• TOP
  • 育児(0~2)歳
  • 子育ての今しか残せない記録は絵日記で楽しく残す!

  • 子育ての今しか残せない記録は絵日記で楽しく残す!

子育ての今しか残せない記録は絵日記で楽しく残す!

子育ての今しか残せない記録は絵日記で楽しく残す!

プロカメラマンによる無料親子撮影会

子育ては、授乳や離乳食、おむつ替えや着替えなど、毎日時間に追われ一日があっという間。

しかしその分、子どもの成長もあっという間です。

そんな今しか見れないわが子の成長を記録しておきたいと思う夫婦も多いはず。そこでパピマミ編集部が、子どもの成長を楽しみながら記録できる絵日記についてご紹介します。

子育てを記録するとは?

子育てを記録する方法として、子どもの成長や一緒に過ごした思い出を記録する育児日記」が一般的です。

写真で残される方も多いですよね。

育児日記には、授乳の時間やミルクを飲んだ量、体重や予防接種の記録、初めて覚えた言葉などを書きとめておきます。5年ほど前までは、ノートや母子手帳に記録するのが一般的でした。

しかし最近は、SNSの普及によりインターネット上に記録しているお母さんも多くいらっしゃいます

ブログやインスがグラムにはコメント機能があるため、同じ子育てをしているお母さんとのコミュニーケーションがとれるも、インターネットで記録する利点の1つ。

普段知り合えないようなママ友と仲良くなれたり、身近な人に相談しにくいことも気軽に相談ができるメリットがあります。

書いたことを他人には見られたくないという人でも安心です。非公開設定もできるので自分にあった方法で気軽に試すことができます。

関連記事:子供の成長を記録する“母子手帳”の活用法

育児日記を書くと子供の変化に気付きやすい!

育児日記は、子どもの成長を思い出として残しておくこと以外にも、赤ちゃんの変化に気つきやすいというメリットがあります。

授乳や排泄、体温や体重などを記録しておくと、いつもと違う体調の変化に気がつきやすいからです。また、定期健診や予防接種、病院を受診したときに、医師からの質問にすぐに答えられます。

結果的に、診察時間を短縮できるため、赤ちゃんの負担を軽くできるのです。さらに、育児日記は自分で書いて楽しむ方法の他にも、他者のブログや書籍で出版されている育児日記を読んで楽しめます

同じ立場の子育て中の夫婦と悩みを共感できたり、子育てのヒントを得られるので、利用している人も多いようです。

子育ての思い出は絵日記で記録する

子育ての思い出を文章だけではなく、イラストや写真で残しておきたいという人も多いようです。そこで視覚で思い出を振り返る絵日記を書けば、手作り感も相まってかけがえのない思い出となります。

今では、インターネット上のブログでも絵日記を残せますよね。

パソコンでペンタブを利用して、絵を描けますし、紙に書いた絵をスキャナーで取り込むことも可能です。スキャナーを持っていないのであれば、インターネットカフェや漫画喫茶などで利用できます。

また、絵を書く自信がない人でも、イラストのテンプレート素材などを利用すると簡単にブログで絵日記を書くことができるので便利です。

関連記事:これがあってよかった! 本当に使える育児系アプリ5選

育児日記は楽しくが基本

日記というと、「続くか心配」「三日坊主になりそう」「面倒」などのネガティブなイメージを抱いている人も少なくありません。しかし育児日記の利点は、気軽に楽しく続けられること

子育て中は、誰もが時間に追われています。自分だけの時間を持てない日もあるでしょう。「書けるときに書く」という軽い気持ちで取り組んでみると、ストレスなく楽しめるはずです。

また、文章を1000文字以上書いたり、漫画のような絵を描いたりする必要はありません。ひと言だけ残したり、絵だけを残したりするだけでも意味があります。

後で見返すときにも、文章だけがひたすら綴られている日記よりは、絵を交えて綴られている絵日記のほうが見やすいですし、思い出深いものになります。

「三日坊主になりそう」という人は、まずは育児日記を絵日記で書いて楽しんでみてはいかがでしょうか

まとめ

わが子が健やかに成長するための記録でもあり、わが子との大切な思い出を記録できる育児日記を楽しく記録する方法をご紹介しました。

育児に疲れたときや、自信がなくなったときなど、自分で書いた絵日記を改めて読み返してみると初心にもどって元気が出るのではないでしょうか。

絵日記は、紙に書いても良いですし、ブログでも残せるので自分にあった方法を選んで楽しみながら書きましょう。子どもの成長を記録した絵日記は、自分にとっても、わが子にとってもかけがえのない思い出になります。

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

PICKUP こちらもおすすめ

CATEGORY

カテゴリーから探す