子どもが心配でたまらない! 産後初めてのパパとデートの結果は…?

2018.09.07

はじめまして! 松本うちと申します。2歳のおてんば娘の育児に日々奮闘しているママです。

「子どもを誰かに預けて、その間少し息抜きをしてみたい……けど想像もできない!」

このように産後、私は子ども離れる事がとても心配だったママは多いのではないでしょうか?

そこで、今回は、娘が1歳になった頃のお話を書こうと思います。

子どもを預けて、パパとデートできる?

娘が1歳になった頃、パパからのごはんに誘われました。

しかし、子連れの外食はまさに戦場で、ゆっくりと食べている暇はありません……。

「久しぶりに、二人でゆっくり外食してみたい~!」と思いながらも、「その間、娘はどこに預けたらいいのか」と、とても悩みました。

実家が近いため、母に相談してみることにしました。

子どもを預けて、パパと二人でごはんに行ってみた

今まで一度もママと離れたことのない娘。

「数時間とはいえ、ママがいない時間に耐えられるのだろうか……?」と、とても心配でした。

オムツや着替え、大好きなおもちゃ、ぐずった時用のおかしなどを準備しました。

そして、なにかあってもすぐ駆け付けられるように、家から10分以内のレストランに行ってみることに……!

久々にゆっくりデートをするはずが……?

出かける時は、“ささっと”と出かけたほうが、子どもがぐずりにくいと、アドバイスをもらいました。

そのため、抱きしめたい衝動を抑えつつ、できるかぎりさっぱりと、

「ちょっとパパとお出かけしてくるね。楽しく遊んでいてね~。」

これだけを娘に伝えて、そそくさ~とお出かけしました。

しかし、いざレストランに行ってみても、もう心配すぎて……ご飯どころではなく……

食べるだけ食べて、速攻で家に帰ることにしました。

娘は予想外の反応だった!

急いでお迎えにいってみると……!

ママとパパそっちのけで、楽しく遊ぶ娘に拍子抜け

ママやパパが思っているよりも、娘はず~っと強かったようです。

ですが、帰宅後はいつもより甘えん坊でした。平気な顔をしていましたが、少しは寂しかったみたいです。

短い時間ですが、息抜きができたこともあり、余裕のあるゆったりとした気持ちで子どもと接することができました!

普段から、実家や友人にお願いして少しだけ預けてみたり、地域の一時保育を利用して慣れさせてあげると、急に預けなければならない時に、安心して預けられるのでおすすめです!

初めて子どもを預けて出かけた時は、結局心配ですぐに帰ってしまいましたが、2回目からは、少し安心して預けることができました!

これを機に、年に数回、パパと二人でごはんを食べにいくようになりました。

少しの時間ですが、とってもリフレッシュになっています。

子どもを預けてお出かけすることに抵抗がある方、勇気を出して、パパとのデートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

●ライター/松本うち



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ