夫婦でケンカした時に決めておくべきルールとは?

2018.09.05

関西人主婦で二児の母のモチコです。

我が家の夫婦でのルールをご紹介しようと思いますー!

そう、我が家のルールとは、「ケンカはせず話し合う! 」ということ。

「話し合いしようね! 」ときっちり決めたわけではなく、お互いの性格上、自然とこうなりました。

さて、その話し合いにもポイントがあります。以下そのポイントをお伝えいたします。

ポイント①感情的にならない

「これは嫌だなぁ。」と思っていることを伝えるときも、「こんなん嫌やねん! 」と感情的に伝えるのではなく、「これは嫌だと思っている。」と冷静に言葉にして感情を伝えています。

その方がお互いの意見を聞きやすいし、解決策も冷静に議論できると思います。

ポイント②きちんと思いを伝える

「感情的にならないってことは、感情を出さずに我慢するっていうこと? 」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。

我慢はせず、伝えたいことは伝えます。マイナスなことは「こう言われて嫌だった。」と伝えますし、話が理解できないときは「よくわからないからもう一回言ってほしい。」と伝えます。

ポイント③考えを押し付けない

もし自分の考えが相手の考えとは違っても、考えを合わせようとはしません。

「わかってもらえないならもういい!」ではなく、「こういうところは感覚が違うね。」と相手の考えを尊重した上で解決策を話し合います。

我が家の話し合いの目的は、相手の考えを変えることではなく、お互い気持ちよく暮らすための解決策を見つけること。

違う人間同士なので、考えが全て合うなんてことはありません。その前提で話し合っています。

ポイント④時には結論から伝える

この結論というのは、論点というより、どういう風に話を締めたいか、ということ。

よく聞きますよね、女は共感の生き物と……。私も「あなたを責める気は微塵もなく、ただ家事がんばってるねって言ってほしい! 」というときがあります。

そんなときは話し始める前に「がんばってるねって最後に言ってね。」と言ってから話し始めます(笑)。

この他にも「アドバイスはいらないから最後に大変やったねって言って! 」というパターンもあります。

これを言ってから話し始めると、相手も適当に聞き流して、最後に「がんばってるね、えらいね!」というだけなので楽かなと……(笑)。

「アドバイスいらんねん! 」というツッコミもいりませんしね。


以上、我が家の話し合いルールでした。

といっても、これが良いわけではなく、ご夫婦の性格によっても合う合わないあると思います。

友達夫婦はむしろケンカしたいらしいです。感情的に思いをぶつけ合うとお互いストレス発散になり、それで合意しているとのこと。

ケンカでも話し合いでも、夫婦で「これが私達には合う!」という方法を見つけるのが一番なんでしょうね。

●ライター/モチコ



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ