若い夫婦のやりとりはメールが7割!でも中身のある会話は1割?

夫婦関係に亀裂が入る理由の1つに、意思疎通の少なさが挙げられます。

しかし夫婦仲に亀裂が入ってる夫婦でも、「メールでのやりとりはしっかりしている」と話をされる機会が多く、パピマミ編集部は不思議に思っていました。

そこで世の中の夫婦は、どのようにやりとりをしているか調べてみると、これが原因なのでは?と思える問題を発見。

その問題点について、パピマミ編集部がこれからご説明します。

若い夫婦ほどやりとりの7割は「メール」

引用:博報堂生活総合研究所

博報堂生活総合研究所で、20歳から60歳までの夫婦2000人を調査したところ、全体平均でメールのやりとりが7割、電話が8割という結果になりました。

ただ、年代別で見てみると、20代の夫婦と、30代の妻は、メールの利用が一番多いことがわかります。

仕事環境によっては、電話をする時間すらない方もいらっしゃいますよね。

自然にメールでのやりとりが増えてしまうのかもしれません。いつでも送ることができて、しかも記録にも残るのでメールはとても便利です。

しかしその反面、意思疎通をはかるのやりとりの手段としては使い勝手が悪いと言えます。

相手は喜んでるつもりでメッセージを送ったのに、相手には怒ってるように捉えられるような経験は、誰にもであるはずです。

引用:博報堂生活総合研究所

夫婦間でもメールの利用頻度のデータを見ると、毎日が4割、週に2〜3回が3割という結果になりました。

やはり毎日メールする夫婦が多いようです。

このデータでは、どの程度の量のやりとりをしているかまではわかりませんが、やり方を失敗している可能性もあります。

とは言っても、毎日メールをしている割にうまく進んでいないのも確かです。

関連記事:子育てにおける役割分担って?男性と女性の持つ違い知っていますか

夫婦でのメールのやり取りは、「帰宅報告」「お使い」「夕食の有無」がメイン

引用:博報堂生活総合研究所

全体の夫婦でのメールのやり取りの内容は、帰宅時間や日常的なお願いが最も多いという結果に。

つまり、たくさんのやりとりをしているようで、中身のある連絡はしていないことになります。

夫婦仲があまり良くないような夫婦は、やりとりをしているようで、深い会話はあまりしていないわけです。

毎日メールでのやりとりをしているから、意思疎通はできていると思っている夫婦もいらっしゃるでしょう。

しかしやりとりの内容を振り返ってみると、中身は空っぽなのです。

メールはしているけど、中身のある会話は約1割!

冒頭でお話しした「メールはしっかりしている」夫婦仲に亀裂が入ってる夫婦は、事務連絡の回数が多いだけという臆測が立てられます。

それでもメールの頻度は多いわけですから、たくさん話しているという錯覚を覚えてしまい、意思の疎通がおろそかになるのではないでしょうか。

小まめに連絡するのも大切ですが、どんな内容を話すかも、大切だということがわかります。

関連記事:贈り物でラブラブ復活!? 夫婦仲を取り戻す「愛の伝え方」5つ

夫婦のやりとりで離婚率を3分で測る方法

最後に、夫婦のやりとりで離婚率を3分ではかる方法をご紹介します。

やり方としては、相手と話す最初の3分間の会話の内容に注目してください。

そこで、否定的、あるいは軽蔑を含む会話が含まれていると、問題ありです。

90%近い確率で離婚すると言われています。

なぜなら、人は、最初の3分の会話をずっと続けるくせがあるからです。

他人の会話を観察すると分かりますが、最初に話した会話を堂々巡りしている方はたくさんいます。

思い当たる節はありませんか?

ぜひ、試してみてください。

まとめ

ニーチェが、「結婚とは長い対話である」という言葉を残しています。

何よりも会話が大切であり、やりとりを重んじようという解釈もできると思いませんか?

メールのやり取りも、ぜひ工夫してみてください。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡