• TOP
  • 育児(0~2)歳
  • 子育て中でも勉強はできる!社会復帰したい人におすすめの資格取得

  • 子育て中でも勉強はできる!社会復帰したい人におすすめの資格取得

子育て中でも勉強はできる!社会復帰したい人におすすめの資格取得

子育て中でも勉強はできる!社会復帰したい人におすすめの資格取得

プロカメラマンによる無料親子撮影会

出産して子育てに専念。

子供が小学校に慣れてきたら社会復帰しようと考えている人も多いですよね。

しかし、ブランクがあると社会復帰に不安を感じることも。

そこで注目したいのが仕事に役立つ資格です。今回は、子育てする妻に社会復帰につながる資格の取得について、パピマミ編集部が紹介します。

資格は社会復帰を目指す就職活動で武器になる

家事と子育てに追われながら毎日を過ごす人が大半ですよね。少しでも空き時間が確保できたら、自分の好きなことに時間を使いたいと思うはず。

しかしその気持ちをグッと我慢して、自分自身の将来のためにその時間を使ってみませんか?

社会復帰したいなら、空き時間を利用した資格の勉強が最適です。

資格を取るメリットは、就職活動の際に「自分が資格を取るためにどれだけ努力をしたのか」を面接官にやる気をアピールできます。

たとえブランクがあろうと、「その仕事を得たい」という気持ちも伝えやすくなり、就職活動においても有利になるでしょう。

資格を選ぶ際は、「ママの間で人気の資格」というキャッチコピーに惑わされず、自分に最適な資格を選ぶようにしてください。まずは「どのように仕事をしたいのか」を明確にし、それを実現できるスキルや知識を見極めることが大切。

それでこそ、資格を得る価値があります。

再就職の際に資格がメリットを生むケース

会社が採用で注目するのは、経験やスキルだけでなく人柄やポテンシャルなど様々です。

資格があれば社会復帰につながりやすい!と言っても、資格は経験やスキルを強化するものと捉えておきましょう。大きな期待をするほどの結果は得づらいのです。

例えば、医療事務や調剤薬局事務など医療系の資格は、医療機関で専門的な仕事に携わります

これらの資格はどれも民間資格で、実際の業務に必須だという訳ではありません。資格がない人でも仕事に就けますし、資格があるかどうかよりも、経験の方が優先されます。

とは言いつつ、資格を得てメリットが生まれるケースも存在します。

「医療事務系の現場で働いていたが、結婚を機に退職してからブランクが長い」というようなケースです。

この場合、「今までの実務経験にプラスして、今回新たな知識と現場の情報を把握するために資格を取った」と説明すれば採用担当者に熱意が伝わりますし、資格手当につながる可能性も出てくるはずです。

関連リンク:子育てママが“ながら勉強法”で家事と資格取得を両立する方法3つ

人材不足の分野で活躍する道も

興味がある仕事が人材不足の分野であれば、資格取得によってより仕事が得やすくなるというメリットが生まれます。

介護職が人材不足になっているように、この分野では「介護職員初任者研修」が近年ホームヘルパーの2級に該当する資格として新しく誕生しました。

これは、介護資格の中でも一番取りやすい資格なので、介護職に就きたいなら最初に取得しておきましょう。「特定求職者」に相当する場合は、ハローワークにある求職者支援制度を活用して資格を取ることも可能です。

また、介護スタッフと同様に人材不足が指摘されているのが保育士です。

子育てを経験している主婦には、育児経験を仕事に活かせると注目されている資格

通信教育で勉強することも可能で、半年間勉強して合格する人もいますが、空いた時間を利用して勉強するなら、1年から2年確保しておけば無理なく学習できるでしょう。

なお、保育士になれば保育園に加えて子育て支援センターなどでも活躍できます。

関連リンク:仕事に結びつけるには? ママが保有資格を生かして就職を勝ち取る方法

資格取得を目指すと決めたら心掛けたいこと

社会復帰のために資格を取りたいと思ったら、取り掛かりたいのは情報収集と同時に勉強時間を確保すること

挫折しないために、2、3点のコツを押さえておきましょう。まずは「この時間を勉強に充てる」と決めたら、家事はそれ以外の時間で終わらせるようにしっかり段取りを組むこと

そして、モチベーションを保ち続けるためにも、最初は「とりあえず30分毎日勉強する」など負担にならない程度から取り組み、慣れてきたら少しずつ時間を増やすようにしましょう。

また、ついテレビを見てしまう時間などの「すき間」時間を勉強に充てる方法もおすすめです。

テキストを5分でもいいので見直したり、スマートフォンのアプリを使って勉強することもできます。暗記すべき事柄をメモにまとめ、調理中に食材を煮ているわずかな間や入浴中に確認してもいいでしょう。

短時間でも勉強する癖をつけると、一日の間で勉強に充てられる時間を捻出しやすくなるはずです。

関連リンク:子育てママが資格を活かして再就職するための心構え3つ

まとめ

子育て中でも、子供の面倒を見たり家事をしている合間に勉強できる資格が色々あります。

もちろん、決して「資格さえ持っていれば社会復帰は簡単」という訳ではありません。ありませんが、就職活動でアピールでき、自分に対して自信が持てるようになりますよね。

これまで資格の取得に取り組んだことがない人も、子育てを機に勉強してみてはいかがでしょうか。ハードルが高そうに思われても、合格率が意外と高いものもありますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

PICKUP こちらもおすすめ

CATEGORY

カテゴリーから探す