夫婦をやり直すために知っておきたいコミュニケーションスタイルとは?

2018.09.05

夫婦生活ってやり直せるの?と悩んでる方は、大勢いらっしゃいますよね。

最初はお互いが幸せだったのにも関わらず、いつからか歯車がおかしくなってしまった。

ここでは、夫婦生活をやり直す方法について、「夫婦コミュニケーションスタイルと心理的満足度」という論文を元に、パピマミ編集部がご紹介していきます。

489組の夫婦を調査して夫婦仲をチェック

夫婦コミュニケーションスタイルと心理的満足度」の論文の内容をざっと説明してきます。
まず、幼稚園や保育園などに通う夫婦1200組にアンケートを取り、回収したアンケートの内の498組(978人)を実験対象にしました。

調べた内容としましては、どんなコミュニケーションスタイルが夫婦仲を良くするの?という話。

具体的には、以下の5つを基準にしています。

1. 夫婦関係の満足度
2. コミュニケーションスタイル
3. 相思相愛度
4. 役割分担度
5. 性格診断

この5つを質問から把握し、夫と妻の考え方や認知の仕方などを調べました。

簡単に言うと、第三者がいろんな角度から498組の夫婦を他己分析したことになります。

なかなか大変な作業ですよね。

関連記事:子育てにおける役割分担って?男性と女性の持つ違い知っていますか

夫婦のコミュニケーションスタイルは6種類に分別

498組の夫婦両方のデータをコンピュータープログラムで分析した結果、夫婦のコミュニケーションスタイルは、6種類に分かれるとことがわかりました。

1. イライラ型(4%)
2. カカア天下型(21%)
3. 亭主関白型(25%)
4. 夫冷静・妻自由奔放型(32%)
5. あ・うん型(2%)
6. コミュニケーション型(16%)

498組は、この6種類に分別されています。
言われてみれば確かに、ってなる6種類ですよね。

あなたはどのタイプでしたか?

関連記事:褒めときゃOK!? “夫へのお願い”をスムーズに通すコツ3つ

夫婦両方が、お互いを理解する気持ちが大切

自分がどのタイプのコミュニケーションスタイルなのかわかったところで、ではどのスタイルが良いのか気になりますよね。
夫婦コミュニケーションスタイルと心理的満足度」によると、

関係がうまくいかないスタイル

1. イライラ型
2. カカア天下型
3. 亭主関白

関係が続くスタイル

1. 夫冷静・妻自由奔放
2. あ・うん型
3. コミュニケーション型

のようになりました。
言われてみれば当たり前ですよね。

夫婦のどちらかがイライラしていたら仲はギクシャクするし、夫か妻のどちからが上に立つのもよろしくないわけです。

関係が続くスタイルの3つを見ても、共通しているのはお互いが支え合っていること

どちからが上に立つのではなく、横で並んで生きていますよね。

その証拠に、関係がうまくいかない3つのスタイルに比べて、関係が続くスタイルの3つの夫婦満足度はとても高いのです。

関連記事:つまらない結婚生活を楽しくする秘訣3つ

夫婦生活をやり直すにはコミュニケーションスタイルを変えること

夫婦コミュニケーションスタイルと心理的満足度」をもとに、夫婦生活が上手くいってる夫婦の特徴を考察してきました。

この研究から考えると、夫婦生活をやり直し満足度の高い生活をするには、やることが3つあります。

1. コミュニケーションスタイルを「関係が続くスタイル」で継続させる
2. 夫婦両方で支え合うという共通の認識を持つ
3. 自分の気持ちをストレートに伝える関係を築く

ぜひ、参考にしてみてください。

あなたの幸せを願っています。



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ