産み月とは違う? 臨月のママが意識したい“お産の兆候”と事前準備

こんにちは、ママライターのアンジです。

初めての出産ってドキドキしますよね!

ちなみに、「陣痛の痛みは“鼻からスイカ”」どころじゃありません。

ただ、お産の始まりって気付きづらいんです。

でも、いきなり“鼻からスイカどころじゃない痛み”に襲われるわけではないので安心してくださいね。

とはいえ、いつ陣痛が来るのか気になりますよね?

というわけで今回、いろんなお産の兆侯についてママたちに聞いてきたので、参考にしてみてください。

目次

臨月(りんげつ)とは妊娠10ヶ月目のこと

臨月とは

臨月とは、妊娠36週0日~39週6日の時期、つまり10か月目のことを言います。

よく『臨月=産み月(うみづき)』と思われがちですが、これは大きな勘違い。

たしかにこのころになると、赤ちゃんはいつ生まれても良いぐらいまで成長しています。しかし、この時期は正産期(在胎週数37週0日〜41週6日の時期)とは異なるのです。

そのため、この36週0日から36週6日の時期は、早産の時期に値します。

出産は、早産(臨月)、正期産(在胎37週0日〜在胎41週6日)、過期産(在胎42週以降)を経ます。

関連記事:産み月とは違う? 臨月のママが意識したい“お産の兆候”と事前準備

臨月の赤ちゃんはまだまだ成長中

臨月とは

妊婦さんの体と同様に、赤ちゃんも外の世界に出るための準備を始めます。

赤ちゃんの成長もラストスパート!臨月になっても赤ちゃんは約500gほど成長します。

体重は2,700~3,400g、身長も48~53cmくらいに成長し、赤ちゃんにとってもそろそろおなかの中は狭くなってくる頃。

これまでは元気良く動き回れた赤ちゃんも、お腹の中が狭くなって大きな動きができなくなり、ゆっくりとした胎動になります。

頭を骨盤の中に固定し産まれてくる体勢をとり始めるようです。

関連記事:【妊娠あるある】葉酸でも不十分? 私の妊娠中の貧血対策

臨月に行われる内診

臨月とは

臨月に入ると、子宮口の固さや開き具合を確かめるために内診が行われます。

これは出産の進行状況を把握するためで、母体や胎児に異常がないかを判断するものだと言われています。また、陣痛を促す“卵膜剥離”、通称“内診グリグリ”をされるのもこの時期です。

卵膜剥離の際に生じる痛みは一般的に強い傾向にあるとされ、人によっては陣痛よりも痛みを感じることもあるそうです。

卵膜剥離をされてから陣痛が来るまでの期間には個人差があり、その日のうちに来る人もいれば1週間たっても来ないという人もいます。

関連記事:【妊娠あるある特集】検診の日は朝飯抜き!冬妊婦の体重管理が辛い!

臨月のママに見られる症状や体の変化11選

臨月とは

臨月になって出産が近づいてくると、体からさまざまなサインが現れるようです。

前駆陣痛や恥骨、足の付け根の痛み、腹のゆるみ以外にもいくつかご紹介していきます。

(1)お腹が下がる

みぞおちにあった子宮が骨盤の方へと移動し、赤ちゃんの頭が骨盤の中におさまります。そのため、お腹のふくらみが下へ下がります。

(2)胎動の回数が変化

臨月になるとお腹の中が狭くなり、赤ちゃんの動けるスペースが減るります。

そのため、臨月は赤ちゃんの胎動の回数が減り動きもゆったりになるようです。

とは言え、出産まで胎動はあるので万が一感じられなくなった場合は要注意です。

胎動を1日中感じないときは、すぐに産婦人科を受診しましょう!

(3)食欲が増す

この時期は胃を圧迫していた赤ちゃんがお腹の下へ下がり始めるため、食欲が増えて体重が増えやすい傾向があるようです!

そのため体重管理への十分な注意が必要なようです。

(4)頻尿

子宮が下がると膀胱が圧迫されるようになります。そのため、頻尿になることも多いようです。

膀胱炎にならないようこまめにトイレへ行くようにしましょう!

また、直腸も子宮に圧迫されるので便秘になるママも少なくないようです。尿漏れには気をつけてくださいね。

(5)水っぽいおりもの

子宮口も柔らかくなり、水っぽいおりものが出ることもあるようです。

破水と間違えるほど大量にでることもあり、数日後には本当の破水が起きるというケースも多いようです。

(6)おならの増加

子宮が腸を圧迫して、腸にガスがたまりやすくなることが原因のようです。水分や食物繊維を積極的にとるようにし、適度な運動を心がけましょう!

(7)手足のむくみ

赤ちゃんの成長とともに下半身の血流が悪くなるため、むくみやすくなるようです。塩分と水分のとりすぎには十分に気をつけましょう!

(8)吐き気

ホルモンバランスの変化によって、胃腸内や胃の周りの筋肉が弛緩されてしまい胃酸が戻ってきてしまいます。

そのため、吐き気を催しやすくなってしまうようです。

(9)眠気

眠気の原因は、3つあると言われています。

(a)今まで以上の体力消耗

……おなかが大きくなることで体力を消耗しやすいことが挙げられます。臨月になるとよりお腹も大きくなり、心臓や肺に負担がかかってきます。

そのため身体は今まで以上に疲れやすく、体力を消耗しやすい状態になってしまいます。その体力を回復させるために眠気が襲ってくると言われているようです。

(b)盛んになるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌

……臨月に入ると眠りを抑制する働きがあるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌がより盛んになるようです。

エストロゲンの影響で寝つきが悪くなり眠りも浅くなってしまうため、日中は眠気に襲われてしまうようです。

(c)腹圧による夜中の頻尿

……腹圧がかかることで夜中のトイレの回数が増えることも原因の一つ。また、圧迫感によって、眠りが浅くなってしまうのも要因として挙げられるようです。

(10)恥骨や足の付け根に痛みが出る

出産が近づいてくると、『リラキシン』というホルモンが多く分泌されるようになると言われています。

このリラキシンには靭帯を緩ませる作用があるのですが、靭帯が緩むと胎児の重みがこれまで以上に恥骨や足の付け根にかかるようになります。

そのため、臨月が近づくと恥骨や足の付け根に痛みを感じる妊婦が増える傾向にあります。

(11)便秘・下痢

臨月になると便の排出にも変化が見られることがあります。

赤ちゃんが大きく育つにつれ、周辺の臓器を圧迫するようになるのですが、その際に腸を圧迫して便の流れが阻害されることがあり、便秘になることもあるようです。

また、ホルモンバランスの変化によって腸の働きが活発になり、下痢になることもあるようです。

関連記事:いつ産まれるの? 出産予定日をオーバーして苦しんだママの体験談6選

臨月のトラブル3つ

臨月とは
臨月に起こりがちなトラブルを3つ紹介します。

(1)痔は早めの治療を

痔を発症してしまっている方は、できるだけ早めに治療しましょう! そのままにしておくと、お産のときに圧力がかかって悪化したり産後も治りにくくなってしまいます。

痔になる方も多いため、担当医に相談すれば塗り薬を処方してくれことがほとんどです。

(2)感染症にご注意

ホルモンの影響で免疫が落ちているので、感染症には十分に注意しましょう! 特にカンジダ腟炎は、再発することもあるので、清潔にしておくことが大切なようです。

普段から下着はこまめにとりかえるなどの予防策はしっかりと行っておいたほうがよさそうですね。

(3)虫歯

「妊娠したら歯が悪くなった……」という方も多いようです。歯のお手入れが手抜きになることが多いことが原因の一つと言われているようです。

産後は歯医者に通うことが難しくなるので、面倒くさがらずに丁寧に歯を磨くのがおすすめです!

関連記事:臨月もOK? 産前産後に美容院へ行くタイミング

臨月にしてはいけないこと3つ

臨月とは

(1)里帰り

臨月を迎えてから、産院を変えるのは危険を伴います。一度も診察を受けていない状態でお産になってしまう可能性もあるので、里帰りは遅くとも34週までに帰るようにしましょう!

友達に会えなくなるかもしれませんが、そこは我慢です。

(2)夫婦生活

免疫機能の低下により、細菌に感染して破水を招くこともあるので、できるだけ控えましょう。まずは自分の身体を労ってあげてください。寝不足も厳禁ですよ。

(3)塩分の過剰摂取

臨月に入ってから、妊娠高血圧症になる方も多いようです。食欲も増すことからついあれもこれもと食べてしまいがちですが、油断は禁物です。

残りわずかなマタニティーライフもしっかり食生活に気をつけましょう!

関連記事:臨月の過ごし方と便利な陣痛アプリ2つ

【動画あり】出産・入院に向けて準備しておくこと4つ

臨月とは

臨月に入ったら、いつ陣痛がきても慌てないように出産の準備はしましょう!

最低限必要なものは予めカバンにまとめておくと安心です。

陣痛がきたときにパッとカバンをもって出かけることができますし、場合によってはパパに持ってきてもらうこともできます。

(1)必需品の準備

  • 保険証や母子手帳、印鑑
  • 寝間着
  • タオル・バスタオル
  • 洗面用具
  • おむつやおむつカバー、肌着やおくるみなどの赤ちゃんグッズ
  • 腹帯、さらし
  • 秒針付きの時計

など。ほか慣れないことだらけの生活に不安を感じる方も多いですよね。中には、気持ちを落ち着かせるためにちょっとしたアロマを持っていった方もいるようです。

(2)臨月体操

安産のためには、股関節の柔軟性を高めておくことが重要です。動画を参考に臨月体操を行っておくとスムーズに出産に臨めるでしょう。

(3)出産のために体力をつけておく

臨月になるとお腹も大きくなっているので、何かと体を動かすのが億劫になりがちです。しかし、出産の際の体力づくりのため、無理のない範囲で運動することも大切だと言われています。

運動には気分転換の効果もあるため、家に引きこもりがちな人は試してみてはいかがでしょうか。

(4)産まれてくる赤ちゃんとの生活をイメージする

出産を迎える前に心の準備をしておくことも大切です。

とくに初めて出産を迎えるママにとって、赤ちゃんがいる生活は未知の体験となります。

なるべく事前に育児書の内容を熟読したり、赤ちゃんグッズをそろえたりして、いざという時に慌てないようにしておきましょう。

また、育児は必ずしも育児書の通りにはいかないということも知っておく必要があります。

赤ちゃんとの生活を事前にイメージしておくことで、安心して出産に臨めるようにしておきたいですね。

関連記事:プレママ必見! 本陣痛との違いが分かる前駆陣痛の特徴と心構え

ママの出産に向けてパパが準備しておくこと2つ

臨月とは

まずは、いつ出産してもいいように心の準備をしておきましょう!

(1)金銭面の確認

突然の帝王切開が行なわれる可能性もあります。万が一のことを考えてどのくらいお金がかかるのか把握しておくと安心ですね。

(2)ベビーグッズをそろえておく

お腹がどんどん大きくなるこの時期は、極力ママの負担を和らげてあげることも大事。

  • ベビーベッド
  • ベビーバス
  • チャイルドシート
  • 赤ちゃんの衣類
  • おむつ(新生児用)
  • おしりふき
  • 哺乳瓶
  • お風呂用品

など赤ちゃんグッズがきちんとそろっているか確認しておきましょう!

また、出産後に自家用車で妻と赤ちゃんを迎えに行く場合は、チャイルドシートが必須になりますので買い漏れがないよう気をつけましょう。

あとは、何かと不安を抱えるママをしっかりサポートしてあげてください。

会社の人との付き合いも大切ですが、いつ陣痛がきても良いようにママの近くで寄り添ってあがることが大切なようです。

関連記事:先輩ママも突然きた! 妊婦が知りたい「陣痛のきっかけ」3パターン

お産直前の妊婦の心得

臨月とは

・適度な運動をしてお産の体力を確保
・しっかりと体重管理
・お産のイメージトレーニング&予習は念入りに
・入院準備を完璧にすませておく
・週に1回の健診もサボらず行く

関連記事:あれを食べたら陣痛がきた!驚きの陣痛ジンクスとは?

臨月を迎えたママがお産(陣痛)を早める方法

臨月とは

(1)運動

運動は出産を早めるのに効果的な方法だと言われています。

たとえば、一日30分のウォーキング、スクワット、階段の上り下りなど。科学的根拠に乏しいという指摘もありますが、昔から伝えられている方法です。

また、適度な運動は出産を早めるだけでなく、健康や気分転換にも良いので一石二鳥です。

(2)四つん這い

お腹が重くて腰痛があるという人には、四つん這いも効果的と言われています。

雑巾がけやお風呂掃除など、できる範囲の運動をするようにしましょう。家中がきれいになって気持ちよく過ごすことができますよ。

(3)おっぱいマッサージ

運動しなくても出産を早めることができるのが、“おっぱいマッサージ”です。

胸を刺激することで子宮が収縮すると言われており、お産が早まるのだそうです。

また、乳頭をケアしておくことで産後の授乳をスムーズに行えるというメリットもあります。

【おっぱいマッサージの手順】

1.マッサージをする手で乳首をつまみ、もう片方の手で胸を固定します

2.3秒ずつ圧迫を加え、方向や位置を変えながら1分ほどマッサージします

3.ほぐれてきたら、今度は横にもみほぐします

4.縦方向にももみほぐします

関連記事:出産は夫婦いっしょに!妻が臨月を迎えたら夫がすべき4つのこと

出産の兆候5つ

臨月とは

(1)出血がある

臨月の出血は、おしるしの可能性があると言われています。おしるしとは、子宮の出口が開き、赤ちゃんを包んでいる卵膜と子宮壁に隙間ができることで起こる少量の出血。

ピンク色で、血の混じったおりもののような状態であれば、ひとまずお医者さんに連絡し、相談してみましょう。

出血量が多い場合や、お腹がカチカチに固くなっているなどの異常を感じる場合は、すぐに産婦人科に連絡しましょう。

(2)規則的なお腹の張り

赤ちゃんを子宮から押し出すために規則的に起こるお腹の収縮を“陣痛”と言います。

初産の方は約10分おき、経産婦の方は約15分おきにお腹の張りを感じるようなら、病院に連絡を入れましょう。

陣痛の間隔は次第に縮まり、出産を迎えます。

(3)尿とは違う水分が出る

赤ちゃんを包み込んでいた卵膜が破れ、羊水が外に流れ出る状態を“破水”と言います。

量には個人差がありますが、多くの方は子宮口が全開大になった後に破水が起こります。約3割の方が陣痛よりも先に破水が起こると言われているようです。

破水すると、尿のようにアンモニア臭がせず、無色透明の液体が漏れだしてくるので、「尿じゃないかも!?」と感じたら焦らずお医者さんに連絡し指示をもらいましょう!

(4)前期破水

一口に破水といってもさまざまなものがありますが、陣痛の前に破水することを“前期破水”と言います。

具体的には胎児を包む卵膜が破れ、羊水が出てくることを指します。破水がくれば出産が近い証拠ですが、この前期破水の場合は出産につながらないケースも多く、子宮内の最近感染を引き起こすリスクがあると言われています。

(5)陣痛

出産間近になると、子宮が胎児を押し出そうと収縮します。このときに生じる痛みを陣痛といいます。

陣痛は規則的に痛みが襲ってきますが、徐々に間隔が短くなっていきます。痛みの間隔が10分間隔になれば、すぐに病院へ連絡するようにしましょう。

また、経産婦の場合は初産よりも早く分娩がはじめる傾向にあるため、15分間隔ぐらいのタイミングで病院へ連絡しておくようにしましょう。

関連記事:落ち込まないで! 先輩ママが「切迫早産」を乗り越えたエピソード3つ

臨月を迎えたママたちの体験談

臨月とは

(1)前駆陣痛を感じたママの場合

『予定日の一週間前から、夜中から朝方にかけて、軽い痛みを伴う子宮の収縮がありました。陣痛かと思ったけど、朝になるといつも痛みは引いて、結局本格的な陣痛が始まったのは予定日を2日過ぎてからでした』(30歳ママ)

『陣痛がはじまる2週間前から、だんだん規則的な子宮収縮を感じ、それがどんどん強くなって、陣痛につながったという感じでした』(32歳ママ)

陣痛の準備段階の子宮収縮を指す前駆陣痛。強い痛みを伴う人もいれば、それほど痛みを感じない人もいるようです。

はじまった当初は、「これは陣痛?」と心配になる人もいるようですが、前駆陣痛は痛みも強さも不規則。

迷う場合の時は前駆陣痛がほとんどのようですので、時間の間隔、痛みの強さを気にしながら様子をみて下さいね。

ただ、いつそれが本格的な陣痛につながるのかは分かりませんので、前駆陣痛に気づいたらもう、入院用のバッグはいつでも持ち出せるよう玄関に置いておきましょう。

(2)恥骨、足の付け根の痛みを感じたママの場合

『産まれる数日前くらいから恥骨がとにかく痛かった!』(27歳ママ)
『10か月目にはいってから、歩いたり起きあがったりするたびに足の付け根、恥骨が痛くて、毎日、「いたたたた」と、言いながら過ごしてました』(31歳ママ)

恥骨・足の付け根に痛みを感じるのは、赤ちゃんが降りてきている証拠。

恥骨は、お産のために左右の接合部分が少しだけ開いたり閉じたりができ、赤ちゃんが骨盤内に降りてくると、その接合部分に痛みが生じる場合があるようです。

ただ、2人目、3人目の赤ちゃんになると、もっと早くから恥骨、足の付け根が痛むママさんもいるよう。

わたしも3人目の時は、6か月くらいから痛みを感じていましたので、経産婦さんには“お産の兆侯”としては当てはまらないかもしれません。

(3)お腹が緩くなるママの場合

『今まで便秘気味だったのが、急にお通じがよくなり、不思議に思っているとその2日後に破水しました』(25歳ママ)

『陣痛がはじまる前の一週間はずっと下痢気味で、お産はすごくすっきりした状態で臨めました』(36歳ママ)

出産前のお腹の緩みは、ホルモンの働きが関係しているようです。お腹をすっきりさせ、すこしでも赤ちゃんが生まれてきやすくするんですね。出産の時の体の変化は本当に不思議です。

また、「朝からすごく肉が食べたくなって、焼き肉屋さんに行ったその日のうちに陣痛がきた」なんていう話も。

赤ちゃんが下に下りてお腹がスッキリしたせいなのか、お産に備えて、体力をつけるために体がお肉を欲したのかは分かりませんが、“焼き肉を食べると陣痛がくる”というジンクスも、あながち間違いじゃないのかもしれませんね。

(4)その他ママたちの声

『予定日を過ぎても全く陣痛がくる気配がありませんでした。焦らずのんきに辛いキムチ鍋を食べていたら、「ズキズキ……」とした痛み。その後その痛みの間隔が徐々に縮まっていったのでそのまま病院にいき出産しました!』

『外の空気でも吸おうかとベランダにでた夜のこと。ふと見上げるとまんまるなお月様。キレイと思っていると急にお腹が張り始めそのまま陣痛→出産となりました! 不思議な力があるのかもしれません』

関連記事:なかなか他人に相談しづらい?妊娠・出産での痔のリアル体験談と対処法

2人目の臨月ならではの過ごし方

臨月とは

(1)出産入院中に上の子をどうするか決めておく

出産予定日が近づくと出産入院をする必要がありますが、その前に考えておきたいのが入院中に上の子をどうするか。

パパに預けるという人もいれば、実家に預けるという人もいると思います。ただ、ギリギリになってお願いすると相手にも迷惑がかかるため、なるべく早い段階でお願いしておくと安心です。

(2)上の子とたくさんスキンシップをとる

下の子が産まれてしまうと、ママはどうしても下の子につきっきりになってしまいます。上の子と二人っきりで過ごす時間は当分取れないことも考えられます。

そのため、出産までに思う存分上の子とスキンシップやコミュニケーションをとっておくようにしましょう。

関連記事:子育て中のバイブル!目からウロコの育児本3冊

まとめ

「臨月のトラブル&マナー」や「出産兆候」などについてご紹介してきました。

臨月になって赤ちゃんはどんどん大きくなります。赤ちゃんの成長とともにママの体にも変化が……。

歩くのも大変な時期と言われますが、スムーズに出産するためには適度な運動は大切なようです。パパと一緒にちょっとそこまでお散歩するのも良いかもしれません。

いずれも事前の準備とイメージトレーニングをしっかりして、元気な赤ちゃんに出会える日を楽しみに待ちましょう!

●ライター/アンジ(ママライター)
●追記/パピマミ編集部
●モデル/前田彩(桃花ちゃん)いちご姫(いちごショートくん)椎葉咲子(苺乃ちゃん、胡桃ちゃん)倉本麻貴(和くん)神山みき(れんくん)

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。