食事で改善! アトピーや肌の乾燥に効く食べ物一覧

アトピー性皮膚炎や肌の乾燥によるは、1度痒みが起きるとなかなか改善しないもの。

ですがステロイドなどの強い薬は、副作用が心配ですし、まずは根本からアレルギー体質に合った食事をすることが大切ですよね。

そこで今回は、薬に頼りたくない方のための、アトピーや肌の乾燥による肌荒れに効く食べ物や控えた方がいい食事をご紹介します。

なるべく病院にかからず…

筆者の子供は、義理の実家への帰省でペットにアレルギーを起こし、そこから頻繁にアトピー湿疹ができるようになりました。

1度酷くなったので受診したものの、何でもかんでも病院や薬に頼ってばかりの治療では、大人になっても薬を手放せないのではと考えました。

そこで、根本からアレルギーに立ち向かえる体作りをさせることにし、まずは食べものや生活習慣から見直すことにしました。

アトピー、肌の乾燥の改善中良い食べ物、控えるべき食べるもの

・添加物を減らす食生活
肌荒れが酷い時は外食はなるべく、減らす。加工品を選ぶ時はなるべく添加物の少ないシンプルな原材料のものを選ぶようにしましょう。

・なるべく地元に近い野菜を買う(農薬対策)
野菜の添加されている農薬もアトピーを引き起こす原因となります。普通のスーパーで無農薬野菜はなかなか置いていませんが、なるべく地元の野菜をえらぴしょう。

・粗食をめざす
パンはなるべく控えお米中心生活に。お米、小松菜やほうれん草のおひたし、味噌汁、お豆腐や納豆、お漬物…といった昔ながらの食事が、日本人の体に合っています。お漬物はぬか漬けが乳酸菌が豊富でおすすめです。

・緑黄色野菜を積極的に
小松菜をしらす、お酒、自然塩と煮て煮びたしにすると食べやすく栄養も良くとれます。

・ほうれん草とかぼちゃがおすすめ
ほうれん草はのりと醤油で磯辺和えにしたり、豆腐で白和えするとオススメ。かぼちゃはベーコンとサラダ油で炒めるとコクが出て美味しく、子供も食べやすくなります。

・肉、牛乳をなるべく控える
お肉、牛乳はアレルギー体質の方にはアレルギーの引き金となりやすいので、なるべく控えることはおすすめします。

・デトックスできる体づくり
規則正しい食生活、質のいい睡眠、適度な運動を、心がけ、便通をスムーズにしましょう。

アロマテラピーをアトピー治療に

筆者の子供は重度のアトピー体質ではないのですが、お肌は弱く、体調が悪かったり、アレルゲンに触れると広範囲にかぶれたり乾燥したり、湿疹ができたりします。

季節の変わり目は乾燥し掻きむしり夜中眠れない程でした。

そんな時薬にあまり頼らないために用いたのはアロマテラピー。肌荒れの部分に、ホホバオイルオイルで5パーセント以下に希釈した精油を塗布し、マッサージしてあげると気持ちよさそうで、夜もよく眠れるようでした。

この香りが痒いの治してくれるからね、と呪文のように唱えながらマッサージするのがコツ。

皮膚の弱い子供たちに効いたアロマテラピー

・ラベンダー、カモミールの塗布
アレルギーの抑制に効くラベンダー、カモミールを、積極的に塗布しました。他にティーツリーも効果的ですが、我が家の子供たちはラベンダーとカモミールが良く効きました。

・夜中かゆがる時の特効薬はペパーミント
ペパーミントや、ハッカのメントールの清涼感で、即効性のあるかゆみ止めが期待出来、夜中のかゆがる時にはとても重宝しました。

まずは薬の前に食生活から

アトピーといえば、特別な皮膚病のような印象がありますが、実は「原因不明の肌荒れ」を総称していいます。

その原因は一概に特定できず、昨日は食事が原因でも今日はハウスダスト等の外部刺激が原因だったり、疲れやストレスが原因だったりするため、まずは体質を整える食事を継続的にしていくことが重要です。

筆者の子供も旅行などで食生活が乱れ、疲れが溜まった時にアトピー症状が出やすいため、アトピー症状が出た時は特に食事に気をつかっています。

お子さんや御自身がアトピーで悩まれている場合、皮膚科への通院と並行し、食事内容もよく見直すようにしてみてください。

●参考URL
アトピー性皮膚炎を食べ物から見ると

●ライター/ましゅまま
●モデル/REIKO

ライター紹介

ましゅまま

ましゅまま

母一人、子一人で大学卒業まで生活し、就職間際に実の父に再会・そして両親結婚。三人暮らしをするが「父親」の存在を認められず数か月後一人暮らしを始める。アパレル販売員として2年働き、その後同じ職場の現・夫と結婚、娘を出産。娘と父親の関係性について日々考える。夫は転勤族のため出産後も引っ越しを年1回のペースで2回経験。次はどこの街へ飛んでいくのか……。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡