諦めないで!子育てに協力的な夫を育てる方法

よく耳にするイクメンやカジメンといった言葉。

女性が家事や育児をすることは当然で、男性ならば褒められるという風潮に違和感を覚える方も多いはず。

女性の社会進出が広まってはいるものの、まだまだ古い考えが根強く残っていますよね。このような環境の下、家庭で協力的な夫を育てるにはどうすればいいのでしょうか。

そもそも子育てを「手伝う」とは?

子育てを手伝ってくれて協力的な夫」という言葉さえ、違和感を持たなければならないはずです。なぜなら「子育てをよく手伝う協力的な妻」という言葉が使われないように、女性主体の形態を受け入れてしまっているから

専業主婦やパートで勤務時間を減らしている女性であれば、家にいる時間が長くなり、家事を担う割合は大きくなります。しかし家事と育児はセットではありません。共働きであろうが、専業主婦であろうが、子育ては夫婦2人で行い、その責任は夫婦2人に平等に生まれているのです。

夫婦が2人揃ったからこそ誕生することができた命。夫にも妻と同様のプレッシャーを持って、子育てに取り組んでもらいましょう。

関連記事:夫婦がアドラー心理学を用いて家族を笑顔にする方法とは?(前編)

女性の子育ては妊娠期から始まっている

なぜ女性が主体で子育てを行い、それを男性がサポートするいう構図になりがちなのか。妊娠が女性にしか経験できないことであり、生物学的な違いが発端となっているのでしょう。

妊娠期は女性しか身ごもれない仕組みである以上、女性は既に妊娠期に子育てを始めているのに対し、男性は妊娠前と変わらない生活を送れます。

生じる意識のズレが、何年も続く夫婦間における子育ての関わり方への違いに繋がってます。男性は妊娠できませんが、それを踏まえて男性である夫も妊娠という子育てがスタートしていることを理解しましょう。

妻のようにつわりは味わえなくとも、身重の妻を気遣いフォローする姿勢は示してほしいもの。すでに子育ては始まっていることを女性が言葉で伝えましょう。

ここで子育てに対する意識がズレると一生引きずることになるので、事の重大さを叩き込むようにするのが大切です。

関連記事:“ベランダピクニック”は一石三鳥?夫婦の会話も増えてイイこといっぱい!

家庭は従業員2名の会社

仕事場では評価を得ている夫の皆さんが、なぜ家庭の中では頼れないと思われがちなのか。その理由は、夫である男性たちの頭の中で、家庭は妻のもの・子どもはお母さんという意識が無意識に存在するから。

母親しか妊娠できないからと言って、子どもは母親のものではありません。あくまで夫婦2人にとって平等な子どもなのです。家庭は夫婦2人が従業員であり、子どもが顧客の小さな会社と言えます。

従業員である夫婦は先輩や後輩ではなく同期です。しかし、妊娠期から子育てを始めている妻に後れを取り、産後もつい先輩である妻を怒らせないようにとビクビクしながら、妻の指示通りにしか働かない後輩系・夫が目立ちます。

早めに足並みを揃えるようにしないと、年々同期との差は開くばかりです。家庭という会社の中で、頼れる同期がいればこんなに心強いことはありません。

初めての慣れない育児を手さぐりにやっている新米ママが、パパにまで指導している余裕はないと考える人も多いようです。いま共にがんばれることが後に楽になると信じて、2人でしっかりと子育てを共有するようにしましょう。

関連記事:立ち会い出産で感じた、夫がいてくれるありがたみ

家庭や子育てでストレスを抱えるのは当然!

良い妻や良い母になろうとがんばりすぎていませんか?

古い時代に成り立っていた家庭像は、現代には当てはまりません。それを無理に当てはめてしまうと、経済的な苦しさを感じたり、家庭での孤独や窮屈さ、自己嫌悪感などを募らせる危険性も。

給与がもらえるわけでもなく、社会的に地位を与えられるわけでもない子育てという大きな仕事を、妻一人が抱える必要は全くありません。

夫という子育てのパートナーと、どうすれば妻も夫も子も、家族全員が笑顔でいられるかを話し合いましょう。妻が一人で苦しむのではなく、全員が笑顔な家庭を目指すには、家事や育児のスタイルを何度でも見直すことが大切です。

関連記事:夫婦円満の秘訣はプチ祝い! そのポイントとは?

まとめ

アメリカでは、子どもが熱を出したときに仕事に出勤するような男は、人としてクズだと会社での評価が下がるそうです。

家庭という小さな規模で夫の考えを変えることはさほど難しいことではありません。まずは同期である夫としっかりと向き合い、子育ての苦労や幸せを、一緒に味わってみてはいかがでしょうか。

パパ育児に関する記事はこちら

関連記事

はじめまして。金星と申します。2人の娘を持つ30代のパパです。今回は長女のイヤイヤ期についての記事です。当時2歳だった長女にイヤイヤ期が訪れ、特にお風呂に連れて入るのに手を焼きました。[…]

関連記事

こんにちは。甘えん坊2歳男児の母、mikiっ子です。育児をしている中で「ママじゃないとダメっっ‼︎」という場面は多々あると思います。そんな時、パパさんはどうしていますか?「どーせ…」と言って諦めていませんか?[…]