子連れでハローワークは大変?

2018.07.20

こんにちは、ライターのゆめちちです!

私は妊娠を機に仕事を退職しました。

妊娠を理由に仕事を辞めた場合、本来1年以内にもらえる失業手当の受給期間を最大4年延長してくれる制度が設けられています。

私は出産後しばらくしてから、失業保険の手続きを行うため、子供を連れて何度もハローワークに通いました。

今回は子連れのハローワークについて書いていこうと思います。

説明会に子連れは大変?

失業手当を受け取るには初めに説明会に行かなければなりません。

これが、2時間ほどと聞いていたので不安でした。

行ってみると意外と子連れの方が多く、ハローワークの方に子供がぐずったりおむつを替えるときはいつでも外に出ていいですよ、とドアに近い席に案内していただき、安心しました!

この時娘はまだ生後4ヶ月でした。
最初は大人しく座ってくれていたのですが…すぐにグズりはじめました。

哺乳瓶にお茶を入れて持ってきていたのでそれを飲ませたり周りに迷惑にならない程度に抱っこしながら揺れたりしてなんとか寝てくれましたが、寝てくれるまでが本当に大変でした。

他の子供たちも、走り回ろうとしたりグズり始めたり、泣き叫ぶ子のお母さんは外にあやしに行ったり…子連れの方は皆さん大変そうでした。

2時間と時間も長いので、説明会は誰かに預けれる人がいる場合は預けていったほうがいいと思います。

求職活動は子供が起きていると難しい?

説明会が無事終わり、次は4週間に最低2回の求職活動と4週間に1回の認定日にもハローワークにも通わなければいけません。

求職活動はパソコンで仕事を検索します。

ベビーカーで連れていき、最初の何分かは自分の座る席の横にベビーカーを置いてパソコン検索していましたが、すぐにぐずるので抱っこしながらパソコン検索をしていました。

キーボードを触りたくて触りたくて、仕方がない娘…(笑)
そんな娘を落ち着かせながらパソコンを使うのはすごく大変でした!

ガチャガチャうるさいので周りにすいませんすいませんと謝りながら何とかパソコンで仕事を検索していました…。

子供が寝る時間に合わせて行く!

1回目の求職活動で子供が起きていると難しいし周りにも迷惑をかけることがよく分かった私は、子供を寝かせてから行こう!!と決めました。

ベビーカーか抱っこひもでウロウロするとすぐに寝てくれる子だったのでハローワークまでバスで行くのをやめて歩いて行き、ハローワークにつくまでに寝かせてから行くようにしました。

そして寝ている間に求職活動を終わらせていました。

途中で起きてしまうこともありましたがうちの娘は寝起きは機嫌のいい子だったので大人しくしてくれたのでとても助かりました。

昔はハローワークに子供を連れて行くと、まだ仕事できないじゃないか!と怒られることもあったそうですが、今は子連れの方も何人かいます!

仕事場によって保育所の場所も変わってくるので先に仕事を決めたいので子連れでハローワークに通う方もいると思います。

マザーズハローワークという子連れの方でも行きやすいハローワークもあるそうなので、そちらに行くのもいいと思います!

●ライター/ゆめちち(イラストライター)



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ