片付け

生活感のない部屋にするためのコツ3つ

生活感のない部屋にするためのコツ3つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは! ライフオーガナイザーの小竹三世です。

あるインテリアショップの調査によると、7割の人が収納に悩んでいるそうです。

部屋は生活しているだけで散らかるものですから、多忙な生活を送っていたり子どもがいたりするとなかなか部屋をきれいにすることは難しいですよね。

しかし、少しの工夫で部屋の生活感をなくすことはできます。今回は、生活感がない部屋にするためのコツについてお話ししていきます。

目次
 “生活感”とは(P1)
 生活感のある部屋になってしまう原因4つ(P1)
 生活感のない部屋に見せるための条件3つ(P2)
 生活感のない部屋にするためのコツ10選(P2〜3)
 子どもがいる家庭で生活感のない部屋を実現する方法(P4)
 生活感のない部屋に住む人の性格(P4)
 まとめ

“生活感”とは

140327odake

そもそも、当たり前のように使われている“生活感”という言葉ですが、これは一体なにを指すものなのでしょうか。

一般的には、生活感という言葉は“人が暮らしている痕跡”を指していることがほとんどです。

つまり、生活感のある部屋というのは、“いかにも人間が住んでます”といった形跡のある部屋のことを指します。

たとえば、服が脱ぎっぱなしだったり、新聞が置きっぱなしだったりといった状態です。

訪問者がなんとなく住人の生活を垣間見ることができるような痕跡、それが生活感の正体です。

生活感のある部屋になってしまう原因4つ

170322uechi

自分の住んでいる部屋が“生活感のある部屋”になってしまう原因には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

(1)安物の商品

世間で“安い”と認識されている商品が部屋の中にあると生活感が出てしまいます。

家の小物がほぼダイソーだったら「ああ、この人は結構節約家なんだな」と思ってしまいますよね。

また、安物の商品は見た目もこだわってないデザインのものが多いため、より生活感の原因となります。

(2)裸のティッシュ箱

どの家庭にもあるのに、なぜか生活感が出てしまうのがティッシュ箱。カラフルで安っぽいパッケージがなんともいえない庶民感を醸し出しています。

(3)床に落ちている物

床に放置されている物も生活感の原因となります。

新聞や文房具、ゲーム機のコントローラーなど、床に何かが落ちているとそれだけで一気に生活感が出てしまいます。

(4)ゴミ箱からのぞくゴミ袋

ゴミ箱にコンビニやスーパーの袋を被せてゴミ袋代わりにする人は多いと思いますが、これも生活感の原因になります。

皆が知っているような“生活の知恵”は生活感となるのです。


その他、室内に干された洗濯物、洗われていない食器など挙げればキリがないですが、共通点は“生活を想像させてしまう物”です。

これが一つでもあると一気に生活感にあふれた部屋になってしまいます。


→次ページでは、生活感のない部屋に見せるための条件について見て行きましょう!

ページ: 1 2 3 4

ライター紹介

小竹三世

小竹三世

1974年、富山県生まれ。元片づけられない主婦。近藤典子さんの収納術と出会い、片付けに興味を持つようになる。2013年、整理収納アドバイザー1級&ライフオーガナイザー1級を取得。「キッチンのイライラ解消します」をテーマに、百貨店勤務で得た商品知識&収納で、料理やの家事が楽しくなる独自の提案を開始する。収納は見た目の美しさにはこだわらず、使う人本人が心地よいと思える、頑張りすぎない「ゆる収納」が得意。プライベートでは、中学生の娘&息子をもつ二児の母。趣味はインテリアショップやカフェでリラックス。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

アクセスランキング

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る