新米パパ必見! 産後、夫にしてもらえてうれしかったこととは?

こんにちは、イラストライターのtaeco(たえこ)です。夫と二人でヒーヒー言いながら、今日も元気爆発2歳児を育てています。

世界平和は夫婦間の理解から。

今日は「夫にしてもらえて嬉しかったこと(産後編)」のご紹介です。

「えっそんなことでいいの?!」

全身マッサージを頼んだときに、夫はそう言いました。

赤ちゃんのお世話をビシバシ指導されるのかと思いきや、まさかのマッサージのお願い。驚き、そして初めて「今この人はこんなに体が辛いのか……!」と理解することができたそうです。

私は私で、慣れない育児に必死な日々。寝息を立てる我が子のそばで、朽ち果てた体を夫に揉みほぐしてもらい、改めて「夫に癒されるとすごくうれしい……!」と再認識しました。

理解する。理解してもらえるように頼る

これってすごく大事だなぁと思います。(今も)

余談ですが、私の実父は里帰り中(退院4日目)ぐったりしている私を見て

「そんなに暇なら家の掃除でもしたら?」と言い放ちました。

これが嫌味でもなく、彼なりの提案ということがわかったのは、一通り怒りが爆発し終えたあとでした。

これも産後の体を理解していないからこその、全く悪気のない発言なんですね。(理解した上で言っていたらただの鬼畜です。)

そして言うまでもなく、私の産後クライシスの対象は実父でした(笑)

※産後クライシス…産後2年以内に夫婦の愛情が急速に冷え込む状況(妻がめちゃくちゃ怖くなります。私は父へのクライシスが2年半続きました。お気をつけて……w)

●イラストライター/taeco

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡