出産時の会陰切開

出産で会陰が裂ける確率を下げる方法2つ

出産で会陰が裂ける確率を下げる方法2つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

【女性からのご相談】
妊娠5か月の妊婦です。お産のときはほとんどの場合、会陰切開をすると思うのですが、まれに切ることも裂けることもなく産める人もいると聞きました。

私もできればその一人になりたいのですが、妊娠中からできることはありますか?

目次
 会陰マッサージがオススメ(P1)
 会陰マッサージとは(P1)
 会陰マッサージを始める時期(P1)
 会陰マッサージの頻度や1回にかける時間(P1)
 会陰マッサージを行うときのおすすめオイル(P1)
 会陰マッサージを行う流れ(P2)
 会陰マッサージのコツや注意点4つ(P3)
 会陰裂傷を避けるために、分娩当日できること(P3)
 マッサージしておくと会陰切開の治りが早い?(P4)
 マッサージ以外で会陰をやわらかくする方法(P4)
 まとめ(P4)

a 会陰マッサージがオススメ

会陰切開、会陰裂傷に対する不安は、妊娠中の女性なら誰でも抱えているものだと思います。未知の世界ですから、余計に恐ろしいですよね。

今日は、少しでも会陰裂傷の可能性を低くするために、妊娠中と分娩中にできることを2つご紹介します。

会陰マッサージとは

140326hill

まず、会陰とは膣口と肛門の間の組織(皮膚と筋肉)のことを指します。分娩の際には、主にこの会陰が伸びて赤ちゃんが通れるようになります。

会陰マッサージは、文字通りこの会陰をマッサージすることを言います。妊娠34週以降から始めるのが良いとされています。

カナダで行われた調査によりますと、会陰マッサージをした産婦さんたちの24.3%が会陰が裂けることなく分娩できたのに対し、会陰マッサージをしなかった産婦さんたちではその数字は15.1%でした。

ただし、この数字は初産婦さんに限られたことで、2回目以降のお産では、マッサージをしてもしなくても会陰が裂ける確率は下がります。

会陰マッサージを始める時期

160304eintuiki3

病院や医師によって違いがあるようですが、34週を目安に始めるところが多いようです。

ただし、妊婦さんの体の状態は人によって大きく違うため、妊娠期間にとらわれず個別に医師に相談するのがいいでしょう。

早ければ20週を過ぎたころから始める人もいるようですが、37週の正産期になるまでは、お腹が張りやすい方は行わないようにしてください。

また、マッサージの最中でも、体に異変を感じたりお腹がはるような感じがあったりした場合にはすぐに中止するようにしましょう。

会陰マッサージの頻度や1回にかける時間

160304eintuiki4

目安としては、1回5〜10分、週に2〜3回程度と言われています。

しかし、会陰マッサージをするにあたって一番大事なことは、習慣化して出産当日までやり続けるということです。

週に3.5回以上の会陰マッサージを行っても会陰裂傷の明らかな減少は見られない、という研究結果もあるため、目安に沿ったペースでムリなく続けることをお勧めします。

無理をして会陰部分を傷つけてしまうようなことがあれば元も子もありません。

会陰マッサージを行うときのおすすめオイル

160304eintuiki5

体のなかでも特にデリケートな部分であるため、使用するオイルにも気を使いましょう。

植物性の無添加オイルで、アーモンドオイル、ホホバオイル、カレンデュラオイル、白いごま油、ココナッツオイル、オリーブオイルなどがおすすめです。

妊娠中は肌も敏感になっているため、使う前には必ずパッチテストを行うようにしましょう。


→次ページでは、会陰マッサージを行う流れについて見て行きましょう。

ページ: 1 2 3 4

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る