【体験談あり】ママのほとんどが頭を抱える?赤ちゃんが夜泣きをする原因と対策

愛する子供の出産後、夜泣きに悩まされたことがないパパママは少ないはず。

わかってはいるけれど、ちょっと大変。今回はそんなパパママに、夜泣きの原因と対策について紹介していきます。

夜泣きとは

夜泣きとは、夜中に理由はなく泣いている状態のことを言います。

ママにありがちなのは「どうしたの」と理由の特定に急ぐことですが、日中泣いている場合とは違い、突然泣き出して、突然おさまることもあるようです。

ただこの夜泣きは、なぜ夜泣きするのかについて、はっきりとした理由は見つかっていないのです。

夜泣きの時期

夜泣きの時期は基本的には、生後6ヶ月頃〜生後1年6ヶ月に起きやすいと言われています。

ただし、生後すぐに泣き出す場合や生後2年を経っても夜泣きをする赤ちゃんがいるなど個人差があるようです。

年齢別 夜泣きの原因

明確に決まってはいませんが、夜泣きは生活リズムの乱れと環境の不安定が原因であることがわかってきています。そこで夜泣きが起こる原因を年齢別で見ていきましょう。

1〜2ヶ月の夜泣き

生後1〜2ヶ月の赤ちゃんは1日の中でも寝ている時間が多く、入眠と昼寝の境目が無くなっています。そのため赤ちゃん自身も起きている時間の設定ができず、夜に泣き出すことがあるのです。

これは夜泣きではありません。赤ちゃんが求めているものを察し、オムツ替えやミルク、着替えをすることで解決できるかもしれません。

夜泣きの赤ちゃんと、ちょっと疲れたママにオススメなのが『ベルタルイボスティ』。

スッキリ甘くて飲みやすい、オーガニック認証取得のルイボスティです。ワンコインで夜泣き対策始めてみませんか?

ママにとっては一番辛い時期とも言われていますが、泣いている時間は確実に終わります。

特に最初の1〜2ヶ月は激しく泣くこともあるため、泣き終わるタイミングが来ることを知っておくだけでもママは救われるかもしれませんね。

夜泣き対策に『ベルタルイボスティ』

3〜6ヶ月の夜泣き

生後3〜6ヶ月になると、まとまって授乳ができるようになるため、空腹によって泣き出すことが少なくなります。

そしてこの頃から少しずつ「夜泣き」が起こり始めます。夜泣きは、「不安な気持ち」が原因であることが多いと言われています。

早い赤ちゃんで3ヶ月ごろには、脳の発達に伴って寝ている間に情報・記憶の整理が行われます。

日中に強い刺激を受けると、眠っている時に記憶が整理され、泣き出してしまいます。

また4ヶ月ごろには自我が芽生え始めます。

自我の芽生えによって、起きた時にパパやママが近くにいないと、不安になって泣き出してしまうことが考えられます。

7〜9ヶ月の夜泣き

生後7〜9ヶ月になると、睡眠のサイクルはある程度整い、不快感が夜泣きに影響して来るようになります。

脳の発達も著しく、情報の整理などによって夜泣きをする場合もありますが、「歯ぐずり」や環境への不快感などが原因となる場合もあります。

歯ぐずりとは、意外と知られていませんが、赤ちゃんの歯が生え始める時期に、そのかゆみや痛みによって泣き始めることを言います。

また不快感によって夜泣きをする場合があります。毛布や身の回りの環境が頻繁に変わると、落ち着いて寝られなくなるのもこの時期です。

1歳前後の夜泣き

1歳前後はまだ夜泣きが続き時期です。このころの特徴は、レム睡眠の時間が長いことと、夜泣きの中に寝言泣きが少しずつ混じってくることです。

1歳の時点では、まだまだ大人に比べてレム睡眠(浅い眠りの時間)の時間が長いと言われ、浅い眠りが続くため、ちょっとのことで夜泣きをしてしまいます。

また「寝言泣き」という泣きそうになりながら、フニャフニャと話す様子が見られるようになります。

泣きそう、と思って抱き上げてしまいがちですが、これは夜泣きではありません。泣きそうになっているからと声をかけてしまうと、起こされることが習慣になってしまいます。しばらく放っておくようにしましょう。

1時間以内に泣くことが増えれば寝言泣きと考えて良いかもしれません。

2歳以降の夜泣き

2歳で夜泣きをする赤ちゃんもいます。

2歳になると記憶だけではなく、行動に感情が結びつくようになります。これまではパパとママの見える範囲での行動だけでしたが、どこで何を見つけて、どう思っているのかが多様になっていく時期です。

たくさん興奮する経験をした日ほどたくさん夜泣きをするとよく言われているので、その日くらいは「仕方ないか」と少し余裕を持って見てあげてくださいね。

夜泣きの対策

夜泣きの原因がわかったところで、誰でもできる夜泣きの対策について見ていきましょう。大きく分けてやるべきことは2つです。

生活リズムを整える

赤ちゃんの夜泣きを防ぐには、生活リズムを一定にすることは不可欠です。具体的に一日の流れは、

  • 朝7:00には起きて、しっかりと朝日を浴びる
  • 生後半年までは2時間に1回以上のお昼寝をさせる
  • 生後半年以降はお昼にたくさん遊ばせて体力を使う
  • あえてお昼に5分だけでも泣かせるようにしてみる
  • お昼に刺激を与えて、興奮させすぎない
  • お風呂は遅くても19:00までに、3分ほどベビーバスに入れて体を温める
  • 入眠は20:00までに、寝る30分前には消灯して赤ちゃんとスキンシップをとる

など1つずつでも意識していくと良いかもしれませんね。

安心する方法を見つける

赤ちゃんが眠りにつく環境を整えてあげることは重要です。その際にスポーツ選手もよくあるルーティーンを作るようにしましょう。

よくあるのが、ママの匂いがするものを側に置いてあげたり、ぬいぐるみなどを側に置くことです。

そのほかにも子守唄になる音楽を聞かせたり、オルゴールなど一定のリズムで音がなるものを用意することも効果的です。

また眠りにつく前には、水やノンカフェインのお茶を飲ませるようにしましょう。赤ちゃんの不快感を無くす夜泣き対策として効果が期待できます。

夜泣き対策にオススメ「ベルタルイボスティ」

販売価格:初回500円(定期)
内容量:30袋(1ヶ月分)

★ベルタルイボスティの特徴★

赤ちゃんも飲めるノンカフェインのルイボスティー

赤ちゃんの夜泣きに悩まされるママはたくさんいます。

ベルタルイボスティーは味や成分に徹底的にこだわったお茶。

夜泣きの赤ちゃんはもちろん、ホッとしたいひと時に可愛いパッケージのルイボスティーを開けてみてはいかがでしょうか。

ノンカフェイン&ノンカロリーはもちろん、ベルタルイボスティーにしかない要素がたくさん。

ママの悩みである「夜泣き」にぴったりのお茶はこちらから見ることができます。

夜泣き対策に『ベルタルイボスティ』

【ママ向け】赤ちゃんが泣く意味を理解する

日本では頻繁に「夜泣きが酷くて・・・」と言われることがありますが、実は海外では夜泣きという言葉はほとんど存在しません。それは子供は泣くものだ、という考えが染み付いているためです。

どのような理由であれば泣くことしかできない赤ちゃんが泣かなくなる方が怖いことですし、泣いてあやすのも自然と減っていくことです。

ママにとってはフラストレーションになりやすいですが、赤ちゃんが泣くのは健康の証だと思って今はじっと我慢して見ましょう。こころもち次第でママの気持ちに少しは余裕が芽生えるかもしれませんね。

●文/パピマミ編集部

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡