息子のハサミデビュー!

こんにちは、ユキミです。
2歳になるイヤイヤ期真っ盛りの息子ユキタに日々振り回されている、新米母さんの日常をお送りしています。

息子、最近通い始めた幼児教室にて「ハサミデビュー」しました~!!

私自身2歳半の子にハサミはまだ早いのでは!?と不安だったのですが、これが結構息子はすんなりいけまして、サクサクと切り進めていました。

一方親は、ドッキリドッキリドンドン!ハサミで手指を切ったらどーしよ!(どーする!) と生きた心地がしないデビューでした。

さて、とはいってもなかなか一歩が出ないハサミデビュー(私もでした)。具体的にいつ頃からだったらOKなんだろう?というとこですが。

息子が通っている幼児教室の先生に伺った、ハサミデビューOKのサインは以下です。

・「にぎって」「離して」など、親の指示が通る (これが1番の目安ですね。)

・紙を千切ったりなど、手先を自由に動かすことに慣れてきた。

・ハサミに興味が出てきている。

・お母さんとのお約束事が、少しではあるが守れるようになってきた。

などなどです。

これらの目安がクリアしていて、お母さんも付き合えそうな余裕がある時期(一番大事です)を是非ハサミデビューの日に!

ちなみにおすすめのハサミは以下です。

・グリップが握りやすいしっかりしたもの

・刃はプラスチックのものより、大人と同じ金属の物の方が切りやすい(プラスチックは方向や力加減が少し難しいです)

次にお子さんがハサミを使う際の注意点

・ハサミを持つ手をしっかり持つ

・始めのうちは紙に手を添える役割はお母さんの方が安心

「1、2」「1、2」や「グー、パー」「グー、パー」など、お子さんが握って開いてを繰り返しやすい掛け声をかけてあげてください

そして絶対に…。ハサミを管理するのはお母さん!! で。

ハサミはお母さんの許可がないと借りれない、というルールを作り、使うときは面倒ですが一緒に使ってあげるようにしてください。

次に、お子さんと一緒に作るハサミがメイン!の工作をちょっとですがご紹介いたします。

ひたすら縦に切るので、ハサミを使いたてのお子さんにはとてもいい練習です。器はおままごとのものを使ったりしても楽しいです。

次はのりも登場!

これはのりの塗り方によって色々応用できると思います。

細かく切る過程です。

「折り紙をまずは先ほどの要領で縦に切る」→「今度はその切った紙を横向きに持って縦にハサミを入れる」

先ほどの「縦にジョキジョキ連続がうまくできない〜!」というお子さんは、お母さんが切った細長い紙を小さく切るところから始めてもいいかと思います。

ハサミ工作、ネットでも調べたりするとたくさん出てくるので、結構楽しいです。本屋さんには工作専用のドリルなども売っています。

お外が暑すぎたり、天気の悪い日に、是非親子でハサミ工作挑戦してみてください♪

●ライター/ユキミ

ライター紹介

ユキミ

ユキミ

関東出身、関西在住。2歳の息子と夫と3人暮らし。毎日成長ノンストップな息子に産後から振り回されっぱなしの新米母。平日は絶賛ぼっち育児中です。普段はインスタグラム(yukita_1110)にて息子の成長や日常などを絵日記にしております。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡