や時間事情

忙しい子育て中の働き方?パート勤務のお金や時間事情

プロカメラマンによる無料親子撮影会

働き方改革や待機児童問題など、女性にとって働きやすいとは言えません。

しかし、「働きにくいから、働かない」という選択肢を選べる女性は少ないのではないでしょうか。

専業主婦のママやフルタイムで働いているママたちが知らない子育て世代のパート事情について、パピマミ編集部ご紹介します。

子育てスタートで一変!このままで働ける?

結婚しても働き続ける女性も増え、「寿退社」という言葉も聞かれる機会が少なくなりました。

夫婦二人だけの生活は仕事の忙しさをお互いに感じながらも、自分たちの時間は自由に使え、家賃や光熱費などの費用は一人暮らしよりも負担が減って助かっている様です。しかし、妊娠して子育てが始まると生活は一変します。

今まで自由に使えていた時間はなくなり、子供中心の生活が始まります。授乳やおむつ替え、寝かしつけの繰り返しでママはへとへとになってしまい、日中家にいないパパはどうしていいかわからない日々が続きます。

そんな日々でも”職場復帰”の日は刻一刻と迫ってきます。女性たちは職場復帰に不安を感じ、「できることなら仕事にいきたくない。せめてパートに切り替えたい」なんて考えるママさんの声も。

関連記事:実家トラブル?お金トラブル?そんな時こそ夫婦で棚上げを!

パートに変わるとお給料ってどうなるの?

職場復帰を機にパートへ切り替えたいのであれば、立ちはだかるのは「お金の壁」と「保育園の壁」です。まずは「お金の壁」について考えてみましょう。

パート勤務の多くが時給制であり、フルタイムに比べ給料は安くなります。しかしメリットもあります。パート勤務に切り替えると、夫の扶養に入れるのです。

一般的に年収130万未満の配偶者のみが夫の扶養に入り、健康保険や国民年金の保険料を払わなくてもよいというメリットが得られるのです。そのため、130万円を超えない様に仕事をセーブする必要があります。

パートでも保育園って入れるの?イマドキ保育園事情

さて、子育て世代のパート勤務に立ちはだかるもうひとつの壁が「保育園の壁」です。

パートでも保育園に入ることはできるの?」という質問を聞きますが、答えはYESです。保育園の入所の条件として、昼間自宅から離れて働いていることや子供と離れていることなどがあげられます。

パート勤務でもこの条件にはあてはまるため、保育園に入所できます。しかし、待機児童が多い自治体によってはパート勤務では保育園に入所できません。

パート勤務だとフルタイムに比べ勤務時間が短いために、保育の必要性を示すポイントが低くなるからです。また保育料の問題もあります。

3歳未満児の保育料は3歳以上児より高く設定されており、場合によっては給料のほとんどが保育料に消えてしまうことも。

パート勤務を選ぶ理由。今しかない「子供との時間」

ここまでパート勤務のお金や保育園事情について紹介してきました。

パート勤務の良し悪しが、ザックリとわかったでしょうか。パート勤務はデメリットが多いように感じますが、今しかない子育ての時間を確保できるとも言えます。

パート勤務であれば、残業時間はありません。帰宅後に夕食準備や子供のお風呂入れ、寝かしつけをゆっくりと行え、子供と長時間過ごせるのです。

パート勤務であれば、フルタイムでは難しい子供の習い事の送迎もできます。また、子供が小学校に入学すると授業参観やPTAなどで学校に出向くことが多くなります。

その際にもパート勤務だと休みの調整がききやすいため、子供の成長した姿を見続けられるのです。

関連記事:習い事はさせてあげたいけど、家計が心配…。そんなわが家のやりくり術

まとめ

専業主婦、パート勤務、フルタイム勤務、子育て世代のママにとって選択肢は様々。

子どもが小さい、という理由でパートや専業主婦を選択したり、子供の手が離れていくうちに、自分の希望通りバリバリ働いたり、やり方は多様にあります。

フルタイムで働くのも、子どもにとっては母親の一生懸命働く姿の良い手本となります。それぞれメリット、デメリットがあり、そこに悩むお母さんたちもたくさんいるでしょう。

どんな選択をするにも情報収集をし、自分にとっての優先順位を考えて後悔しない選択をしたいものです。

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

PICKUP こちらもおすすめ

CATEGORY

カテゴリーから探す