世間の目が気になる私… 子どもを預けて夫婦デートした時の話

はじめまして! 今度からこちらで記事を書かせて頂く事になりました、こじめです。

インスタグラムでは主に育児漫画を描いています。夫、娘(2歳)、私、猫2匹の家族です。

これからよろしくお願いします。

さて、今でこそ適当さに磨きがかかっている私ではありますが、娘を産んでしばらくは真面目過ぎる母親でした。

「母はこうあるべき」という自分の中での高い理想を実現しようとして、そして勝手に疲れていましたね…。

すぐ近くに出産済の友達がいなかった事・なかなかママ友ができなかった事(今も出来てない)で、相談する相手もおらず…

その結果一人で色々な泥沼にはまっていきましたが、今日はそのうちの一つをご紹介させて頂きます。

とにかく気になる世間の目!!

子供が生まれ、当たり前ですが産前のようには生活出来なくなりました。

産まれたばかりの娘に振り回される毎日は幸せではありましたが、「好きな事をする時間が無い」というのは地味にストレスの溜まるものです。

そうしてジェットコースターのように目まぐるしい毎日を過ごしていく中で、私はある事に気付きました。

「夫と二人きりで過ごす時間がほとんど無い…!」

産前は、お休みの日にはよく二人でデートをしていました。

映画を見に行ったり、ただ街中をぶらぶらしてみたり、ちょっと遠出して美味しい物を食べてみたり……

しかしどうでしょう。

産後は、おはようからおやすみまで生活の中心は当然幼い娘。夫婦二人の時間なんてほとんどありません。

かといって、娘を預けてまで出掛ける事には抵抗を感じていました。

なぜなら……

ただでさえ小心者の私。

「夫とデートがしたいので子供を預かってください」なんて言えませんでした。

最優先するべき子供をほったらかして夫婦でデートなんて……。

そんな風に思われたらと考えただけで、夫と出かけたい意欲はグーンと減っていきます。

しかし機会は訪れました。前から見てみたいな~と思っていた映画が公開され、それを夫も見てみたいと言うのです。

どうしようか悩んでいたところ、夫からこんな言葉が。

「うちの親に預かってもらって、久しぶりに二人で出かけるのもいいんじゃない?俺が言っとくからさ」

癒された夫婦デート

そうして義母に娘をお願いし、二人で映画に出かけました。

出かけてすぐは罪悪感の方が大きく、娘が泣いていないか?私を求めていないか?とソワソワしっぱなし。

しかし時間が経つにつれ、そんな感情は次第に薄れていきます。

夫と二人、手をつないで笑いながら歩く事が、こんなに癒されるものなんだと久しぶりに思い出しました。

うまくいかない子育てのイライラとか、母親としての自信が持てない悲しさとか、そういったものが解放されるような感覚です。

そこで私は初めて、「走り続けるだけでは駄目だ、たまにはこういう休息も必要なんだ」と実感したのです。

意外と温かかった世間の目

デートから帰ってくると、泣き止まない娘にゲッソリした様子の義母……なんて光景は一切なく。

キャッキャ笑ってる娘と、それをデレデレに可愛がっている義母の姿がそこにはありました(笑)

元々後追い等も全然無かったので(それはそれで悲しかったですが)、そんなに心配しなくても良かったようです。

そして義母は、このように言ってくれました。

「また行きたい時はいつでも言って!」と、とても頼もしくありがたいお言葉を頂戴して、私大感激。

そして数か月ぶりに子持ちの友人と遊んだ時、夫婦デートの話になり上記イラストの事を言われました。

もう図星やら救われたやら……。

朝から晩まで子供と二人っきりなのをしんどい…と思ってしまう自分に嫌気が差していたので、「自分だけじゃないんだ」と思えた事はかなり心が軽くなりましたね。

家族円満の秘訣!

お父さんお母さん、とにかく毎日お疲れ様です。

それぞれ家族の幸せのために、毎日必死で頑張っていると思います。


以上、いかがでしたか?

同じように思い悩んで無理に頑張ってしまっている皆さん、きっとたくさんいらっしゃると思います。そんな方々の参考になれば幸いです!

ちなみに私、色々頑張りすぎた反動からか、今では適当さに拍車がかかってきています。適度に頑張り適度に気を抜く、バランスが大事ですね(笑)

●イラストライター/こじめ

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡