2歳差で子どもが欲しい! 私が妊活していた時の話

こんにちは、ライターのホコリです。

現在2歳の娘を子育て中ですが、二学年差で二人目が欲しくて妊活している時期が少しだけありました。

二学年差で欲しい!

なぜそこまで二学年差にこだわっていたのかというと、夫もわたしも二学年差で弟妹がいたから。

「三学年差だと受験がかぶるし、四学年差以上だと空きすぎ、子育て期間が長い。」と考えていたからです。

きっちり二学年差になるよう、娘が1歳になった夏ごろからゆるく妊活を始めました。病院にはかからず、基礎体温を測ってタイミング法を試すのみ。

排卵検査薬は試そうかなと思いつつも、もしこれでだめだったらすごく凹む…と思い、手を出しませんでした。

葉酸サプリを飲んだり、温活をしてみたり、ジンクスを信じてみたり、手軽にできることはなんでもしました。

つらい妊活

タイミング法を試すも毎月毎月身を結ぶことはなく…

周りの娘と月齢が近い子のママたちどんどん妊娠していって…

どうしてわたしは妊娠できないの?

なんでわたしだけ??

未就学児を連れてマタニティマークを付けるママ、お腹の大きいママ、SNSでの『二人目妊娠しました』の報告を見るたびに辛くなり、卑屈にもなりました。

SNSは見ないようにしている時期もありました。月経が来るたびに落ち込んで、泣いてしまうことも多々ありました。

毎朝基礎体温を測っても、低体温すぎて排卵を読むのもわかりにくく、いつの間にか妊活はストレスになっていました。

妊活も、二学年差も考え直して

結局タイミング法妊活は4ヶ月ほどは試みましたが、そのあとは月経の2週間後くらいにタイミングをとったりとらなかったり、とあまり考えずに過ごしました。

二学年差での兄弟を諦めた今、いっそ5〜6歳離れてもいいかな、とさえ思っています。

それは単純にわたしのキャパが無いということと、娘に手がかからなくなった分、自分の趣味の時間に費やしたいという気持ちが強くなった為です。

今は二人目妊娠中や未就学児二人・三人連れの家族を見ても辛くなることはなくなりました。

むしろ、大変だろうにえらいなあ、すごいなあと尊敬します!

二学年差、憧れる方も多いと思いますが、焦りは禁物です。

少しでもわたしみたいに悲しく・卑屈に思ってしまうママさんが減りますように!

●ライター/ホコリ

ライター紹介

ホコリ

ホコリ

2016年春生まれの娘と、仏のような夫と3人核家族。現在土日アルバイターのほぼ専業主婦。キャパが小さく、娘を育てているのやら、自分が育てられているのやら。普段はinstagramで育児絵日記投稿してます。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡