パパが苦手な娘の「パパイヤ」を解決した方法とは?

2018.09.14

こんにちは! 松本うちと申します。

2歳のおてんば娘の育児に日々奮闘しているママです。

今回は、我が家のパパの、空回りしている愛情表現について書こうと思います。

「とってもかわいい我が子のほっぺに、どうしてもちゅ~がしたい!」

そんな衝動にかられる方は多いのではないでしょうか?

我が家では、これで大変なことになってしまいました……。

かわいすぎる我が子にちゅ~したい!!!

赤ちゃんの頃から、パパに無理やりちゅ~されていた娘……。

このためか、ちゅ~されるのが苦手になってしまいました。そしてそのまま、パパも苦手になっていき……。

ついに、パパイヤ発動!!

無理やりちゅ~したい気持ちは分かるけど……。

すればするほど「パパイヤ」状態に!

パパが近づくだけでも、ちゅ~されると思って怒り出すようになってしまいました……。

このままではいけないと、ある方法を考えてみました。

ちゅ~しても、いいですか?と聞いてみる。

これぞ灯台下暗しで、ちゅ~してもいいか聞いてみたところ、OKのお返事が!

「ぱぱ、だいしゅき~」と言いながらちゅ~する娘……!

パパは、赤ちゃんの頃から無理やりちゅ~をしていたため、あえて聞いてみるという選択肢が思いつかなかったようです……。

娘が2歳になり、しっかりと意思表示ができるようになったため、できるようになったやり取りですね。

もちろん、OKと言われるのは、かな~り稀ですが、それでも娘の意見を尊重し、しっかり聞くのはとても大切だなと感じました。

この調子で、仲良し親子になってくれるといいな~と思います!

●ライター/松本うち



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ