主体的に子育てをする旦那になってもらえる4つの方法

子育ては、母親がするものと考えている男性は少なくありません。

ですが、本来子育ては夫婦二人の責任であり、どちらか一方だけが大きな負担を強いることではありません。そこで、子育てに責任をもって主体的に取り組んでくれる旦那になってもらうおすすめの方法を紹介します。

妊婦教室に一緒に参加して父性を育む

保健センターや病院で開催される妊婦教室は、妊娠中や産後の体の変化や気を付けることを教えてくれたり、新生児の育児についてのシミュレーションをしてくれます。女性にとっても母親になるために必要な知識や技術を得るための貴重な場になります。

とくに初産は、妊婦教室で教えてもらって初めて知ることも多いでしょう。

妊婦教室には、一人で参加するのではなく旦那も連れていきましょう。実際に体調の変化があったり体型が変わっていく女性と異なり、男性は親の自覚が難しいです。そのため、妊婦教室で妊娠とはどういう状態なのかを学び、命の大切さや父親の自覚を持てるのです。

お腹の中の赤ちゃんの状態を教えてもらったり、新生児の沐浴の練習をしたりすることで、徐々に父性を養えるでしょう。

関連記事:イヤイヤ期に…。やさしい旦那の思わぬ本音が聞けた瞬間

子育ての役割分担を明確にする

子育てには、様々な役割があります。赤ちゃんは、授乳や沐浴、おむつ替えなどがあり、離乳食の準備や遊び相手も必要。小学生以降も宿題を一緒にしたり、習い事の送り迎えをしたりと保護者の役割は多いです。

男性は、子育てに役割があるかわかっていません。そのため、おむつ替えを手伝っただけで「自分は子育てをしている!」と勘違いしてしまう旦那が多いのです。

子育てにはこんなことがあるということをリストアップして、役割分担をすることで、平等に子供に関わることができます。自分がやらなければいけないことが明確になっていると、自分の仕事として責任をもって関わってくれる可能性が高いです。

関連記事子育て中も旦那くんとの時間を。おうちで味わえる小さなデートプラン

子育ての方向性や考え方の共通理解を得る

子育ての考え方は、自分が生まれ育った家庭環境や地域によって異なり、個人差が大きいものです。

子供が産まれたときに、どんな風に育てていきたいのか、どんな子供に育ってほしいのかを話し合わずに、夫婦どちらか一方の価値観に頼って子育てを始めると、後々トラブルの原因となりかねません。

自分にとっては当たり前の子育ても、相手にとっては非常識にうつることがあります。

「そのやり方はどうなんだろう?」と感じても、聞き入れてもらえなければ、子育てに関わることを諦めてしまう旦那もいるかもしれません。

そのため、夫婦の間である程度子育ての方向性を一致させておくことがおすすめです。旦那の「こんな子供に育てたい!」という思いを大切にしてあげることで、積極的に子育てに関わるようになるでしょう。

関連記事:夫婦2人でデートがしたいのに… 旦那さんにデートを断られる理由とは?

イクメンの話を聞く機会を持つ

夫婦は同じ立場なので、一方的に子育てのことを上から目線で言われると旦那がいい気がしないのは当然です。

子育てのことを理解してほしいときは、第三者にアドバイスをもらったり、意見を言ってもらいましょう。とくに、イクメンとして子育てを主体的に行っている先輩パパがいればぜひ、話を聞く機会を設けましょう。旦那の中には、嫁の言うことを素直に聞くことはプライドが許さないという人もいます。

ですが、信用できる第三者が意見すれば簡単に納得することがあります。イクメン男性の、子育て観や日常の子供の都の関わり方を聞くことで、旦那も自分の生活を見直し子育てへの関わり方を考え直すきっかけになるでしょう。

関連記事:共働きでも大丈夫! 旦那さんと仲良く家事分担する方法

まとめ

旦那に父親としての自覚をもってもらい、子育てに主体的に取り組んでもらうためには、できれば妊娠中から旦那に働きかけることがおすすめです。

夫婦が協力して子育てという大仕事を乗り切れるように、紹介した方法をぜひ試してみてください。

パパ育児に関する記事はこちら

関連記事

こんにちは。甘えん坊2歳男児の母、mikiっ子です。育児をしている中で「ママじゃないとダメっっ‼︎」という場面は多々あると思います。そんな時、パパさんはどうしていますか?「どーせ…」と言って諦めていませんか?[…]

関連記事

こんにちは、ユキミです。2歳になるイヤイヤ期真っ盛りの息子ユキタに日々振り回されている、新米母さんの日常をお送りしています。我が家は息子と夫と私の3人暮らし。現在、関西在住です。私の実家は、関東(新幹線+在来[…]